So-net無料ブログ作成
クリスタルヒーリングⅡ ブログトップ
前の30件 | -

クリスタルの効用 [クリスタルヒーリングⅡ]

人によると現在はクリスタルについて第三次のブームが来ているらしいです。
確かに通勤時間の電車で中堅サラリーマン風の男性の手首にクリスタルブレスがはまっているのを良く見かけたりすると、クリスタルに対する人の意識が変わってきたことを実感します。
女性はお守りの感じで身につけている人も多いのではないでしょうか。
どのように身につけるかは個人の自由ですが、目的で効果的な身につけ方は変わると思います。
私はほぼ薬代わりに外出中は常に身につけているペンダントがあります。
このペンダントは生まれつき機能の低い私の内臓の働きを健常者並みのレベルに引き上げてくれるのです
こうした効果を狙う時はなるべく石が肌に直接触れる位置に身につけるのがいいのです。

また、クリスタルがその力を最も発揮してくれるのは、
私達が神性の意識にいる時、つまりは高次意識と同調している時なのです。
このために、クリスタルヒーリングは瞑想状態へと誘導すると効果が高くなるわけです。


私自身は自分へのクリスタルヒーリングは、瞑想を行なっていましたが、
他者に対しては症状別にクリスタルを処方したり、
選ばれたクリスタルから状態をリーディングしたりということしかしてきていませんでした。
しかし、ヒーリングという観点で見るならば
レイアウトして瞑想誘導することの重要性を改めて考えずにはいられません

少し感覚をつかむための練習をした後になるべく早く提供できるようにしたいと思います。
一般的な意味でのクリスタル・ヒーラーとしての力を発揮していくことに対して
自分自身へのGOサインを得たような気分でいます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

豊かさへのレシピ [クリスタルヒーリングⅡ]

ご存知の方も多いでしょうが、私は現在細々とではあるけれど働きながら生活保護を受けている。
生活保護のシステムは足りない分を補う意味で支給されるので、
収入があがると支給額がその分カットされるのです。

先日、この話を聞いた友人がふと、疑問に思ったらしい。
私が生活保護を受けることになったのも、ハイアーセルフやアセンデット・マスターの導きによるもの。
そして、ハイアーセルフは私がする仕事としてヒーリング以外の答えは返してこない。
けれど、ヒーリングの仕事をしていても現状では、豊かとはいえない生活が続いているのです。

突然「あなたのハイアーセルフにきいてみてもいい?」というので承諾しました。
私の目の前で友人はいくつかの質問を投げかけ、その答えを教えてくれましたが、
それは、自分では意外なものでした。
「既存のヒーリングでないヒーリングだって、これについては直感に注意するようにって。」
つまり、現状資格を持って営業しているのとは違うところに、
私がするべきヒーリングがあるのだというのです。

確かに天使達からの数字によるメッセージでは、度々
「早くはじめなさい」
「あなたの使命に今、とりかかりなさい」等の
まだ何もしてないのかと思われるメッセージは現れていました。
そして、これを見る度私は何のことかと首を捻っていたのです。


オリジナルのヒーリング・・・・・・考えていたって創れるものではありません。
しかし、直感にしたがっていくことで、どうやらクリスタルヒーリングらしいことが解かってきました。
今日は既存の知識に頼らずハイアーセルフの導きと直感にしたがって
レイアウトで使用するクリスタルの種類をリーディングしました。
すでに、定番化しているといえるレイアウト的種類もありましたが、
結果に私自身が「うそでしょう!?」といいたくなるケースもありました。
例をひとつあげるならエメラルドはハートには使わないというものです。

リーディングされたクリスタルのほとんどは手元に揃っているので、いつでも開始できます。
さらに、今日のメッセージでは、「必要なものはすべてもたらされる」というのが・・・。

実は私の所へは昔からクリスタルが集まってくるのです。
この意味ではクリスタルとは深いつながりがあるとは思っていたけれど、
使命のレベルで関わるとはあまり思っていなかったのです。

