So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

☆☆お知らせ☆☆

「舞い降りた大天使画とボトルの饗宴」
嬉しいことに私のイラストの個展開催していただけることになりました。

期間 2016年7月14日から7月20日
場所 日比谷シャンテ 地下1階 i-making

予約不要で大天使達に会える!?
前の20件 | -

パワーのないパワーストーン [クリスタルヒーリングⅡ]

20181211184351.jpg
路子が他界してから実質休止状態のクリスタルキングダムの活動ですが、
私は諦めてはおらず、タイミングを見ています。
今は、送られてきたクリスタルは、私の元で多くは御休中になっています。
この送られてきたクリスタルのなかに奇妙に思えるものがいくつか混じっています。
なかには一目で偽物と見分けがつくものもあるのですが、
それらは見て、触れてもわかりにくいものたちでした。
上の写真を見ても、偽物翡翠のブレス以外は、
判りにくいかと思います。
けれども、どこがおかしいかと言いますと、
殆どパワーがないのです。

稀に、元の持ち主が石のパワーを絞りきってしまって石のパワーがすかすかな状態に
なっているものも送られてきます。
ところが、これらはそういうのとも違うのです。

パワーが殆どないということと外見だけは美品であるというのが、
共通のものたちでした。
何年も私にとっては謎でした。
これに明確な答えをくれたのが、近年私が注目していたロックガールです。
ビデオのなかでロックガールが語るパワーストーンについての内容には、
驚き、怒りがわいてくるほどです。
ですので日本のこの市場のとんでもない実態を皆様にも知っていただきたく、
こちらのブログでのリンクを願い出ました。
有り難いことに許可をいただけましたので下にリンク先をアップします。
本編は登録した人のみが見られるビデオ講座になっています。

プロモーション部分でもインパクトのある内容です。

私はこれまでも何度かロックガールの無料のビデオ講座を拝聴させていただきました。
過去にも強引な勧誘などはありません。ですから、安心して登録、ご覧ください。
1人でも多くの人に知っていただいて騙されることのないように、
地球とクリスタルを愛するものとして心より願っております。

リンク先→ http://www.psrvideo.com/lp-psm/lp01/


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ブッディ体の病み [治病]

IMG_20181116_125645.jpg
ヒーリングを必要とする場所が、高次元になり、
資料が少なくて困ります。

いや本当にこんな次元で病むことがあるのかと驚く話なのですが、
ある人のブログに書かれた説明を読み、
妙に納得できました。
それは、エネルギー身体各層について簡単に説明されたものなのですが、
ブッディ体は「「ワンネス」とか「集合意識」とかの領域が関わってきます 宇宙の昔の記憶「一万年以上前」とかの情報も保管されている様です。
とこの人は書いています。
これを読んだ私は腑に落ちたわけです。

私には子供の頃から「私達は、大河の一滴である」と表現されたりする感覚がないのです。
その代わりに絶対的な孤独がついて回る。
百人の人の中にいても千人の人の中にいても、
大多数の人の意識と同調することがない自分を知っているのです。
別にこれが悪いことであるとも思っていないし、
自分と違うほかの人のことも尊重しているので、
別にいいかという感じで生きてきました。
命に貴賤はないことも理解していますし、
この意味では、万物の平等と尊さをも理解しています。
この感覚は、むしろアートマ体次元の開きによるものと同じブログでは、
説明されています。
石と本気で対話している私の感覚や能力は、この次元によると考えられます。

つまり、私が病んでいるのは、ブッディ体となるわけです。


ブッディ体はコーザル体にある情報をもとに実現させる力を持っています。
私の場合はこの実現させるものが、ネガティブ情報に偏っていた
そんな感触がしています。

前世の私を幾つも俯瞰すれば、
自分が常に聖人君子だったとは言わないけれども、
権力の中枢近くに生まれ続けた割には、
私欲で動かなかった人間であったとも思います。
ただ、権力をもつ立場にいるということは、無用な怨みも買いやすかった。
前世で呪われたというのは、大体こういう理由です。



集合意識を大切にしていた時代を終えて、
個性化のアクエリアスの時代への改革のエネルギーの現れなら、
私が病むことも必要なことであったのかもしれません。
nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

虹いろバトン「お風呂タイムにオーラソーマを♪」 [オーラソーマ]

CIMG2236.JPG
先日買い物の帰りに見上げたら鳥の群れがびっしりと電線に止まっていました。
渡りの途中だったのかもしれません。
大分寒くなってきましたね。皆様風邪など召されてはおりませんでしょうか。
私は大丈夫です。
年中何処かしら具合は悪かったりしていても、
病気らしい病気はしないのが私です。
最近、幼なじみが医療氣功なるものの資格を取り、彼女の勉強のためにと、
それを受けました。
その幼なじみ曰く、私の不調の原因は、
「殆ど霊障だね・・・。病気じゃない。」

笑っちゃいますよね。しかもその霊障の多くは自分の前世絡みだとわかるという私も
普通の患者にはなれない人です。

ハイアーセルフから「魂の浄化を」と言われるはずです。


さて、今週からアメーバの虹いろバトンは新しいテーマで展開します。
私達プラクティショナーが学んだカラーの力を
日常にどう活かしているのかというお話をさせていただきます。
今回は私がトップでお話しさせていただく運びになりました。
よろしかったらあちらも覗いてみてくださいませ。
https://ameblo.jp/asiactjapan/entry-12421936459.html


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

複雑な家庭 [ヒーリング]

