So-net無料ブログ作成

☆☆お知らせ☆☆

「舞い降りた大天使画とボトルの饗宴」
嬉しいことに私のイラストの個展開催していただけることになりました。

期間 2016年7月14日から7月20日
場所 日比谷シャンテ 地下1階 i-making

予約不要で大天使達に会える!?
前の20件 | -

治りが悪い [治病]

CIMG2466.JPG
12月25日に転倒したので、丸三ヶ月は経ったのですが、
歯が折れたあたりは触るとまだ少し痛むので、
刺激するのを避けて治療(型どり)は、見送られました。
歯科医師もあまりに治りが悪いので来月も腫れがひいていないようなら
「CT撮影させてください。」と言われました。
ここまで治りが悪いのは、
現在撮っているレントゲンでは写らない場所の骨折などの可能性があるというのです。
とりあえずは腫れが引くのを待つしかないようです。

これを聞いてもしやと思い、自宅に帰ってから第5チャクラの状態をチェックしたら、
エーテル体もアストラル体も20%という活動の低さでした。
う~ん、何故にもっと早く気がつかないのかしら?
とにかくも第5チャクラをヒーリングしました。

今回私が怪我したのは口です。
上唇と犬歯なのですが、
ここをヒーリングするのに関係するチャクラはどこなのかが、
明瞭にかかれた文献はありません。
少なくとも私は読んだことはありません。
歯は骨と同様に考えるならコーラルと関連、
骨はクラウンチャクラと関連しているとなりますが、
以前読んだカラーパンクチャー系の本では虫歯はブルーの光線が有効とありました。
口と捉えるならコミュニケーションとも関連してブルーの領域であり、
第5チャクラと関連していることになります。


私は月曜生まれのブルー系の光線の持ち主なので、
第5チャクラにはあまり不調が出ることがなかったので、
滅多にチェックを入れない場所だったのです。
まさに油断していた状態ですね。

とりあえずこれで回復力が上がればよいのですが・・・。

ハイアーセルフからやっとボトルを使ってもいいとの許しを貰いました。
クリスマスから現在までの私の身体は普通の状態でなかったので、
怪我のためのもの以外は使わないように言われていたのです。
ですのでどんなにハートチャクラが痛んでも、
聖なる炎とクリスタルで処置するだけでした。
今月予算の都合で2本だけボトルを新しいものと取り替えるためにチェックしたら、
アンブリエルの上層からピンクが殆ど抜けかかっていました。
これを入れ替えてアルケミーしたボトルを使うことにOKが出たのです。
このボトルはレスキューボトルでもありますから、
現在の私にはよいでしょう。

こんな訳で使いたくともクイーンマブには、まだ手が出せない私です。
nice!(10)  コメント(1) 

依存症マンガ [依存症]

CIMG2404.JPG
日曜は法事でした。
出かけた先は富士山の裾野で桜が満開でした。
このタイミングに感謝しかないです。
CIMG2403.JPG

CIMG2407.JPG

さて、Facebookでシェアされていた依存症啓発マンガが
とてもよく依存症者とその家族のことについて描かれていて、
こういう知識がもっと拡がればいいと感じました。
このマンガに出てくる依存症者は麻薬やアルコール、ギャンブルといった感じですが、
これらは法的に特に問題になる依存です。
けれど、世の中には仕事やゲーム、買い物、SEX、
煙草、砂糖、チョコレートやコーヒー等と、
法律的には問題はないとしても健康的な人生を阻害している依存は他にも沢山あります。

そこに潜む病理は、本質的には同じです。
ほんとうに向き合わねばならないことからの逃避があります。


依存というのはそれに頼っているようでいて、
ヴァンパイアのように依存先からその他から
エネルギーを奪い続ける行為です。
ですから、依存症者の行為を家族らは尻ぬぐいしてはいけないのです。
助けてくれると思うとすがってしまって本人の自立が遅れるからです。
けれど、本人だけで抜け出すのが難しいのも事実で、
適切な関わり方というのがあるわけです。
そこのあたりのことも描かれています。


また、依存関係にある人間関係において、
霊視能力者には、依存者が依存している相手にオーラをコードのように伸ばして
接続して相手からエネルギーを吸い上げているのが見えるそうです。
これを無理やり切ろうとすると、時にショック死するケースすらあると言います。
依存していた人は、他者からエネルギーを奪うことで自己のエネルギーを補っていたから、
自分1人の生命エネルギーの回転のさせ方、
自分で宇宙と繋がり補うことが出来ていない為です。

このコードには安全な切り方がありますが、
自立の準備が整っていない内に切っても、
再びオーラが接続してしまうだけですので、
切るのにもタイミングがあります。

また、一緒に暮らす家族の場合は、切るだけがベストではないとも言えます。
家族はお互いに支えたり、頼ったりという共依存関係があるからです。

興味を持たれた方は下記貼ったページに移動して読まれることをお勧めします。

https://www.jiji.com/ad/korosho/izonsho_manga_v01.html?fbclid=IwAR2ygd88gudMqmwzEpkj50MwCyocRm_hQqwaSlFX2NjtvXKkEI7bsKOIVrg
タグ:依存症
nice!(11)  コメント(2) 

転倒から3ヶ月 [ボディケア]

CIMG2383.JPG
クリスマスの日に転倒しましたので、3ヶ月経ちました。
今週は折れた犬歯の治療を始めるつもりです。
(追記 残念ながらまだ治療は始められませんでした。)
花粉症が始まったせいで、
鼻の下という場所に常に医療テープを貼っている状態は、
なかなか難しく、一時はかぶれも出たりしてひやひやしましたが、
腫れは残っているものの傷はきれいにふさがったのが見て取れます。