さて、ハイアーセルフからいただいたレシピで今後クリスタルヒーリングを展開することになりました。
これが、どのような結果をもたらすのかは、回を重ねていかなければまだ見えないものがあります。
ただ、私達は生まれもってきた使命に沿った生き方をしている時に、
心もからだも、物質的な生活さえも豊かなものになるのです。
これこそが豊かに生きる最も安定した道であるといえるでしょう。

私は自己の中にある豊かさにやっとアクセスが始まったのです。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

エッセンスからクリスタル [クリスタルヒーリングⅡ]

2589701
昨日の新月のコラボの時に、自分が飲むエッセンスを選んでみました。
普段自分ではエッセンスのみ飲んでいて、
クリスタルヒーリングはまた別に考えるのですが、
今回のテーマはちょっとしつこそうでしたので、
自分でもコラボで提供しているように花から必要なクリスタルを割り出してみました。

するとやはり日常自分が必要としている石が多く現れてきました。
その筆頭にはエメラルド、ロックルビー、ラリマーと高額な上に
パーツとしてはあまり手に入らないものがぞろぞろと続きます。
そこで一計を案じて普段身につけているこれらの石の入ったネックレスをそのままに
必要と出てきたけれど普段身につけていない石だけを集めてブレスレットを作り
セットで身に付けることにしました。


クライアントの多くの方々は、コラボで作成したアクセサリーを身につけると
視界がクリアーになると仰る方が多いのですが、
もともととても視力の良い私には、これは体験できませんでした。
ちょっと残念(笑)
でも、確かに頭のエネルギーがシフトする感じはありました。
ハートに重点を置いた花のセレクトをしているのに、です。
これは自分の意識が自己の体験を創りだしていることと
関係があるのだと思います。

さて、このエッセンスをドーセージボトル(数種類が調合されている)で飲んでいる間は、
クリスタルもこのままで今回は自己のヒーリングに向き合ってみます。
飲み終わった時にどうなっているのか楽しみです。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

魔法の杖 クリスタルワンド [クリスタルヒーリングⅡ]

2906645
今回の買い物で、女性の皆様に好評のクリスタルワンド。
どのように使うものかといいますと、
実は売っているお店の人も知らなかったという笑い話のような実話、
多分、あのブースのオーナーの外人女性は知っているのでしょうが、
サポートボランティアの日本人は、知らなかったのでした。
それで買う時に説明を求められました。

クリスタルヒーリングでは、クライアントに横になってもらい
身体の各チャクラの位置にそれぞれのチャクラに有効な石を並べます。
当然人によってエネルギーの活発な場所と不活発な場所は違います。
例えば冷え性な人というのは、ベースチャクラが不活発で上半身にばかり
エネルギーが偏っているのです。
このエネルギーの流れを下に導いていくのにワンドは使います。

不活発なチャクラを特にチャージする時も効果的に使えます。
この他にも使い道はありそうですが、
それはおいおい私も学んでいくとしましょう。

良質なワンドは握っただけでもわかります。
流れているエネルギーが違うのです。
でも、こういうものは大抵何万もします。
やはり、魔術的な道具なのでしょうね。
形だけまねても対して使えないものが、多く市場には出回っています。
まぁ、デザインで選ぶなら使える使えないは、関係ないのでしょう。

クリスタルを使ったヒーリング瞑想は、
時間さえ越える無限の可能性を秘めています。

2906644
nice!(22)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クリスタルからリーディング [クリスタルヒーリングⅡ]

2983242
売るほどある我が家のクリスタル達、種類も豊富でちょっとした博物館並みかもしれません。
先日いらした方は、占い師さんの部屋のようと言っていましたが、
外に見えているものでの感想ですから、実際はそんなものではありません。

私は床が抜けないように、なるべく大きいものは手を出さないようにしています。
また、クリスタルヒーリングでは、クライアントに選んでもらった石をレイアウトして
瞑想誘導することもありますので、
体の上においても重さが負担にならない程度の大きさが望ましいのです。

オーラソーマのボトルと同じであなたが惹かれる石には、
あなた自身の情報がいっぱいです。
沢山あるクリスタルの中から好きなもの惹かれるもの気になるものを
チョイスしてもらうだけでも肉体、感情体、精神体、魂と様々なレベルのことがわかります。

反対に新月のコラボでは、選べなかった石の情報も読んでいます。
これはその人が1番苦手としている部分を表していることが多いのです。


さぁ、あなたはどの石が気になっているのでしょうか?