CIMG2204.JPG
私の所へは育った家の人間関係が微妙というか、
お父さんが働いてお母さんが専業主婦で・・・とはいかなかったお家の方が
沢山みえます。
これはやはり私のスペースというものなのでしょう。
私は自分はそれほど複雑な家であったとは思っていませんでした。
ただ、姉が生まれた頃とは違い、祖母も同居していた時期に
私は生まれています。
その祖母とは母が折り合いが悪くて別居したと聞いて育ちました。
私が小学校に上がる前にその祖母も他界して、
私は「お爺ちゃん・お婆ちゃん」というのを思い出として何一つ持たずに育ちました。
唯一の記憶が、母の親族が「ばばちゃん」と呼んでいた
母の祖母との会話だけです。
大雪の中を列車に乗り浪江町に会いにいったこの人は、
病床の中からも私に優しい笑顔で声をかけてくれました。

両親共に高卒の我が家は、裕福にとはなかなかいきませんでした。
太陽の塔の工事を請負現場監督まで務めたらしい父ですが、
その後会社での出火の責任を取り辞職、転職の続く生活の始まりでした。
母は身体の弱い家庭的な人でしたが、仕事に出ることになり、
地元にあるゴルフクラブのキャディになりました。
カートなどない時代ですので完全体力勝負の仕事で、
今考えてもかなりの高給取りになりました。
こうしたことが影響して私は理想的な父親像というものを
心理的に構築できなかったのです。
オーラソーマには父母の役割モデルが逆転していた場合を癒すボトルがありますが、
私の場合は逆転では済まなかったわけです。
母がひとりで両方の役割を果たしていたからでした。

こんな生活には何処かに無理があったのでしょう。
母は私が成人する前に他界しました。

残された父と私は10年一緒に暮らして向き合い、
姉の嫁ぎ先を手伝う名目で逃げ出しました。
ひとりで生活させることも10年を迎える頃には、父の甘え癖も改善され、
お金の無心を口にしなくなりました。
最近では私が時々小遣いを貰うほどです。


唯一会っているはずの祖母、一緒に暮らしていたはずなのに記憶力の良いはずの私が、
何も覚えていないという。
当たり前と思うなかれ。
私の一番古い記憶は離乳食を食べさせられているものなのです。
つまり、この頃そばにいたはずなのです。
でも、だからといってすべてを詳細に覚えているはずもなく、
記憶の不整合は、そんなものかもと流していました。
これに異を唱えたのは今は亡き路子でした。
私達は己のエネルギーをクリアーにするために、家族のことを
お互いに話してヒーリングポイントを探り合っていました。
「なんか変!」そう言って祖母の霊視を始めた彼女から次に出てきた言葉は、
私を驚かせました。
「とんでもねぇ婆ぁだ!」
普段の彼女の口調からは想像できないほどの言葉でした。
「この人あなたを使って小遣い稼ぎしていた。
しかもそれ、両親にも内緒でやっている。」

小さい頃の私がとても霊感の強い子供だったのは知っていましたが、
私は記憶とともに能力封じをしてしまったので、そこまでとは思っていませんでした。
彼女曰く祖母の悪行はこれだけではないらしい。
どうも父のお金に関する依存癖はこの祖母からくる性質だったようです。


父は自分の母と妻と娘の間に起こった問題に対して、母親の方を切り捨てた人でした。
これは私が育った昭和40年代にはあまりない、
世間体もよろしくないことだったのではないかと思うのですが、
親よりも自分の家族として妻と娘達を選んだ人なのです。
このことは今だからこそ理解できる「父の保護」というものです。
人生50年ほどを費やしてやっと掴む、
父の役割という父親のエネルギーモデルです。


さして複雑ではないと思っていた私でもこの複雑さです。
育った家庭環境の複雑さに傷ついたクライアントが癒しを求めてこられるのも頷けます。
このような時は、オーラソーマのボトルも、
フラワーエッセンスもよい助けになるでしょう。
私はこのほかに手紙によるワークやイメージワーク等もお勧めしております。
親との間のエネルギーがクリアーになると人生はとても生きやすくなるものです。
それは、親子の関係性のエネルギーは全ての人間関係に影響しているものだからです。
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

開運、癒しと浄化 [アセンション]

CIMG2220.JPG
昨日渋谷へ午後にでかけて1dayに参加して無事、某web講座終了しました。
この講座自体はなるほど無料の開催も頷けるスピリチュアルの入門編といった内容です。
正直、私は何故今更私がこれを受けているのだろうと、
首を傾げることもしばしば・・・。
でも、始まってすぐにハイアーセルフからこの最終日の1dayに参加することを
言われていたから、最後まで真面目に拝聴させていただきました。
そして、この後に続く有料の講座は、現在の私には絶対参加できないもの。
百万を越える金額の講座ですから。

ただ、私はこれを高いとは思いません。
今の私にはこの金額の支払い能力がないだけです。
例えば、百万払って本当に人生が何もかも好転するようになったら、
あなたはこの金額を高いとそれでも言うのでしょうか。
ここにあるのはそういう問題でしかありません。


現状、次には参加することはない講座なのにここまでの参加を
何故ハイアーセルフが勧めたのか。
結果から言うと、ハイアーセルフのアドヴァイスにはやはり無駄はなかったのです。
その有料の講座で何をするかについての説明の中に、
私にとって最も必要な気づきがあったのです。

