So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

メタモルフォーゼス クォーツとオウロヴェルデクォーツ [クリスタルヒーリングⅠ]

IMG_20180525_105640.jpg
長年手元にありながらもその効果がよくわからないクリスタルがあります。
私にとってメタモルフォーゼスクォーツはそういう石のひとつでした。
メタモルフォーゼスローズクォーツは、すぐに普通のローズクォーツとの違いがわかりましたが、
メタモルフォーゼスクォーツは、微妙で何かの力は感じるのだけれど、
どういう力なのかがよくわからない石でした。
路子に言わせると、
「ヒーリングにおける最高善を引き出すことをサポートする」らしく、
私の印象ではこれゆえに単体で働く石ではなく、
他の石のヒーリングをサポートしてくれる、そういう働き方をするように感じています。

この石の厄介なところは、外見的には普通の白水晶と見分けが付かないところです。
外見的特徴はなくとも、成分に違いがあり、
この為にガンマ線を照射するとグリーンイエローや黒に変色します。
この石の命名はクリスタルヒーラーとしても有名なメロディさんで、
ブラジル、ディアマンティーナでのみ産出。
それも結晶形は示さずに塊状であるという。

メタモルフォーゼスクォーツにガンマ線を照射し約300度ほどの高温にすることで
黒色に変色、そこからさらにゴールドグリーンのオウロヴェルデクォーツに
ごく僅かな石が変化するという。
オウロヴェルデクォーツは、人生を成功へ導く、運命を変えると、
メタモルフォーゼスクォーツと同じ効果がさらに強いと謳われています。

市場に出回るオウロヴェルデクォーツは、ほとんど人工的につくられたものです。
ガンマ線は自然にも存在しています。
冬期の日本海沿岸地域において雷雲から
10 MeV(1×10−9 mSv)のガンマ線を理化学研究所が40秒間観測しています。
この意味では雷水晶なども微量のガンマ線を帯びているのかもしれません。
※雷雲からのガンマ線量は1回の胸部X線で浴びる放射線量の2億分の1程度
そういういうことを考えると、自然発生したオウロヴェルデクォーツの存在は否定できませんが、
あったとしてもとんでもない高値がつけられることでしょう。

私はミネラルショーなどを歩いていて、
掘り出し物のクリスタルを見つけることは良くありますが、
これは基礎的な知識と経験的なもの、さらには石のエネルギーの感知という裏付けに
よって見つけられるのです。
安いからと飛びついて騙されないよう、
信頼できるところから入手されるようお勧めします。

ちなみに私が入手したのは、産地証明のある鉱物屋さんとメロディさんのお弟子さんからです。
後者はメロディさんのサイン入り証明書付きです。

nice!(15)  コメント(2) 

ファイヤーアゲート [クリスタルヒーリングⅠ]

IMG_20180517_165223.jpg
私が初めてこの石について知ったのは、
クリスタルのオラクルカードで出てきた時でした。
そのカードはそれぞれの石を写真ではなくイラストにしているので、
私はますます頭を悩ませました。
とても姿がわかりにくい石なのです。

今ではきちんとこの石を認識していますので、
あのカードのイラストがおかしかったということではなく、
複雑な外見の石であることを理解しています。
この石を知った現在でも写真のような原石ならともかく、
カットしたり研磨されたりしたら見分けがつかないかもしれないと感じます。
ほかのアゲート(瑪瑙)のように平板にカットされたり、丸に磨かれたら、
この石の特長である模様が見えなくなる可能性が高いでしょう。
それだけに市場にはアゲートの色の近い物をファイヤーアゲートと称して売っている
業者もいるようです。

ファイヤーアゲートもアゲートもどちらも瑪瑙なのだからいいじゃないかと、
そういう業者は考えて儲けに走るのかもしれませんが、
持っているエネルギーは全然違います。
晶洞になったアゲートは昔から願望成就の石として知られています。
しかし、ファイヤーアゲートは、ネガティブなエネルギーの除去に優れ、
私は生き霊に悩まされていた時、この石とグリーンファントムクォーツと
アクアマリンでブレスレットを作成して
問題に対処しました。
生き霊は著しくこちらの気力体力を消耗させるので、
根本対処に向き合う力がなかなか取り戻せなかったのです。
とりあえず近づけさせないくらいには、あのブレスレットは働いてくれました。


鉱物的には近いのだから、同じ種類だからと、
正確さを欠いた販売がなされることがあります。
彼等は石の物質的なことには詳しくても、エネルギー的なことには素人なのです。
お金を儲けることに貪欲なのがその証拠でもあります。
また、きれいな見た目のものに惹かれる人が多いので、染色や含浸処理を
施している石も沢山販売されていますが、
これらには石として人を癒す力はなくなっていると言ってもいいでしょう。

折角石に興味を持たれたのなら、
基礎的なことを学び、信頼できる業者から買うという
努力も必要であると知っていてくださいませ。

nice!(18)  コメント(2) 

曜日毎の光線 [アセンション]

IMG_20180510_094529.jpg
故オレリアさんが書き残したレムリアに関する本の一冊が写真の
「The Seven Sacred Fiames」です。

私達がアセンションするために身につけるべき基本の聖なる7つの炎(光線)について
書かれた本です。
著者が亡くなっているのでは版権がどうなっているのか
私ではよくわかりませんが、これの日本語版が欲しいところです。