今回、患部にはヒーリンググッズは使っていません。
イクイリブリアムボトルは傷口に塗るためのものではないからです。

かぶれが出た時から、ノニのリーフセラムを塗っているだけです。
口の中も怪我していましたから、フラワーエッセンスもしばらくは使わずに過ごし、
毎日飲むノニジュースをオリジナルとピューレを半々にして2週間ほどを乗り切りました。
一ヶ月を過ぎた頃に、バッチのレスキューレメディをとったところ、
転倒した場所を歩いても緊張しなくなりました。
転んだのは近所の商店街ですから、日常的に使う道なのです。

前歯はまだ使うに怪しい感じなので、食事は変わらず流動食です。
生のサラダをボール一杯に食べたい・・・。
こんな状態ですから、外出は必要最低限で殆ど自宅にて過ごしています。
1月中は寝込んでいることも多かったけれど、さすがに最近は、
食事のこと以外はほとんど普通に過ごしています。

今回経験して思うのは、歯と顔というのは、
ヒーリングプロダクツの使えない&使いにくい場所だということです。
心配した友人からホメオパシーのレメディをもらったのですが、
怪我のせいで口も閉じられない状態だったので、
固形のレメディを口に含むことすら難しかったのです。
ですから、ノニジュースだけが摂取できるものとして頼みの綱でした。

幼馴染みが習得した医療氣功は患部に関わらず働くのでとても助かりました。
氣をあてた彼女に、
「すでに身体が治る方向へと全力で向かっている!流石だね。」
と、言われ、何のことかと思ったら、
こういう時の普通は、そうではないらしい。
怪我しちゃったということに驚いて、バラバラにまとまらない状態なのを
最初の氣功でまとめて、治る方へ向かわせるらしい。

私は翌日には、天使とマスターにお願いして、
転倒のショックをクリアニングしてもらい、
エーテル体と肉体に第5光線を注いで貰っていましたので、
身体のエネルギーが治癒へと向かっていたようです。
それでも、まだ全快とはいきません。
傷口こそ小さいけれど、本当にどれほどの大怪我だったのかが、
この治りの遅さにも表れています。
顔を怪我すると、自分では鏡なしには患部を見られないので、
状況判断が出来なかったのですが、
通りすがりに助け起こしてくれたカップルや、
救急車を呼んでくださった方、
私の代わりに姉に電話してくれた方、
救急車が来て搬送されるまで付き添ってくださった方々
女性の顔に少しでも痕が残らぬようにと配慮くださった救急隊員の方、
たくさんの善意に助けられたことに深く感謝しております。


自宅で大人しくするとなると、一番なのは読書ですが、
こればかりというのもなんですので、ネットで「金継ぎセット」を購入し、
壊れてしまった器の修繕にチャレンジしました。
急須は注ぎ口、マグカップは取っ手、どちらもテーブルに躓いた際に落として割れたのです。
CIMG2389.JPG

CIMG2393.JPG

どちらもお気に入りだったし、本体部分は使用に支障がない状態だったから、
なんとかできないかと方法を探していたのです。
マグは接着剤だけだと中身が入った時に重くなるので使用に耐えられないのが、
わかっていました。
けれど、金継ぎならただくっつけるだけではなく、
金継ぎされて使用している器を外食の時に目にしていましたので、
完全に乾いた後は大丈夫だろうと思います。
金継ぎは古くからある補修技術ですが、すばらしい方法だと思います。
近年、海外からも注目されていて、お手軽なキットが販売されるようになっていまして、
今回チャレンジしてみたのです。

修理した器もありのまま受け入れるという茶道の精神によるものだそうですが、
人間の傷痕も個性と言って受け入れていく時代を迎えていると感じます。

nice!(15)  コメント(2) 

ブログ開設11年 [ブログレポート]

001.JPG
このブログは2008年3月26日に開設いたしました。
ですので本日をもって11年目に入ります。
いつも読んでくださっている皆様、
nice!を押してくださるソネブロユーザーの皆様、
本当にありがとうございます。
感謝に堪えません

今回の写真は、このブログ読者様にはおなじみの以前のアパートの隣にある白木蓮です。
隣に住んでいた時と違ってタイミングを外し、やや見頃が過ぎ、
北側だけが開花している状態でしたが、相変わらず見事でした。


11年前体調不良で会社を辞めた後、復調できずに部屋で過ごす時間をブログを書いて
気を紛らわせていました。
もともとマンガ家を目指していた私には、不特定多数に何かを伝えたいという
エネルギーが強かったのでしょう。
相変わらずソネブロのユーザーさん以外はどなたが読んでくださっているのか
あまり私には見えないブログなのですが、
一定数の読者はいるようだと、ランキングに変化がみられないことで、
判断しております。

そんな本ブログで圧倒的に読まれている過去記事は、
ACCESS数2019年3月25日現在、70,956ACCESSの
ツインフレーム 愛の逃走と追走 https://emerald-heart.blog.so-net.ne.jp/2014-12-30
です。
007.JPG

知らない間に7万超えしていました。

他は万を越える記事は殆どないように思います。

今後この記録を越える記事が出るのか、
私とパートナーの関係はどうなるのか、
本人にも未来は予想がつきませんが、
これからもゆるりとお付き合いいただけましたら、幸いです。
nice!(11)  コメント(4) 

999のサイン [人生のチャレンジ]

IMG_20190107_123943.jpg
年末にお茶屋さんに頼んで送ってもらったお茶と一緒に入っていた根付けとおみくじ、
ちょっとトラブルがあって、年明けに受け取ったのですが、
怪我でへろへろになっていて初詣でもおみくじを引かなかったので、
これにはにっこり。今年はよい年になりそう・・・。