それは「魂の浄化」でした。


少し前にあまりの痛みのなかで思わず天使に
「魂の癒し」を依頼した途端嘘のように痛みが消えたことを書きました。
その後、同じような痛みは出なくなりましたが、
毎夜、パートナーの魂が帰ってくる、又は朝目覚めると、
ブッディ体やアートマ体あたりにささくれたような痛みが出ているのは、
ずっと続いていました。
何度癒してもらっても出てくるこの痛みの理由が私にはずっと理解できなかった。
私は痛みとしてこれを感じるから、ここに必要なのは癒しだと思い込んでいたのです。
けれど、今回の講座に参加してしてみると、
講師のAさんはとにかく浄化が必要と話しています。
彼女の話はスピの入口らしく、浄化と癒しに厳密な区別をつけられていないものでした。
長年スピでプロとしてやってきた私にはここには区別があります。

浄化のなかには癒しも含まれますが、
癒しには浄化は含まれません。

このことは光の色で説明すると解り易いでしょう。

浄化を意味するのはすべての光を反射する白色光です。
白色光をプリズムを使って分解すれば
ここには緑の光も紫の光もあります。
けれども、癒しを意味するのは、5次元では緑、オーラソーマでは紫と解釈に
違いはあっても、どちらの色の光もそのなかに白を内包することはないのです。


今の私の魂に必要なのは、癒しではなく浄化だったのです。

1dayへの参加費3千円は、このアドヴァイスを貰うためだったとしたら、
安いものでした。


そして、長年私が不思議に思っていた人間の開運ポイントについて・・・。
これは私が同業者達からよく言われることなのですが、
「何でまだそうなの?!」
と、彼女達は私の変わらない不幸な部分を指してこう言います。
判断基準をどこに置くかで幸か不幸かは変わるところでしょうが、
私が何時までも独り身で生活保護を受けてという現状は一般的に幸福には見えない。
けれども、私という人間は判る人には判る運気の強い人間です。
しかもオーラソーマのプロとして19年続けてこれた人。
もっと人生が好転していてもおかしくないと、みんなは思うわけです。
その私の変わりの無さと関係しているのは、どう考えてもこれまでではなしえなかった
「魂の浄化」これが究極の開運ポイントなのです。

もちろんその手前までの感情や精神レベル、カルマの浄化も大切です。
これらが浄化するだけで、運気の好転は始まるでしょう。
けれど、魂まで浄化しないと、それは長続きしない不安定なものでしかないのです。

気づけたのなら早速始めたいと思います。
タグ:微妙な違い
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ブッティ体とコーザル体 [治病]

CIMG2218.JPG
以前のようにのたうち回るような痛みは出なくなりましたけれど、
すっきりはしない状態が続いています。
けれど、色々アプローチをしているうちにわかってきたことはあります。

ブッディ体とコーザル体のことです。
この二つは日本語でいうところの霊体にあたり、
コーザル体は原因体とも元因体とも呼ばれ、
文字通りにここにあるものが原因となって現象化する場所です。
ですからコーザル体を癒せば癌くらいは治ると私が感じたのも間違いではないようです。
このコーザル体と密接なのがブッディ体で、
ブッダ界とか表現している記述もあります。
つまり、神や仏レベルのエネルギー階層ですね。
コーザル体の代役として働いているのがブッディ体でもあるらしい。

さて、あまり難しいことは考えたくない・・・。
要するに、ここの二つはセットで癒す必要があるということなのです。


ちょっと話題が跳びますが、
私の障害である二分脊椎症を以前の主治医が
「神経の病気」と表現していました。
これがとても腑に落ちるものでした。
現れている症状に囚われると、膀胱や脊椎の病気に見えますが、
これらは結果として現れているだけで、健常者のようにそこが働かないのは、
神経に異常があるからなのです。
そして、神経とは文字通り神(かみ)の経(みち)です。
神や仏に属する部分が健常的に働かないのが私の身体なら、
ブッディ体がずぅっっっっと痛いと感じている私は、
この感覚こそが正常ということなのです。


ほかの遺伝子異常がどういう病気かはまだ理解できませんが、
私と同じ障害については、
主な原因は普通の病気のようにコーザル体にあるわけではなく、
ブッディ体にあると捉えてよいと思います。
ただ、ここより上の階層も数回はヒーリングを必要としたので、
ここだけできればというわけにはいかないかもしれません。


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

癒しに働くクリスタル [クリスタルヒーリングⅡ]

IMG_20181030_091508.jpg
近年、クリスタルヒーリングというものがある程度概念として定着し、
宝石の販売に不可価値をつけているのを見かけるようになりました。

しかし、私はこれには疑問を感じてしまいます。
というのも、そうしたものは大きさの問題や、宝飾のデザイン性の問題、
宝石への化学処理の問題を
無視しているからです。


まず大きさですが、ヒーリング効果を期待するなら5ct以上が望ましい。
では5ctとはどのくらいかといいますと、
キャラット(carat)は宝石の質量を表す単位で、0.2g=1キャラットと呼ばれ、
1ctと表記されます。
写真の50円玉の穴にはめたブリリアントカットの大きさのダイヤモンドが
ほぼ1ctです。
石の種類によって重さは異なりますので、
軽い石なら1ctでも大きくなります。
上側にあるヘソナイトガーネットは、5ctです。