もうすぐ2000nice!達成です。
クリスタルの欲しい方は、注意していてくださいね★
反対に要らないという方にも注意をお願い致しますm(_ _)m

nice!(29)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クリスタルでヒーリング [クリスタルヒーリングⅡ]

普段私は自分のことをセラピストに位置づけしています。
ヒーラーとは名乗りません。
しかし、私が得意とする癒しの手法のうちクリスタルだけは、
セラピーとは言えません。


では、皆さんはヒーリングとセラピーの違いは何かご存知でしょうか。

どちらも癒しの意味を持っていますが、
セラピーには治療の意味が含まれてきます。
治療というからには、ここには一定の法則性があることが条件です。
1の症状にはAという花が効果があるといった規則性があるものなのです。

ですから私は、はっきりと自分を治療者というところに位置づけていることになります。

一方、ヒーリングとは効果に対して規則性がないものに使われます。
クリスタルは、本屋を覗けばお解かりでしょうが様々な人が
石の種類別の効果について本を書いていて、
大筋は一致していることもありますが、
細かいところでは、謳われる効果はバラバラです。
実際のところ、誰が何を書いても間違いではないほど、
石の効果というのは、一定していないのです。
恋愛に働くアメシストという人もいれば、
私のようにアメシストを精神性の石という人もいるわけです。

何故このようなことがおきるかというと、
石のパワーのどの次元にアクセスしているかの違いがあります。
波動という次元でアクセスする場合、
種類がもつ波動もあれば、個体が持つ波動もあります。
これで当然違った結果が出てくることでしょう。
このほかに色でアクセスする方法もあり、
物理的次元の形でより分ける方法もあるのです。

結果について一定の法則性が出せない理由がわかりましたか。
本当は規則性がないわけじゃないのですが、
あくまでも誰が使っても同じ結果が得られるというものではないので
規則性があるとは証明が出来ないのがクリスタルヒーリングなのです。

この為、クリスタルについてはセラピーという言葉は当てはまらないので、
この分野に関しては、私もヒーラーを名乗ることになるのです。
nice!(26)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

新しいクリスタル [クリスタルヒーリングⅡ]

3325724
土曜日はいつもの勉強会です。
昨日は、アトランティスの一都市とクリスタルについて学びました。
江ノ島のcafeでは、「クリスタル・キングダム」の活動が細々ではありますが始まっています。
クリスタルとは深い関わりを決めている自分です。

現在新種と呼べるクリスタルが見つかり、
それらがヒーリングツールとして追加されていることには、
ある都市の人々の貢献があるのだということに、昨日の勉強会で気がつきました。


新しいクリスタル、メタモルフォーゼやスーパーセブン、レムリアンジェード等が
明らかにこれに該当するクリスタル達でしょう。
私と友人もまだこの新しいクリスタル達のことを理解できたとはいえないのですが、
特徴的なのは、光とそのエネルギーの働き方でしょうか。
光についてはこれらの石を見ていただければすぐわかることだと思います。
今までの石達と違って、外に向かって光を放っていないのです。
そして、持ち主である個人との結びつきが強いようです。
それだけ石と人間がシンクロしているといえるでしょう。

人間とクリスタルの新しい関係は、始まったばかりです。


過去の関連する記事
http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2008-07-03
http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2008-09-29
http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2009-06-13
http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2009-06-30
nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

何故クリスタルは肉体に良く働くのか [クリスタルヒーリングⅡ]