そんな年の始まりだったのですが、
数字が三つ揃うのを、目にするのがまだ、続いてます。
これが、特定の数字というのが面白いですよね。


999は、使命と関係する数ということなのですが、
使命ってなんでしょうと、思ってしまいませんか?
精神世界ではあなたがわくわくすることとか言われるのですが、
でも、私のように自分のハートに鈍い人には、
自分が何に対してわくわくするのかさえも考えてしまいます。

オーラソーマでいうと、私の使命数は、61で、
サナトクマラ&ヴィーナスクマラのボトルで、
このボトルには執筆の才能や教える才能があるという解釈もあります。
そして6+1で7なのですが、私はまた、9月7日生まれなので、数秘学的に「7」が、
繰り返し出てきます。
真理を追究せずにはいられない、飽くなき探求の質は、こんなところに表れているのです。

誕生数には99を持つ私、一歩間違うと器用貧乏で終わりかねない。
9というのは十進法の最後の数なので、
転生の多い練られた魂の持ち主であるらしく、
これまでに魂が色々経験してきているので何をやってもそこそここなせるらしい。
実際、一流にはなれなくてもこれで食べていけると感じた職は幾つかありました。
だからこそわくわくもしなかった。
私は感情的な意味では自分のハートに鈍い人ですが、
私の肉体はものすごくハートと直結していると思います。
肉体がストレスに対してすぐ反応してしまう。
私本人がストレスを受けていると気がつかないレベルにも先に、具合が悪くなる。

こんな身体の面倒をみようと覚悟を決めたのは、
27才の時に障害からくる筋肉疲労性の腰痛で数年寝たきりになってから。

西洋医学的には打つ手がないと、匙を投げられた時に、
東洋医学だって民間療法だってなんでもよいから、
自分で試してよくなることを決めました。

そうして今日まで学びながら自分を癒し続けている。
遺伝子異常をヒーリングで治せるかなんて、
当人である私以外には、実践できない。
法によって本人以外による人体実験は、禁止されているから。


私の身体に向けるチャレンジ、
使命とは、この字の通りに命の使い方であって、
こうしなければいけないというようなものではないことを
今は実感するのです。
nice!(12)  コメント(6) 

先天性の障害を癒すために [治病]

CIMG2353.JPG
バーバラ・アン・ブレナン女史は著書「光の手」で、オーラの層を7つとして、
それぞれの働きを詳しく述べています。
これを別の呼び方に仮に当てはめていくと、7番目はアートマ体になります。
こちらのオーラ別の呼称によるとアートマ体のつぎに、モナド体、ロゴス体と続く。
7層より先がある可能性が見えてきます。

このあてはめが正しいかどうかは横に置いておきます。
私の探求は自分のような遺伝子異常という障害は治せるのかどうかであって、
人間の霊的組織がどうなっているかの探求は、
二次的なものであるからです。
一般的なカルマ、前世の傷だったら、コーザル体までのところをヒーリングすれば治ります。
ほとんどの病気もそうです。

けれど、私のようなケースはコーザル体がヒーリングできても治らない。
それは、コーザル体より上位層によって具現化されているものだからです。
ではそれは一体何処なのか。
頻繁に痛みを感じたのは、ブッティ体とアートマ体ですが、
ここを何度癒しても痛みが時間経過とともにあらわれるので、
原因は、ここより上と判断できました。
ブッディ体やアートマ体より上って何処まであるのでしょう。
どこまであるというよりも、大事なのはどのオーラ階層がこのような個人への影響を
創り出しているのかというほうでしょう。
私はそこが何と呼ばれているところで、どのような働きをするかは二の次で、
原因階層を数字でハイアーセルフやガイド、天使やマスターに尋ねました。
すると、「12」を示されました。
3次元で肉体として存在する私達の肉体までに影響する範囲の上限がここのよう。
ここに必要なのは、「癒し」とは思えなかったので確認すると、
「変容」であるという。

長年ヒーリングを仕事にしてきて気づいたことですが、
私達がヒーリングと表現している行為には、
「癒し」と「浄化」と「変容」が区別なく使われています。
クライアントにとっては楽になればいいだけですので、
自分に行われたのがこのどれであったかは、重要ではないかも知れません。
けれど、その力を行使している側は、
どれが有効かは大事な部分です。

12層に必要なのは『変容』であっても、通常変容として働く第7光線ではありませんでした。
もっと高次の光、
流石の私も注がれた時に思わずめまいを起こしたほどの高いエネルギーです。

私は月曜日生まれなので、体質的に第7チャクラの働きが強い人です。
機械でのオーラとチャクラの測定でも、常にこれを裏切らない測定数値が出ています。
なので、私は天とのエネルギー的繋がりが強い人であるといって問題はないでしょう。
そんな私がめまいを起こすほどの高いエネルギーとは、
神の神聖なる光線の50番台のものでした。

12層へのアプローチは、日と光線を変えて再び必要でしたが、
何度も必要なものではなく、現在は再びこれよりも下位層をケアする日々に戻りました。


肉体は物質として安定している代わりに変化に時間のかかる面を持っています。
どのくらいで、変化が現れるようになるのかは予想がつきませんが、
私の長年変わらなかったエネルギーに変化が始まっているのは、
体感しているのです。




写真は近所でみつけた面白い自販機です。
今回ネタが小難しいので写真だけはライトなものにしようと思いました。
nice!(12)  コメント(2) 

転職または転機の555 [ヒーリング]