ネットで宝石として売り出されている石達は、
写真で見るために大きさの実感が惑わされやすいところがあります。
キャラットで大きさを表示されても、
かなり石に詳しくなければ、すぐには大きさの実感は掴めないでしょうし、
小柄な日本人は指輪に大きな石をつけるのは下品に思われがちなので、
1ct以下の石が使われることは普通のことです。
なので1ctない石の指輪に対して、
「これはOOという石なので、これを身につければこういう効果がある。」
と、さも効果が期待できるような書き方をされていると、
私であっても「本当なの?」と、突っ込みたくなるのです。

そして、宝飾デザイン性の問題ですが、
石の効果を期待するなら、石は肌に直接触れることが望ましい。
加えて石留めのために接着などしようものならこの薬剤の影響で石は働かなくなる。
石の輝きに影響がなくとも、エネルギー的には問題ないとは言えないのです。

なによりも宝石業界というのは、見た目の美しさに価値をおいているため、
石に加熱処理やプラスチックや油などの含浸処理をして、
もともとの姿よりもキレイに仕上げることが当たり前に行われている。
カットや研磨でさえも石にダメージを残すことがあるというのに、
このような化学処理をされた石は、石としてのパワーは失われてしまう。

ゆえに宝石には、石としてのヒーリングパワーを望むのは難しいのです。


ただ、石の持つ色の光としてのパワーや
プラシーボ効果はあるかもしれません。
また、ものすごくエネルギーに敏感な人なら石を活性化させられるかもしれない。
つまりは、その人次第の部分はあるのです。

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

過去世と前世の違い [前世]

CIMG2212.JPG
現在某web講座に参加しています。
この講座でティーチングをされている方によると、
過去世と前世には違いがあるそうです。

私はこれまでこの二つに特別違いを感じてこなかったので、
過去記事でもこの二つの言葉が厳密な違いもなく使われていると思います。
でも、現在学んでいる言われているような違いがあるとするなら、
ヒーリングとしては取り扱いを同じにするわけにはいかなくなります。
このことしっかり学べたら今後に違いが生まれてくるかもしれません。

ちなみに今受けている講座はハイアーセルフのすすめによるもの。
来月行われる有料の公開講座へも申し込みを終えています。
こういうのは、最近の私には珍しいこと。
ハイアーセルフも現在の私の金銭的余裕の厳しさは理解しているので、
無理は言いません。
同時期に講座への参加を迷うものがあったのですが、
片方は「NO」で、もう片方は「YES」でした。
両方「NO」になるかと思っていた私はびっくり!

何が学べるのか。
終わったら報告させていただきますね。


CIMG2216.JPG
この写真はパワースポット好きな方へのサービス情報です。

ものすごく久しぶりに箱根神社に行きました。
そうしたら現在改築中で、九頭龍神社へ本殿の隣にて礼拝できるようになってました。
そこの手前にあるご神水なのですが、
9つの龍から出ている水の波動が全部違っていて楽しかったです。

箱根神社は起業する人が多く願掛けに行くそうですが、
あそこの九頭龍社は婚活に御利益があると行かれる人が多いですよね。

私はあまり個人的な願掛けはしないのですが、
神謀で動いていた頃に行った神社の一つが箱根神社で、
幾つか行ったなかでも祝詞の奏上の時に不思議体験があった神社です。
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

起きてしまったことは変えられない!?本当に? [前世]

CIMG2207.JPG
私の名前に現れている「使命」をあらわすボトルは、
サナトクマラ&レディヴィーナスクマラでマスターボトルの1本、
ペールピンク/ペールイエローのボトルで本質はコーラルとされています。

コーラルは潜在意識をあらわす色であり、
過去世を癒すこととも関係する色です。

これに気づいた時に、私の癒しとしてのテーマがほぼ絞られた気がしました。
私自身の最近は魂が地球に来る前の過去世の癒しに取り組んでいます。
というのも地球にきた時点ですでに異性との致命的なトラウマを抱えていたので、
私は地球での転生の間ひたすら異性とは傷付けあう人生ばかり
繰り返しているのが読み取れたからです。

しかし、これは何も私に限ったことではなく、
レムリアの本によれば、St.ジャーメインがアセンションする頃までは、
地球はながく「変容」のヴァイオレットフレームの使用が禁じられていたので、
個々が抱えるものがどんなに痛々しいトラウマであっても
これを繰り返すことしか出来なかったのです。


ヴァイオレットフレームが解禁になったことで何が変わるのかと言いますと、
ひとつは潜在意識の書き換えが可能になるのです。
私達の潜在意識と呼ばれている部分には、
この人生での誕生から現在までのすべての記憶のみならず、
前世の記憶もここにあると言われています。
いまここの「私」を形作っているのが、これまでのデータ的エネルギーであるなら、
過去世というのも確かに自分の一部なのです。

けれど、ここにある3次元的物質とは違って過去も未来も流動的な性質を持っています。
近年大ヒットした映画「君の名は」は、タイムラグを利用した事象の可変について
描かれたものです。
ヒットの裏には群集心理があり、多くの人が繰り返される悲劇の可変を
求めていたこととも読み取れます。

このブログで何度か書いていますが3次元では時間は一定方向にのみ流れていますが、
多次元ではそうではありません。
また、私達の魂が3次元存在でない以上、
私達人間という存在もまた実は単純な3次元存在ではなく、
ここに過去や未来の変容の可能性があるのです。



ヒーリングという観点からいうと、
自己の前世を知るだけで大きな感情エネルギーの解放に繋がります。
つまりは知るだけで癒されるケースも多いのです。
一方で私のように知っただけでは完全には癒されないケースもあります。
私の場合は何らかの書き換えが必要なケースなのです。
この書き換えのしくみにパラレルワールドが関わってきます。