3346711
クリスタルは形は3次元に属しています。
当然ですよね、私達の眼に見えているのですから。
その意識体はエーテル体と肉体に働きかけるのを得意としています。

クリスタルに意識があるということを多くの人間は、理解できていません。
彼らには生物としての形態がないからでしょうが、
実はクリスタルたちは非常におしゃべりです。

アクセサリーを作る時、一緒に使われる石や金属の素材にまで、
果ては身につける時の場所をリクエストしてくるのまでいます。
この声を無視して作るとできあがったものは、
エネルギーバランスの整わないものになってしまうのです。

最もおしゃべりといわれるのは、アズライトですが、
それはこの石が石との会話に使われる第3の目のエネルギーを活性化するからと
言うだけの話で人間と同じで寡黙なこもいれば、
マシンガントークのこもいる、それぞれに個性が違うだけの話なのです。

そんな風に意識を持つ存在だから、
彼ら自身から私達への意識的な働きかけがあるからこそ
大切にすれば石も持ち主の為に働いてくれるのです。

3300613
これは以前いた会社で私がアイディアを出したジュエリーポーチです。
nice!(30)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クリスタルが効かない!? [クリスタルヒーリングⅡ]

3403190
最近、クリスタルを使ったヒーリングをしていても、
以前のように効かなくなってきました。

前は背骨が音を立てて移動していくので気持ちよかったのに・・・。
友人は、エッセンスが働かなくなってきたらしい。
二人とも、大きなエネルギーを扱いなれてきたからか、
毎月のセレモニーに参加して波動をあげてきたからか、
理由はいろいろ考えられるけれども、
問題は、肉体に不具合が残っていることです。

とりあえず、いつも身につけているネックレスの石をリニューアルしてみました。
大分多くの石をはずして、自然に帰すことになりました。
当然新しい石も追加されています。
けれど、これもいつまでもつのやら・・・。

本当に自己のエネルギーの変化に加速がついてきているのを感じる今日この頃、
このネックレスの組み合わせも暫定的なものに過ぎません。

池袋で今週の金曜からミネラル・ショーが始まります。
とりあえず行った方がよさそうではあるけれど、
特に目当ての石はなし、あと一歩自分に働くものが見つかれば・・・という、
気分の今日この頃です。
nice!(22)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

レア・ストーン [クリスタルヒーリングⅡ]

3407345
池袋にミネラル・ショーを見に行ってきました。
一応ピンクトパーズを探してみましたが、インペリアルのいいカラーのは、
沢山見かけたのですがピンクはいません。
さすが、宝石の中でもレアストーンに入れられるだけのことは、
あるのかもしれません。
けれど、別の意味でのレア・ストーンに今回は出会いました。
それが写真のトパーズです。

色は、最近出回り始めたコニャックとシャンパンの中間系、
ピーチといってもいいようなタイプですがその中では薄めで、
ルーペで見ないと色が確認できないくらいです。
我が家はこういう極端に色が薄いけれども無色でないという石が結構来ます。
この石の珍しさは、中央に別の石が入っていることです。
トパーズの中に他の石が入り込むことは全くないことではありません。
よく見かけるのは、ルチル入りのトパーズです。
しかし、中に入った別の石が本来の性質のままに結晶しているものは多くありません。
この石は、トパーズの中でフローライトが結晶し、八面体を構成しているのです。

トパーズの中に自然のピラミッドが出来ているのです。
手に持った瞬間体が震えるのが解かりました。
こういう石は、一生に一度遇えるか遭えないかと言う石です。
値段を見ると本日の予算を弱冠上回っていたので、
残念ながら戻そうとすると、通訳の人が、
「ついている値段の半額になりますから。」

それは、予算の範囲内じゃないですか!