CIMG2337.JPG
アパートの玄関の前には大きく育った夏みかんの木があります。
花の時期にはとてもさわやかな香りがします。
ただ、現在はその隣で咲いている梅の香が漂う日々です。
買い物から戻ると大家さんが、夏みかんの実を切り落とす作業をしていました。
それで、ひとつお裾分けをいただいたのです。
無農薬だそうです。ありがたいです。


さて、前記事で数字が三つ揃うのが頻繁にあらわれると言うことを書きました。
でも、これは年末にも表れていてその頃は、555だったのです。
「5」は変化を表す数字で、こちらの数字は引越や転職を表すと言われます。
「現状引越はあり得ないし、転職もまったく考えていないのに?」と、不思議に思っていました。
そうしたら、何故か父がいきなり私にカメラをくれると言い出しました。
父と会う約束になっていた2日前に転倒して大怪我を負ってしまい、
話は流れたかと思ったら、先月に調布市で行われた老人会のカラオケ大会で、
歌う父の写真を撮ってそのカメラを譲り受けました。
Nikonです。

頭のなかには疑問符が浮かんだままですが、
もともと買った当初からあまり気に入っていなかったようなので、
欲しいものがみつかったということなのかも知れないと考えています。
父は現役で働くタクシードライバーなので、普通に収入があるのです。
自分1人の生活なら、趣味に少し使うくらいの余裕はあります。

これと同時平行で姉から仕事の手伝いをしてくれないかと、申し出がありました。
個人的な販売の仕事を開始して、商品の写真を撮るのと、
注文が入った時に、発送する作業をして欲しいと頼まれました。

家族のこととはいえ、姉は忙しすぎて家になかなかいられない人ですし、
父とは姉との仕事について何の話もしていません。
こういう話が舞い込む前にカメラが私の所に来たというのは、
宇宙からの後押しがあるということでもあります。

そんなわけで転職というか仕事が増えました。
基本自宅での作業なので現在の体調でも支障はありません。
その体調につきましては、一昨日歯医者さんに行きましたが、
まだ腫れが残っているということでもう少し様子を見る
ことを話し合いました。
なので引き続き流動食の日々です。

こんな状態ですから、今年のマイクのジャパンツアーには、やはり参加は無理なので、
場合によっては、10月からオーラソーマは休業ということもあるかも知れません。
まぁ、すべては自分次第と思っています。

これまでも、更新期間にインターバルが入ることはありましたので、
私としては深刻になってはいません。


とりあえずは、来た波に乗ってみました。
その波がどこまで大きくなるかは、まだわかりませんが・・・。

nice!(11)  コメント(2) 

数字が3つ揃う日々 [人生のチャレンジ]

CIMG2301.JPG
この所毎日のように同じ数字が3つ揃うことを目にします。
333、777,888,999が主なものなのですが・・・。

毎日ゲームをしていたとしても毎日こういう数字が出るものでもありません。
明らかにメッセージなのだと思います。

何についてかといえば、どうやら私の使命についてのよう。
使命とは字が表す通りに私の命の使い方。
私は遺伝子異常という身体に生まれたのだから、
この身体を有郊に使うこと、
遺伝子異常を治すアプローチを続けている。
3次元でどこまでが可能なのかの飽くなき挑戦です。
本人はすこぶる楽しんでいます。

さて、そんな私ですが内部障害であるために、
外見的にはわかりにくく、かなり聡い人でなければ気がつきません。
それで、衝突緩和のためにヘルプマークを持つようになって数年経ちましたが、
席を譲られたのは、大江戸線で1度だけ。
私の自宅沿線である小田急線では認知度が低いのねとも思っています。
そもそもこんなもの無くても席を譲ろうという意見も理解できますが、
外見から認知できない人にはやはり譲ろうとはしないのではないでしょうか。

ヘルプマークやマタニティマークは、配慮を必要とする当事者が身につけるものですが、
発想の逆転で、「必要者に協力したい人が身につけるマーク」が誕生したよう。
その名も「マゼンタ・スター」です。
作者は小田原出身の東大生。
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標であるSDGsのテーマカラーであるマゼンタを
使用しているということです。
ここで「ふ・ふ・ふ」と笑いが漏れてしまうのが、オーラソーマファミリーならでは。
だってマゼンタですよ。
小さな物事にも注意し、気遣い、温かさを注ぐことと関係するマゼンタ。

東京都の障害者手帳の色も小豆色というマゼンタの仲間と言えなくもない色ですけれど、
はっきりマゼンタを打ち出してきているのが、国連という世界規模の組織なのが、
色は世界共通の言語ということを感じさせてくれます。


世界がまたひとつ5次元に近づいたそんな感触をもつ今日この頃です。
nice!(11)  コメント(2) 

クイーン マブ入荷しました [オーラソーマ]

IMG_20190220_115444.jpg
本日B116 クィーン マブ 入荷しました。
映画ボヘミアンラプソディの大ヒットで「クィーン」の話題が世界でされるなか、
誕生したクィーン マブ 
シンクロなのでしょうか?