現在の自分に深刻な症状をもたらしている過去世と結びついたエネルギーを
変容する。
前世を癒すというのは、理屈的にはこういうことなのです。


起きてしまったことは変えられないというのは、
3次元に縛られた考え方なのです。
タグ:前世
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

虹いろバトン-いつのまにか好きになっていた [オーラソーマ]

CIMG2200.JPG
少しばたばたしていたら、虹いろバトンでのコラムの掲載を
こちらのブログで紹介するのを忘れてしまったようです。
すでにトップページでは出てきませんが、お知らせさせていただきます。

今回のテーマは、「オーラソーマに出会ってよかったこと、変わったこと」です。
https://ameblo.jp/asiactjapan/entry-12406744411.html

こちらのブログですでに書いてきたことと重複してもいますが、
それは私自身の体験であるからで、創作ではないからです。
みんなで決めたテーマに従って改めて振り返って文章をまとめると、
新たな気づきもあったり、コラムメンバーとのリンクもあったりして面白いです。


そして、毎回悩まされているのが自分の写真です。
私はもともと写真写りが悪く、撮られるのは苦手なタイプ。
これが撮るのが自分であっても同じこと。
スマホの自撮りであっても操作になれないのもあって、
ますます表情がこわばってしまいます。

「これ!」というプロフィール写真も持たないため、
写真の提出を求められると本当に困る。
なかなかにこやかに笑った顔を写せない私でした。

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

黒い色のクリスタル [クリスタルヒーリングⅠ]

CIMG2203.JPG
昨日は、東京国際ミネラルショーへ行ってきました。
今回の目的は購買よりもご案内だったのですが、
写真の3点を購入しました。
会場を廻っていて目についたのは、
今回モリオン(黒水晶)を目玉にしているお店が数店舗ありました。
モリオンは以前このブログに書いているように値段がつり上がってきています。
ネット検索すると邪気祓いの効果がすぐヒットします。
こういう石の需要が高まっているというのは、
多くの人が自己のネガティビティを手放すことを必要としていると、
感じる私です。


私の目当ては同じようにお守り石とも言われていても、
ブラックダイヤモンドでした。
といっても価格調べくらいの気持ちだったのですが、
しっかりと出遭いがありました。
通常は写真の価格のものを今回卸値以下で放出させているというのをゲット!
最近はメンズアクセサリーに使われることが増えているようですね。

私はダイヤモンドは、興味のない石だったのですが、
夏頃からすごくブラックダイヤモンドが気になって仕方なかったのでした。
邪気祓いはもちろん願望達成の強力なサポートをすると言われています。
私は黒がNGカラーの人なので黒い服を身につけないから、
黒い小物もあまり持っていない人なので、
この石をどう活かすかは思案のしどころです。


そして、ミッドナイトタイプのレムリアンジェードは、今回も見つけられませんでした。




nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

2018腎エコー検査の結果 [人生のチャレンジ]

CIMG2197.JPG
先週腎臓と膀胱のエコー検査を受けました。
私がJ大学病院に行くようになってほぼ毎年受けています。
右の腎臓結石の大きさは6mmで昨年と比べると-1mmですが、
新しい担当医に言わせると、「誤差の範囲内の数値」とのことで、
医師は実際に小さくなった可能性はないと考えているようです。

ですが、私としては可能性はなくもないと思っています。
というのもタヒチアンノニ・ジュースを飲み始めてからの私の尿検査における
ph値は、ほぼ7で、
以前のような弱酸性の数値は出なくなりました。
結石は酸性の時に現れる症状でもあるのです。
長年ベジタリアンしていた私の尿が酸性というのも異常な話でした。

ともあれ、時間がかかってももう少し小さくなれば、
自然排出も楽になります。
(7mm位は自然排出もありえる大きさとのこと。)
私の場合は、導尿もしているし成人女性としては尿道も細めなので、
6mmであっても難しいところ。

医師としては育っていない(大きくなっていない)ことが重要なので、
1mm小さくなっていたとしても注目には値しないようです。


私としては小さくなって自然排出されるか、そのまま消滅できるかを
興味津々で眺めています。



写真は昨晩開花した月下美人です。
タグ:腎臓結石
nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

休止の時 [ヒーリング]

CIMG2172.JPG
友人と上野 西洋美術館へ「ミケランジェロ 理想の肉体」展を観に行ってきました。
写真は展示物の一つ「ラオコーン」ここだけフラッシュなしなら撮影が可能です。
角度を変えて撮っていたら、いきなり男性に声をかけられました。
昔から上野にいくとナンパされる私です。
20代の頃と違ってあとを追いかけてくるほど悪質ではなくなっているのが、
救いかもしれません。


一緒に行った友人は、オーラソーマ仲間であり、
私をオーラソーマに引き込んだKさん。
久しぶりの再会というのもあり、業界内のいろいろな話題で盛り上がりました。
その色々な話のなかのひとつが、人生の波についてであり、考えさせられました。


私がオーラソーマジュエリーの会社にいるあいだにこなしたコンサルの数は、
2年に満たない間にも拘わらず、4桁に上りました。
このように集中して仕事をする時期と数年仕事をしない時期がある、
人生には波があるから当然なのだという話です。
してみれば、この数年は仕事をしなくていい時期だったのかもしれません。
まぁ、私の場合は持っているエネルギーが強いからか、
高低差が激しすぎるのですが・・・。
仕事してなくても食べていけるようになっているところが、
私の持って生まれてきたものかもしれませんね。

仕事していないことに対する焦りと罪悪感や不安等ネガティブなものがなくなったら、
何がやってくるのか?

