So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブッディ体の病み [治病]

IMG_20181116_125645.jpg
ヒーリングを必要とする場所が、高次元になり、
資料が少なくて困ります。

いや本当にこんな次元で病むことがあるのかと驚く話なのですが、
ある人のブログに書かれた説明を読み、
妙に納得できました。
それは、エネルギー身体各層について簡単に説明されたものなのですが、
ブッディ体は「「ワンネス」とか「集合意識」とかの領域が関わってきます 宇宙の昔の記憶「一万年以上前」とかの情報も保管されている様です。
とこの人は書いています。
これを読んだ私は腑に落ちたわけです。

私には子供の頃から「私達は、大河の一滴である」と表現されたりする感覚がないのです。
その代わりに絶対的な孤独がついて回る。
百人の人の中にいても千人の人の中にいても、
大多数の人の意識と同調することがない自分を知っているのです。
別にこれが悪いことであるとも思っていないし、
自分と違うほかの人のことも尊重しているので、
別にいいかという感じで生きてきました。
命に貴賤はないことも理解していますし、
この意味では、万物の平等と尊さをも理解しています。
この感覚は、むしろアートマ体次元の開きによるものと同じブログでは、
説明されています。
石と本気で対話している私の感覚や能力は、この次元によると考えられます。

つまり、私が病んでいるのは、ブッディ体となるわけです。


ブッディ体はコーザル体にある情報をもとに実現させる力を持っています。
私の場合はこの実現させるものが、ネガティブ情報に偏っていた
そんな感触がしています。

前世の私を幾つも俯瞰すれば、
自分が常に聖人君子だったとは言わないけれども、
権力の中枢近くに生まれ続けた割には、
私欲で動かなかった人間であったとも思います。
ただ、権力をもつ立場にいるということは、無用な怨みも買いやすかった。
前世で呪われたというのは、大体こういう理由です。



集合意識を大切にしていた時代を終えて、
個性化のアクエリアスの時代への改革のエネルギーの現れなら、
私が病むことも必要なことであったのかもしれません。
nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

nice! 13

コメント 4

ikuko

病気になったことで気づくこともありますもんね・・・
でも辛い思いをしないほうがいいのにって思うこともあって、
難しいなぁーって思ってしまうのです・・・
by ikuko (2018-12-07 12:12) 

A・ラファエル

ikukoさん

辛い思いを知っている人は、
そこから抜け出せた時は、
他者に優しく、辛い人に寄り添うことが出来るようになります。
他者への理解と愛が深まるわけです。
それはどうでしょう?
大事なのは先ずそこではないでしょうか。
辛い思いをすることと受け取り上手になることは、
両立が可能な別のことです。
by A・ラファエル (2018-12-07 13:01) 

いっぷく

コメントありがとうございます。
漢字が読めないというエピソードは、水谷豊演じるアキラが、「高山波太郎」を「やま・たろう」だけ読めたというシーンを指していると思いますので、別に在日だから読めないということではなく、極端な落ちこぼれということではないかと思います。ネットで言う「在日」というのは、在日韓国・朝鮮人のことだと思いますが、その頃は在日の人は二世か三世で大半が日本の義務教育で学んでますから、漢字が読めない=在日という決めつけ自体おかしいですし。
by いっぷく (2018-12-11 02:07) 

A・ラファエル

いっぷくさん

解説コメントありがとうございます。
実際に在日の人が姉の友人で遊びに来ていましたし、
同じ中学の生徒でしたから日本語が読めないということはないというのは、
わかります。
当時のことを思い出しても、周りは変な偏見をもってささやいてくる人がいたのが思い出されます。
by A・ラファエル (2018-12-11 10:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。