聖なる7つの炎(光線)は、私達のチャクラとも関係しています。
簡単に言ってしまえば7つのチャクラを活性化させることが
アセンションの準備段階なのです。

聖なる7つの炎(光線)は、それぞれ曜日ごとに活発になる炎が決まっています。
月曜 神の第一光線 ピーコックブルー
火曜 神の第三光線 ピンク
水曜 神の第五光線 エメラルドグリーン
木曜 神の第六光線 パープル&ゴールド
金曜 神の第四光線 ホワイト
土曜 神の第七光線 ヴァイオレット
日曜 神の第二光線 イエロー                   という具合です。


私は自分自身のチャクラの状態に気づき、
オーラソーマ的に色の光線でもって
自己のバランスを取ることを日常的に続けてきましたので、
どの光線が必要であったり、どの光線があまり補充が必要でなかったりということに、
すぐ気がつきました。
そうして自分のモナドの光が第一光線であることを理解したのです。
モナド体はコーザル体より上、
魂の次元であり、この光線の色は何度生まれ変わろうとも変わりません。
けれども、学ぶべき光はほかにも沢山あり、
1回の人生で学ぶべき光はモナドがもつ色とは関係ありません。

この自分のモナドの色は、どうやら自分の生まれ曜日と関係しているようです。
例えば私はブルー系であるわけですが、
ブルーは神の第一光線の色であり(それぞれの光線には色幅が広く含まれます)
月曜日に活発になる光線ですが、確かに私は月曜生まれなのです。
※ご自分の生まれ曜日を調べたい方は計算できるサイトこちらにあります。→https://keisan.casio.jp/exec/system/1177638326


ハイアーセルフやマスター達に訊ねてみると、これは偶然ではないというので、
多くの方がご自分を理解する情報の1つになるかもしれません。
ただ、現代は私が生まれた頃のように、自然な出産をしていないケースもあり、
出産を促進剤とか使って生まれ日までコントロールしてしまっている場合も
これが当てはまるかどうかは疑問が残ります。




nice!(14)  コメント(2) 

魔女狩り-取り替え子ー生き残りをかけたショック [前世]

IMG_20180503_124509.jpg
2月に配信された虹いろコラム「ボトルが教えてくれた」https://ameblo.jp/asiactjapan/entry-12350371112.html
こちらで書いていたことですが、B115を使った感想を今回書きますね。
写真の通りに、やっと終わりが見えてきました。
というのも、私の春先は用事が多くて、好転反応出して倒れている暇がないから、
使えない(塗れない)日も多かったので、かなりローペースな1本になっています。
とはいえ、この前のB114大天使ラグエルほどではありません。
あちらは、塗っても身体がはじくせいで1回に消費する量が少なくて、
半年以上かかりましたから・・・。
B115は、塗れば身体に入っていく普通の反応でした。
色からいって好転反応ありそうだと思っていましたが、
倒れるような種類の出方はしていません。
けれども、地味に大きな反応を起こしてくれました。

B115の使用は、家族へのサイキックな情報をもたらしてくれました。
レッドはベースチャクラ、集団・家族とのアイデンティティと関わるチャクラの色です。
オレンジはセカンドチャクラ、人との関係性と関わるチャクラの色です。
なので、家族に対するものが出てきたことには驚かないのですが、
これが私の家族のことではあるけれど、私のことではないというものであることには、
驚きました。

私の両親の前世に私は魔女狩りそれも取り替え子の前世があることを
ずいぶん前に私は読み取っています。
取り替え子というのは、不義密通など両親があきらかに揃っていない状態での妊娠や
産まれてきた子供が障害を持っていた時に、
その子供は「妖精に取り替えられた子であり、自分の子供に在らず」と主張し、
親が自ら子供を殺さねば、魔女狩りの対象になってしまうという宗教的因習です。
この前世があるから今度こそ障害のある子を自ら育てる誓いをもって生まれてきたのが、
私の両親です。
ただし、この過去世で殺された子供は私ではありません。
私はかれこれ二千年近くこの国でのみ転生を続けていますので、
魔女狩りは経験していないのです。
この魔女裁判で魔女ではない証明のために殺された子供の魂の転生した相手が誰であるかが、
今回わかったのです。
それで、現在身近にいるその人の私への無意識からの怒りを理解できました。
自分の時は殺されたのに、私はそのまま育てられていることへの嫉妬です。

その人は、昔から私への自分の言行動を理解していない様子でした。
理性的な行動と本能的な行動に二面性が強くて、
私は振り回されっぱなしだったのですが、
魂レベルでの感情なので本人も意識的ではなかったからなのですね。

自分ではない人の癒しは、どんなに望ましいものであっても
勝手に完了は出来ません。
なので、本人のハイアーセルフと天使にヒーリングを委ねました。
受け取れるだけでいいということでお願いしたのですが、
このヒーリングの後から、私の右足に変化が出ました。
私は腰椎から仙骨が体内でばらけている人なので、
姿勢よく歩くのは難しく、左前重心の腰が後に引けた感じで歩くのですが、
これまでの姿勢で歩くと右足をやや引きずる感じになってしまうのです。
しかし、歩く速度を少し落としながらも腰を前に押し出す姿勢にすれば、
右足は引きずらないで歩けます。

姿勢としてはこのほうがもちろんよいのですが、
肉体の筋肉はそんなにすぐには変化についてこないので、
以前の姿勢に戻ろうとします。
おかげでこの数日とても不格好に歩く私になってます。
好転反応としては地味ですけれども確実に身体に変化を起こすものとなったようです。


私の場合、B115はオレンジとレッドという色のもつメッセージの通りに、
サバイバルとショックに関連した家族のトラウマを癒すことに繋がったのです。

nice!(19)  コメント(2)