最近ちょっと楽しみになってきている私です。
タグ:人生の波
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

5つの世界を旅して生きる [オーラソーマ]

005.JPG
私の誕生日の直前、訃報が届きました。
2012年にレベル3を再受講させていただいた
高橋雅子先生が亡くなられたのです。
心よりお悔やみ申し上げます。


当時のレベル3ですから、ゴールデンスレッドをコース中に行い、
その時の様子はこのブログにも書いています。
https://emerald-heart.blog.so-net.ne.jp/2012-09-21


あの時、私は選んだ4本中3本のボトルで、
4つの世界を網羅していました。
4つの世界を生きる、
「こういう人はそう多くいない。」と、
雅子先生には言われました。

けれど現在、ゴールデンスレッドは、
『スピリット』、『精神』、『感情』、『肉体』の4つだけではなく、
これに『天使』界の加わった5つの世界が出来上がっています。

そして、あの時に私が選んだ残りの1本は大天使のボトルなので、
『天使』界のボトルでした。
つまり私は、この人生で4つの世界で収まらず
5つの世界を理解して実践する人生を歩んでいるわけです。
私には学べるものがいっぱいある人生ということですね。
これは素直に嬉しいです。


雅子先生とは、その後メールでの交流のみで再会する機会のないまま、
訃報がFB経由で届きました。
けれど、このお知らせが届いたからこそ、改めてあの時のことを思い出し、
残されていたもう1本のボトルの意味に気づいたのです。

訃報は残念ですが、
5つめの世界のことに気づかせていただいたのは、
雅子先生からの最後の教えのように感じています。
nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ポールシフト [地球の癒し]

CIMG2155.JPG
ハイアーセルフからポールシフトについて書くようメッセージがありました。
ネットを検索すれば、私よりも科学的な説明のできる方々のページがみつかりますから、
私の説明でわからなかった場合は、そういうのも利用されることを、
はじめにおことわりしておきます。
ポールシフトとは地球の地軸がこれまでの場所から移動し、磁場が反転する現象のことです。
つまりポールシフトには地軸の移動と磁極の移動という2つの側面があります。
地軸の移動については、イヌイットからNASAへ出された警告があり、
彼等は朝起きてすぐ、天気を確認するという習慣により、
太陽がどこから登りどの位置に沈んでいくということを正確に把握しているのです。
ところが現在は、これまで太陽が本来沈んでいた位置から数キロ離れた場所に沈んでいるという。
この観察により、地軸の移動がわかるわけです。
ストーンヘンジや鳥居を使って太陽の位置を秋分の日に確認すれば、
これまでと違うのが、私達でも目視できるかもしれません。
(注:すべての鳥居が正確な位置に建てられているわけではありません。)
磁極の移動については、磁北が1年に約64キロというスピードで東へ向かって移動しているという
研究結果も出ています。

私がポールシフトについて書かれたものを読んだのは、
空洞地球について書かれたチャネリング本だったと思います。
ですから、10年くらい前でしょうか?
もともと私は子供の頃一番好きだった学課は理科で宇宙のことや地球のことについて
書かれていた図鑑を繰り返し眺めておりました。
そして、地球が太陽に対して真っ直ぐでないことに違和感を感じたのを覚えています。
そんなでしたから、『近い未来にポールシフトが修正される』という記述も
受け入れやすい情報だったのかもしれません。

修正されると言っても何処かの神様がこれを行うという話ではありません。
私達人間は忘れがちですが、惑星地球は生きていて意志を持つ存在なのです。
地球がここを変えるということで動き出したのなら、
人間にはこれを止める力はありません。


すでにポールシフトが始まっているのなら、
世界規模で起こる大地震や天候による災害も理解できます。
台風の進路がこれまでと違うのも頷けます。
地球を取り巻く偏西風の流れに変化が出ているはずです。
こちらも検索したらすぐにヒットしました。

物理的な原因をここで述べられるほど、私は専門家ではありません。
けれど、地球が変化することをアセンションという形ではじめたのですから、
過去のデータは今後あまり参考にはならないでしょうとは言えます。
本来、変化というものは以前の状態には戻らないものです。


昨日と同じ続きにはならない未来が始まっている。
だからこそ、「いま」何を選ぶのかを私達ひとりひとりが見つめ直して、
地球と一緒に生きることをはじめる必要を感じています。
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ラファエルの癒し [ヒーリング]

CIMG2157.JPG
なかなか調子が戻らず部屋におこもりする日が続いておりました。
胸の痛みは聖なる炎によるヒーリングで一時的にはなくなるけれど、
1日が限界で寝る前には痛み出すので又ヒーリングをして眠る、
これの繰り返しでした。
痛みが消えているからと試しにクリスタルを胸に置いてみると、
たちまち痛みが浮上し、完全にはオーラの傷が消えていないのがわかります。
この痛みはエーテル体からコーザル体の各ハートチャクラの主に背面側と
第3チャクラの背面側に強く出ます。
加えてブッディ体も時々痛みます。
長引くお腹の不調は第3チャクラの不調による影響です。
さらにハートチャクラの傷は第1・第2チャクラの傷ともリンクしています。
けれども具体的な肉体的不調は下痢のみ、それも4日前に止まっています。
オーラが痛んでいるだけであっても、肉体には緊張状態が続きます。