ロイヤルブルー/マゼンタというこの色にひたすら喜びつつも、
今のところ一切ヴィジョンがないところに、
確かに大天使のボトルとは違うというのを感じているところです。


新しいボトルの誕生は喜ばしいのですが、
置き場に悩むのは日本のオーラソーマファミリーには「あるある」では、
ないでしょうか。
我が家ではメタルラックの上側にDIYで棚を増設しました。
エネルギー的には棚を全部木でつくってしまいたいところですが、
場所と予算の問題で、今は上側二段だけに留めておきました。


それから、現在虹いろバトンで私のコラムが配信中です。
「私の好きな大天使」https://ameblo.jp/asiactjapan/entry-12439437350.html
大天使のイラストを4枚コラムのなかで公開しています。
よろしければそちらもご覧ください。
nice!(11)  コメント(2) 

呪詛返しはするだけ野暮 [アセンション]

CIMG2297.JPG
さすがに雑炊に飽きてきたところです。
と言ってもまだ常食には戻せません。
前歯が使えないだけとはいえ咀嚼をしっかりしようとすると、
前歯同士がぶつかることもありますから、これを避けるために、
あまり咀嚼しないで食べられる物に食事が偏っているわけです。

さて、クリスマスの転倒は、偶然の事故です。
誰かに突き飛ばされたわけでもない。
ただ、転んだだけにしては大怪我になってしまったけれど、
不思議と私のなかにこれで終わったという感覚がありました。

終わったって何が?と思われる所かと思いますが、
カルマというか私への攻撃というか、そういう諸々のもの。

実際、数年間患わされていた右肩の不調は、呪詛でした。
医療氣功を学んだ幼なじみには、
私のサトルボディに埋め込まれた木の釘か杭のようなものが、
見えたそうです。
しかも、それに私が気がつかないように、その上をコンクリートコーティングして
あったと言っていました。
釘か杭・・・まさに厭魅の典型ですね。
通りで肩全体がこわばって腕が動かなくなっていたはずです。
実際、振り返ってみれば、肩に不調が出てから、
部屋のなかに蛾が大量発生するとか、
常識では考えられないことが起きていましたね。


この呪詛は誰がやったかの見当もつくのですが、
これが判っても私にはどうでもいいことです。
呪詛返しはしないから。

友人Yちゃんには、こういう攻撃してくる人がいることを話すと、
「どうして怒らないの?我慢する必要はないんじゃない?」
等と言われたけれど、我慢もしていないし、怒ってもいないのです。

呪いに呪いを返すのが常識と思われていますが、
これはカルマの作り合いになって抜け出せなくなるだけ。
相手に返さない方法として、
他に転嫁させるも術者ならありかもしれませんが、
私の今の人生はそういうものとは違う学びを深めているから。

癒しを学ぶのが目的の人生だから、
呪詛をも癒すことで解消するのを体験したのだと思います。
理屈で考えると呪詛のパワーって黒い力のように思えますが、
そういうのをなんとかしようとする時に必要なのは、
浄化の白い光ではなかったりします。

実践しているのと頭で考えるのは一致するわけではない部分です。


私を呪った人に私が呪詛返しを行わなかったとしても、
相手は必ず報いを受けます。
それがどういうタイミングになるかは計り知れませんが、
他者を意図して傷付けるという行為は、
宇宙の法則として自分を傷付けるものとして返ってくる行いなのです。
それが肉体を傷付けるという直接的行為以外であっても、です。

だから、私自身を傷付ける行為に繋がる呪詛返しは、
選択肢として考えられないのです。
私はこの人生で3次元は卒業すると決めているのですから。
輪廻から抜け出せなくなるカルマをつくる行為をしたいとは思わないのです。

nice!(12)  コメント(2) 

幾人ものハイアーセルフとガイド、ツインフレーム [アセンション]

CIMG2253.JPG
年末怪我のせいでアップし忘れた紅葉の写真です。
季節感おかしくてすみません。

ほとんどの人のバックにいる一般にガイドと呼ばれる存在は、日本語で言う
守護霊なので、複数いることもあるし、
実は彼等のレベルというのはそんなに高いものではありません。
私達と同じ、輪廻を繰り返す存在だからです。
それでも彼等は3次元に属しているのと違い、
時間の概念のない4次元に属しているので時には、先見をすることもあるかもしれません。
これは、できてもすごく近い未来程度でしょう。
ですので、ガイドには頼り切らないことも必要です。


ハイアーセルフと呼ばれるのは、自己の高次存在ということなのですが、
こちらは実は単一の存在とは限りません。
というのも私達は、魂を幾つかに分割して多くの経験値を得ることが、できます。
さらに、5次元より上の存在になると肉体という物質に縛られなくなるからです。
ハイアーセルフとひとくくりに言っていますが、ここには、その魂のレベルによって、
アイアム、アイアム・プレゼンス、ディヴァインセルフ等と呼ばれる
繋がっているけれども、別個の存在がいるのです。
ですから、ハイアーセルフと繋がろうとする時、
どの次元のハイアーセルフを意図するかも必要なことなのです。


ツインフレームが1つの魂を男女に分割した存在であっても、
その後魂が学びのために魂を分けたとしたら、
1人の男性に対してそのツインフレームの女性が2人とか3人ということも、
タイミング的には存在するでしょう。
男女の立場が逆の場合も然り。

だからこそ、ツインフレームとの出逢いは、
3次元での学びの終わりに訪れる祝福なのです。
沢山に分かれた魂達も、3次元での学びの終わりが近づいたら、
今度は自然にまた融合を始めます。
といっても、肉体があるうちには、これが叶わないのですが・・・。


私は世界規模での人口の減少には、
魂の成熟というタイミングを見ています。
nice!(9)  コメント(2) 

B116の追加情報 [オーラソーマ]

CIMG2258.JPG
英国より116番に関する追加情報が届きました。
https://www.aura-soma.com/downloads/Emails/B116/FurtherThoughts/japanese.html

これを読んでいても色々自分とかぶります。
さすが、ロイヤルブルーとマゼンタというコンビネーションです。

昔、山田ミネコ先生が作品の中でサイコフライトというのを描いていましたが、
実際にこれを行うには、エーテル体やアストラル体そのものを乗り物にして
跳ばすことが、可能です。
これがマカバの形であるとレムリアの本には書かれています。