こんな状態がピークを越えてからも一週間続き、
疲れも溜まりだしていたこともあり、
胸とお臍のあたりの締め付けられるような苦しさのなかで、
何かがぷちんと切れました。
「大天使ラファエルにお願いします。私の魂を癒してください。」
私は丸投げしてしまったのです。

この次の瞬間、締め付けられるような胸とお腹の痛みが、
消えました。
一瞬のこととて呆然としてしまいました。


天使は私達に頼まれない限り、その奇跡を与えることは出来ません。
反対に頼まれれば喜んで助けてくれるのが天使なのです。
なかでもラファエルは癒しの天使です。
普段私は聖なる炎による癒しや天使の癒しを肉体のどこそこ、
またはエーテル体のハートチャクラに、
浄化や変容、癒し等をという感じでかなり細かい指示でお願いしています。

ところがこの時の私は続く痛みのなかでそういう余裕が無くなっていたのです。
それで出てきた言葉が「魂」だったのですが、
私の場合これが一番の正解だったようです。

日本語と神智学用語の齟齬か、まだ未解明の隙間がオーラにあるのか、
よくわかりませんが確認してみるとコーザル体は魂には入らないらしい。
さりとて精神体というのとも働きは違いますが・・・。
日本語でいうところの霊体が該当する場所でしょうか。


思い返してみればこのことのサインはずっと来ていたとも言えるでしょう。
私は「A・ラファエル」をハンドルネームにしていますが、
私自身は「神の癒し」という意味を持つ「ラファエル」の名前を借りることで
仕事に関わる色々の恩恵を願って使っているのですが、
私の本名を知っても多くの人が「ラファエル」で私を呼びたがることには
不思議を感じていました。
大体にして「ラファエル」は、男性名ですから、
女性性の強い私の外見には似合ってないのです。

ですが私を「ラファエル」と呼びかけるのは、私に対して
「神の癒し」を、
魂を癒すという人智を越えた癒しがあることを願う
皆の無意識からの言動であることに気がついたのです。

友人知人の愛に感謝しかないです。
そして
「大天使ラファエル」に愛と感謝を捧げます。


タグ:天使の癒し
nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:健康

体調悪化 [治病]

CIMG2137.JPG
更新が出来なくてすみませんでした。
前記事で楽になってきたと報告したばかりでしたのに、
先週は急転直下で久しぶりに部屋から出るのもためらう絶不調ぶりでした。

胸が苦しくて起きてもいられず、これに強弱の波をつけて何度も見舞われ、
心臓が止まるのかしらと怖い想像も過ぎりましたが、痛んでいるのは壇中で、
みぞおちのまっすぐ上であり心臓のある左胸ではないから、
これはハートチャクラが痛んでいるのだと必死にマインドをなだめました。

何度か書いているように、こんな風に強い痛みに見舞われている時は、
冷静にリーディングするのも難しくて、なかなか原因階層を探れなくなり、
ヒーリングに時間を要します。
数日かけてこの状態を落ち着かせたら、お腹が下ってしまいました。

太陽星座も月星座も乙女座の私、本当に腸が残念なくらいに弱いのです。
身体の他の変調からすぐに腸にダメージが来てしまう。
どこかの「氣」の通りが悪くなると、
もともと弱いところはすぐへたってしまうという感じでしょうか。
身体のエネルギーは繋がっていて循環しているのを感じます。
また、私のハートチャクラに残るトラウマが第1第2チャクラに影響しているのも
関係しているのかもしれません。


そして、肉体を戻すのがまたすぐにとはいかないのが厄介なところです。

下痢止めを飲んでしまうと一週間くらい止まったままになって、
結局便秘と下痢の原因になるので下手に薬は飲めません。

そんなわけで、半日絶食しておかゆを食べています。
今回初めて炊飯器でおかゆを炊いたのですが、1合炊くと2日は余裕で食べられます。
出来上がりを見た時は、ちょっと多いと思ったのですが、
今回はダメージからの回復に時間がかかっているので、完食しそうです。


前記事でも触れたように、最近の私へはかなり高次元の光が必要になっているのですが、
それがオーラだけでなく、肉体にも必要になっていることに、
気づかされた先週でした。

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

残暑お見舞い申し上げます [治病]

CIMG2132.JPG
台風のおかげで2~3日すこし暑さが緩んでいた東京ですが、
今日は再び猛暑が戻ってきたようです。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
私は24時間エアコンを稼働させたままの部屋から、
極力出ないで過ごして体調を管理しています。
しみじみ外へ出るお勤めが勤まらない身体と感じます。
通院の度に受ける尿検査で、夏は状態が悪化しやすいのがわかっています。
これの悪化を防ぐためには水分を沢山摂って、汗ではなくお小水として排泄させることが
必要なので、部屋から出られなくなるのです。
しかし、生活保護では冷房にかかる電気代は冬期の暖房費と違って
一切補助がありませんので、夏は家計のやりくりが厳しくなります。
他の方は図書館に行ったりして自費負担を減らす工夫をされているようです。
私の場合はそこまでの行き帰りもダメージに繋がりますので、諦めています。
避暑に出かける代わりと考えれば、電気代の差額は安いものかもしれません。
CIMG2131.JPG

ブッディ体へのヒーリングはまだ必要になりますが、
頻度はかなり減ってきました。
これは痛みを感じることが減ってきたということであり、
その痛みも以前のような転げ回るようなものや
気が遠くなるような激しいのはなくなりました。

5次元にアセンションするには12の光線を身につける必要があると
言われていますが、私のヒーリングには50を越えるレベルの光線も必要で、
これを願えば与えてもらえるという宇宙のサポートには感謝するのみです。
けれども反対に尾骨あたりに痛みを感じることも増えてきました。
私の仙骨から尾骨あたりの骨は体内でばらけているので、
これが正常な状態へ戻ろうと動けば、当然神経にも触り、痛みが出ることもあるのです。
私達の肉体は安定性のある3次元の物質で出来ていますが、
物理学を突き詰めていくと、何一つ絶対的な固定はないことが理解されています。
つまり、肉体も治癒的変化の無限の可能性を持っているのです。
私の治癒は、私自身に障害のある状態を維持させているエネルギーの在り方を
変化させることが鍵なのです。

CIMG2135.JPG


今回の写真は、世田谷区内にある茶そば専門店へ行った時のものです。
最後の写真、蕎麦おはぎです。
nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

ガーネットグループ [クリスタルヒーリングⅠ]

CIMG2144.JPG
1月の誕生石とされているガーネット、
一番に連想される色は赤い石でしょうか。
私の誕生日9月7日の石はヘソナイトガーネットで、
グロッシュラーライトガーネットの変種、
オレンジにブラウンのはいった別名シナモンストーンと呼ばれる石。
写真真ん中のカボッションの石がこれです。
ネックレスのカットビーズ部分のアルマンダイトの赤い色とは、かなり趣が違います。
また、ネックレスのトップ部分、この写真では色がわかりにくいですが、
パープルがかったのがロードナイトガーネット。
ネックレスのなかに見える黄緑色のは、アンドラダイトガーネットです。

実はガーネットというのは、類似した化学組成を持つ鉱物グループの名前なのです。
なので、私はガーネットという石の効果をひとまとめには出来ない気がしています。
そのなかでも色が違えば持っているエネルギーが違うのは、
解り易い話かもしれません。

アンドラダイトガーネットには、上記のグリーンガーネットもありますし、
写真に映っている原石、奈良県天川村産のレインボーガーネットもここにはいります。


故ジェーン・アン・ドゥ女史は、ガーネットを「肉体のエネルギーの流れをよくする」と、
書いていますが、
レインボーガーネットなどは、肉体次元よりも魂を導くレベルで
働くように感じます。
また、別の人はグリーンガーネットに惹かれるのは、
「ハートに癒されていない傷がある」とも・・・。
しかし、グリーンはグロッシュラーとアンドラダイトにあらわれます。
なかには区別のつかない色調のものも出るかもしれませんが、
この二つのグリーンはかなり印象の違うものもあります。
アンドラダイトのエメラルドグリーンのものは、ダイヤモンドのような光沢をもつ
宝石として最高価値のあるガーネットでもあります。
このタイプ、写真では観たことがありますが、
手にとれる実物にはであっていません。
なので、エネルギー的な違いの詳細についてを口にするのは、控えておきます。


安価な宝石のように思われているガーネットですが、
その仲間には、なかなか出遭えない種類のものも高価なものもあるのです。
天川のレインボーガーネットは現在採掘制限がかかり、
レアストーンにもなっています。
nice!(11)  コメント(5) 
共通テーマ:健康

目をそらし続けてきたのは・・・ [ヒーリング]

CIMG2140.JPG
飛蚊症は、前記事に書いたように肝臓機能と関係しています。
肝臓は怒りのエネルギーをため込めやすい場所と言われています。
確かに私は短気な傾向を持ち、
すぐかっとなるけれど、怒りを鎮めるのも速いタイプです。
また、生来の障害により影響を受けているのは膀胱ですが、
こちらは隠された怒りを表す場所でもあります。

それほどに身体に現れているのに、気がつかなかった、いえ気づきたくなかった、
無意識に見るのを避けてきたのは、
パートナーとか、父親とかという特定対象ではない男性全体への怒りでした。

私はずっと女性にだけ転生を続けています。
地球において古代文明以降の世界では女性は、戦利品扱いされることも多いし、
政治の中枢近くに生まれていれば、政略結婚の道具にされる。
女性の意志や感情は無視されても普通なことが繰り返されてきました。

私の場合、魂が地球にくる直前の生でも、
夫に裏切られ、輪姦されて殺されている。

ですから、レムリアの崩壊近い時代にしか転生できなかったのです。


もうね、すべての男性に対して怒っていたし、絶望していたのです。
だから、これまでの転生を含め私の人生には私を怒らせる男性ばかりが深く関われる。
父でも兄弟や従兄弟、恋人も夫も・・・。
そうでない真に女性を慈しみ大切に出来る人は、
私がこういうエネルギーを持っているから私と関わりが深くなれないのです。

そして、このことから目をそらし続けてきたのは、
これを認めてしまったら赦すしか道がないことを知っているからです。
赦したくないから目をそらし続け、気づかないままに今日まで来たわけです。

けれど、気づきのためのサインは何度も来ていたと今なら理解できます。
身体に出る症状もそうですし、
私の所に来るクライアントも皆、私の鏡であり、サインなのです。


地球での転生の間、抱えてきたこれを手放すことにしたら、
すでに眠っている間に見る夢さえも変化を始めました。
これは、潜在意識が変わり始めていることの現れなのです。





nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:健康
前の20件 | -