116番のボトルが届くのを楽しみにしています。


写真は先日つくったトマトとポテトのポタージュです。
材料にしたのが生トマトだけだからか赤というより黄色になっています。

ポタージュスープは母に作り方だけ教わりました。
なので、分量はいつも目分量で、材料もポテトを人参にしたり、牛蒡にしたり、
生クリームを豆乳にしたりと、アレンジしています。
35年以上前に教わったことが、現在毎日役立っています。


nice!(12)  コメント(2) 

霊道 [ヒーリング]

CIMG2214.JPG
クリマスに負った怪我のその後を報告させていただきます。

かかりつけの歯医者さんに行き、口内の消毒を2度していただきました。
折れた歯の所を処置しないといけないのですが、
今回のような場合、歯茎の腫れがひくのに1~2ヶ月かかるらしく、
腫れがひかないと処置が出来ないとのこと。
辛うじて折れずに済んだ他の歯も、
時間経過とともに少しずつ落ち着いてきているように思われますが、
まだ後でいきなり神経が死ぬというケースもあるそうで、
安心は出来ず、歯を使わない食事を続けています。
よってレトルトとミキサーが大活躍しています。

おかゆは自分で作ってもいいのですが、おかずがあんまり食べられないので、
手っ取り早く雑炊で済ませてしまってます。
野菜を摂るためにミキサーでポタージュスープを作り、これで我慢です。

こんな生活がまだしばらく続きます。


さて、今回の転倒について、私はあまり深くは考えていませんでした。
誰かに突き飛ばされたわけでもなく、
両下肢肢体不自由6級の私が転ぶのは日常茶飯事だから。
まぁ、滅多に転ばなくなっていたのに、転倒したら大怪我だったというのは、
地味にショックでしたが・・・。


偶然にも医療氣功を現在学んでいる幼なじみが母その2の作ったスープを持参で、
ケアのために来て、氣功をしてくれました。
その時に私の頭に張り付いている異物を発見。
幼なじみはまさか氣功をするようになったらこんなに霊障を
視るようになるとはと実はうんざりしています。
私に憑いていたそれは、最初黒いなまこのようなものに見えたらしいのですが、
言葉がある程度通じるとわかり、説得により自宅にあったクリスタルに入って貰いました。
入る時に幼なじみには子供の手が見えたそうでもとは女の子だったことが判明。
通りすがりに私にくっついたことは、この時のやりとりで判っていました。
何時、何処でくっついたのかは、不明でした。


頭、クラウンチャクラを塞ぐようにくっついていたために、
天使やマスター、龍達との会話に支障が出ていたようです。
それでなくても年末という慌ただしくて日常的なことに忙殺される時期ですので、
彼等とゆっくり会話していないことに疑問を抱くことのない時でした。
こういうことが今回のような怪我に繋がるのかと、肝に銘ずるのみです。
しでかした本人は悪意はなく自分がいたことで私に影響が出るとは理解していません。
子供なので理屈も通じません。
だから、クリスタルに入って貰った後は、すべて天使に任せました。

治癒のためにかこの一ヶ月はよく微熱が出ている私。
上がり始めは寒気がするので無意識に、エアコンの真下で丸くなることが、
度々ありました。
それで気がついたのですが、その場所って霊の気配がする。
消しても、気づくと別の何かの気配がある。
これを繰り返してようやく理解しました。
霊道です。
私の部屋のエアコンの真下あたりのスペースにどうやら霊道が通っているのです。
外出から帰ってきた時に時々、
アパートの自分の部屋に入ろうとして隣の部屋に鍵を差し込もうとする
ということが何度かありまして、空間に何かの歪みがあるのは気づいていましたが、
ほぼ隣のことなので気にしていませんでした。
この隣の部屋、私が入居してから4度人が変わっているという、
とても人が定着しない部屋なのですが、霊道が通っていたのならさもありなん。
これが何かでずれて私の部屋に1部かかってしまっていたのに気がついてなかったのです。

私自身、この数年呪詛の影響を受けていたので感覚が鈍っていたのもあるかもしれません。
通りすがりは、霊道の通りすがりだったわけです。
誰もいないはずの時も隣に人の気配がしたりするはずですね。
原因がわかったので、早速霊道の対処をいたしました。

痛い目に遭う前に気がつきたかったと思う私です。
nice!(11)  コメント(2) 

B116誕生 [オーラソーマ]

CIMG2099.JPG
姉の家で2日遅れの義兄の誕生日を祝って帰宅し、パソコンをつけた私の目に飛び込んできたのは、
ボトル誕生の速報でした。
しかも色がロイヤルブルー/マゼンタ
私がミレニアムボトルの時にオーダーしたコンビネーションの上下逆ヴァージョン!!
我が家のそのボトルは写真のように上側がコーラル化してしまいましたが、
これはこれでお気に入りです。

ニューボトルの名前は「クイーン・マブ」

大天使のシリーズは、止まったようですね。

詳細はリンク先をご覧くださいませ。
  https://www.aura-soma.com/downloads/Emails/b116/japanese.html
nice!(13)  コメント(2) 

怪我の経過報告 [ボディケア]

CIMG2255.JPG
4日の午前中に無事抜糸が済みました。
抜糸が済んだ時、医師からは怪我の部分にバンドエイドを貼られたのですが、
私は昔からバンドエイドにはかぶれやすいので、帰宅後ケアリーブと貼り替えました。
そしてその上にマスクして医師に勧められた遮光テープなるものを買いに出かけました。
ところが、みつかるのはキネシオテープばかり。
ある大手ドラッグストアでは、「病院で扱うものは売ってない。」と宣う始末。
自衛隊中央病院の医師は、「ドラッグストアで売っているから。」と、言っていたのに。
違う系列のドラッグストアを数件廻ってやっと見つけました。
ネクストアのキズあと保護&肌にやさしい不織布テープです。

これが何故必要なのかと言いますと、
傷跡に日光をあててしまうとケロイドになりやすく、
こうなるとシミが酷くなってしまうとのこと。
今回怪我したのが顔なので、本当にできる限り傷が残らないようにと、
私が口にする前から配慮いただいていて、ありがたい限りです。

すでに縫って貰っている段階で、
「傷跡が残らない」は、3次元的には不可能なこと。

奇跡的に半世紀生きてきた私なのに、今回のことで、
「嫁入り前の顔に傷跡を残すなんて。」と、言われるとは思いもしませんでした。
どうも、私の周りというのは、私が抱えている現実が見えていないらしい。

私自身は太陽星座も月星座も乙女座生まれという超リアリストなので、
理想と現実の間もじっくり見つめるタイプ。
でも、スプラッターなものや傷口とかを見るのは苦手なので、
看護婦とかには絶対むかない人。
実は抜糸が済んだ傷口をまだ1度も見ていない(^^;)
バンドエイドを替える時も半目で傷はまだ見ないように隠しながら替えたという・・・。

今週中にはかかりつけの歯医者さんへ行って、
自衛隊中央病院の医師からいただいたお手紙を持っていって診療の予約をとろうと、
考えています。
歯のためには一日も早くケアを受けたほうがいいと思うけれど、
上唇の傷跡が大きく口を開けるのには抵抗が出るので、
タイミングを計っているところです。
タグ:傷口のケア
nice!(9)  コメント(2) 

年頭のご挨拶 [オーラソーマ]

CIMG2210.JPG
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

今年は2019年ですので2+0+1+9=12,
1+2=3 全体数としては3の年です。
3の年は社会生活において活動が活発になる年といいます。
また、社会や仲間に対して自己表現していくことが重要になる場面も多いかも。
オーラソーマですとこれに個人の誕生日から出す数をプラスして
イヤーボトルというのを算出します。
ご自分のを知りたい方は、ご相談ください。

イヤーボトルについて2018年と2019年のものと自分について短いコラムを
虹いろバトンに書きました。→https://ameblo.jp/asiactjapan/
転倒がこれ用の写真を撮る前でしたので、
プロフィール写真は以前のから使っていただきました。

年末のブログでの近況報告にご心配いただきましてありがとうございます。
抜糸の予定は4日です。
私は本当に寝正月しています。


nice!(7)  コメント(2) 

冬期休業のお知らせ [営業のご案内]

FBですでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、
クリスマスの日に近所に買い物に出て転倒し、緊急搬送されました。
口を中心に強打し、犬歯が折れ、数針塗って貰っている状態です。
脳は無事、あとは膝に青あざが出来たくらいです。

身体は元気と言っても口が使えないので、流動食になっています。
なので、今年は早めですが本日より1月5日までは完全休業いたします。

大掃除は諦めました。

搬送先は、女性だからできる限り傷が残らないようにとの配慮で、
区内ではあっても少し遠い自衛隊中央病院へ。
歯が無くなっていること、飲み込んだ可能性もあることで、
最初は歯の捜索から始まり、レントゲンとCT撮影して、
裂傷のなかにめり込んでしまっていた折れた歯を発見。
これがみつけないまま傷を縫合していたらとんでもないことになるところだったと、
救急対応してくださった医師も胸をなで下ろしていました。
そして、傷口の縫合は歯が抜けてしまった部分の処置もあって、
歯科で口腔外科の医師に担当して貰いました。


正直、地面にぶつかった時の衝撃は半端なく、
私自身は前歯全部折れたかもと思うほどでした。
家族への説明では状況からすると傷がこの程度なのは「運が良かった」と、
言われたそうですが、転んだ時持っていたバッグにつけていた
鎌倉の長谷寺でいただいた「身代わり鈴」が粉々になっていました。
あの鈴が売られているのを見た時、一つ持っているように言われていたのですが、
本当に身代わりになってくれたのだと感謝です。
落ち着いたらお礼参りに行こうと思います。

お昼前に出かけた30分もかからないはずの買い物のはずが、
病院で会計をお願いするのがぎりぎり17時10分前でした。
区役所(支所)への連絡が間に合って良かったです。
おかげで痛み止めも受け取れたし・・・。

医師の説明では、治り出す今日が痛みのピークとか・・・。
夜ぐっすり眠りたいので、残りの薬は飲まずに今はノニジュースで
痛み止め代わりにしています。


こんな状態ですので、
今年は年頭の挨拶も更新できるか判りませんが、
皆様よいお年をお迎えくださいませ。
タグ:冬期休業
nice!(9)  コメント(2) 

石の感じ方 [クリスタルヒーリングⅡ]

IMG_20181205_122831.jpg
昨日前記事で紹介しているロックガールの3本目のビデオが公開されました。
ビデオを見ていると、彼女の感じ方は私よりも路子のに近いのかもと思いました。
私と親友だった路子は、クリスタル好きという共通の趣味をもち、
クリスタルと会話するという特技も共通でした。
ただ、私よりも彼女の方が感じ取れるものが、あきらかに多かった。

ユニークな石が好きという彼女が見つけてくる石のなかには、
私なら目に留めないというものも多く、感覚や感性の違いを個性として
認めることを学ぶソウルメイトでした。
ですから、自分と違うということは気にならない私ですが、
私と同じように感じる人にはお目にかかったことがないので、
これを他の人に伝授できるものとも思っていません。

ただ、自分の感じているものに対しては絶対的な信頼をよせる
必要性を知っているから、自分を否定はしません。

直感的になされる石の精霊達とのテレパシックな会話で、
瀕死な状態であっても回復して人のためにまだ働こうという意志を感じることも、
母なる地球のもとへ還りたいと望まれることもある。
私はそういう風に感じたものを信じて行動に繋げていくだけで、
ファンタジックに石の妖精の姿を見て会話しているわけではありません。
これができるなら是非したいと私自身も望んでしまいます。

物語のように劇的な姿ではないけれども、
私の元には自然に石が集まる様子から、
石達からも私が受け入れられていることを確信するだけです。
似たような感覚を犬にも感じることがあります。
飼い主の手を離れて私に寄り添おうとする犬に度々出会うからです。
(私は訓練畑の人なので厳しいタイプだと自覚しているのですけれど・・・。)

「それぞれの霊的世界があり、そこの住人に愛されている」
これが私が感じているものを一番表現できる言葉でしょう。


最後に、最近の心ない高圧研磨機で削られたパワーのでないパワーストーン達ですが、
手元にあるので試験的にポマンダーで全体を丁寧に磨いてあげたら、
パワーが外に出るようになりました。

死んでしまっていない、パワーが0になっていない、
表面をプラスティックコーティングされていたりしない石であれば、
石に対してもオーラから回復させるという方法は有効なようです。
nice!(11)  コメント(0) 

パワーのないパワーストーン [クリスタルヒーリングⅡ]

20181211184351.jpg
路子が他界してから実質休止状態のクリスタルキングダムの活動(リサイクル活動)ですが、
私は諦めてはおらず、タイミングを見ています。
今は、送られてきたクリスタルは、私の元で多くは御休中になっています。
この送られてきたクリスタルのなかに奇妙に思えるものがいくつか混じっています。
なかには一目で偽物と見分けがつくものもあるのですが、
それらは見て、触れてもわかりにくいものたちでした。
上の写真を見ても、偽物翡翠のブレス以外は、
判りにくいかと思います。
けれども、どこがおかしいかと言いますと、
殆どパワーがないのです。

稀に、元の持ち主が石のパワーを絞りきってしまって石のパワーがすかすかな状態に
なっているものも送られてきます。
ところが、これらはそういうのとも違うのです。

パワーが殆どないということと外見だけは美品であるというのが、
共通のものたちでした。
何年も私にとっては謎でした。
これに明確な答えをくれたのが、近年私が注目していたロックガールです。
ビデオのなかでロックガールが語るパワーストーンについての内容には、
驚き、怒りがわいてくるほどです。
私は何年も店頭でクリスタルを買うことをしていなかったので、
こんなことになっているとは気づいていませんでした。
ですので日本のこの市場のとんでもない実態を皆様にも知っていただきたく、
こちらのブログでのリンクを願い出ました。
有り難いことに許可をいただけましたので下にリンク先をアップします。
本編は登録した人のみが見られるビデオ講座になっています。

プロモーション部分だけでもインパクトのある内容です。

私はこれまでも何度かロックガールの無料のビデオ講座を拝聴させていただきました。
過去にも強引な勧誘などはありません。ですから、安心して登録、ご覧ください。
さらなる興味の出た方はクリスタルへの学びを深めていただきたく思います。
1人でも多くの人に知っていただいて騙されることのないように、
地球とクリスタルを愛するものとして心より願っております。

リンク先→ http://www.psrvideo.com/lp-psm/lp01/


nice!(13)  コメント(6) 

ブッディ体の病み [治病]

IMG_20181116_125645.jpg
ヒーリングを必要とする場所が、高次元になり、
資料が少なくて困ります。

いや本当にこんな次元で病むことがあるのかと驚く話なのですが、
ある人のブログに書かれた説明を読み、
妙に納得できました。
それは、エネルギー身体各層について簡単に説明されたものなのですが、
ブッディ体は「「ワンネス」とか「集合意識」とかの領域が関わってきます 宇宙の昔の記憶「一万年以上前」とかの情報も保管されている様です。
とこの人は書いています。
これを読んだ私は腑に落ちたわけです。

私には子供の頃から「私達は、大河の一滴である」と表現されたりする感覚がないのです。
その代わりに絶対的な孤独がついて回る。
百人の人の中にいても千人の人の中にいても、
大多数の人の意識と同調することがない自分を知っているのです。
別にこれが悪いことであるとも思っていないし、
自分と違うほかの人のことも尊重しているので、
別にいいかという感じで生きてきました。
命に貴賤はないことも理解していますし、
この意味では、万物の平等と尊さをも理解しています。
この感覚は、むしろアートマ体次元の開きによるものと同じブログでは、
説明されています。
石と本気で対話している私の感覚や能力は、この次元によると考えられます。

つまり、私が病んでいるのは、ブッディ体となるわけです。


ブッディ体はコーザル体にある情報をもとに実現させる力を持っています。
私の場合はこの実現させるものが、ネガティブ情報に偏っていた
そんな感触がしています。

前世の私を幾つも俯瞰すれば、
自分が常に聖人君子だったとは言わないけれども、
権力の中枢近くに生まれ続けた割には、
私欲で動かなかった人間であったとも思います。
ただ、権力をもつ立場にいるということは、無用な怨みも買いやすかった。
前世で呪われたというのは、大体こういう理由です。



集合意識を大切にしていた時代を終えて、
個性化のアクエリアスの時代への改革のエネルギーの現れなら、
私が病むことも必要なことであったのかもしれません。
nice!(13)  コメント(4) 
前の20件 | -