ということでお持ち帰り決定です。
大きさもそこそこあるので、このまましばらくはヒーリングに使って余裕が出たら、
指輪にしようと思っています。

こういう普通にない石は、ヒーリングとしてどんな働きをするのかのデータはありません。
けれども、手にした時の衝撃の走り方で自分に働くことは確信できます。
これからのワークが楽しみです。
nice!(27)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

過去世ヒーリング [クリスタルヒーリングⅡ]

3439718
ヒーリングの世界において時間という概念は、三次元に固定されたものではありません。
時間が常に一定方向、過去から現在そして未来に向かっているというのは、
三次元における概念です。
つまり、過去世は過去であると同時に今に重なって存在しています。
だから、今この瞬間に違うものを選択することで、過去も未来も違ったものになるのです。

クリスタルヒーリングでは、変性意識に入り過去のエネルギーの質を変化させることで
過去世ヒーリングは、成り立つのではないかと思っています。

単純な話、今というスタート地点が変われば未来が変わるのは、
誰でも理解できることだと思います。

実はこれの応用で今を変えることで過去も変わるのです。
それは、今と過去が同時に存在しているからです。
ですので、本来過去を変える必要はなく、
「今」この瞬間に集中することですべてを変更することが出来るというものです。

三次元に縛られてしまうとこの辺りのことは理解が難しくなります。
しかし、もともと私達人間は三次元に固定された存在ではないのです。

心霊相談には次のようなものもあります。
過去世の自分が現在の自分に影響を及ぼしています。
しかも、自分は生まれ変わってここにいるのに、
過去世の自分が成仏していないって何?

驚いてはいけません、こんなことはよくあることです。

ある意味で、これこそが多次元世界を表す現象の一部です。


過去世を癒すというのは、昔の自分の悔いを解消することです。
昔の自分が得られなかった愛を得ることではありません。
その昔の自分には、気づくことが出来なかったものを見つけることで、
ほとんどの人は次のステップに進むことが出来ます。

なぜなら、私達は自分が受け取れないでいるだけで、
常に無条件に愛された存在だからです。


今回の写真は、「過去世を癒すコンビネーション」クリスタルで作成した
ネックレスとピアスです。


関連する過去記事

ゆでた海老が生き返る   http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2008-05-19-1
今に生きる          http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2008-09-24
前世を癒す          http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2008-12-30

nice!(29)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

石で占う!? [クリスタルヒーリングⅡ]

DSC01288.JPG
元来マインド優勢型の人間である私は、ハートにイニシアチブをとらせるのが下手です。
ハートで何を感じているのかがよくわからないことも少なくはありません。
このため、ハイアーセルフやハートで何を望んでいるのかを
質問して確認することが増えました。

チャネリングやトランスミッターのマスタークリスタルなどを使って答えを聞く方法もありますが、
これは答えを得るまでにどのくらいの時間がかかるか読めません。
そうしているうちに日常に定着したのが、ダウジングでした。

最近は写真のラリエットにしたものを外出中には使います。
いつでも首から提げているから使いやすいためです。

すっかりこれが定着した感じがしています。

ふと、気がついたのですが・・・、
私が住んでいるのは、世田谷のきぬた地区と呼ばれる地域です。
これは、現住所の地名とは違うのですが、
きぬたは「砧」と書きます。

石で占うと書くのです。
なんだか出来すぎと思う反面、言霊の力かしらとも思ったりしました。
nice!(19)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

音叉を使ったクリスタルヒーリング [クリスタルヒーリングⅡ]

DSC01328.JPG
昨年の夏、セラピスト仲間の紹介で受けたのが、
リバークリスタルと音叉を使って行うクリスタルヒーリングでした。

リバークリスタルというのは、水晶が川などに落ちて川底を転がるうちに
結晶の周りが削られたものを呼びますが、
世の中に出回っているこの石がどこまで本物かは不明です。
中身はちゃんと水晶でしょうが、削られ方は天然なのか?というだけですが・・・。

写真は天然もの、しかもこれは水晶ではなくトパーズです。
でもこんな感じで表面が削れてしまったものとお考えくださいませ。

そのクリスタルを間接やチャクラの位置において、
音叉を使って振動させるのです。

力を使わずして細胞の深いところに届くという
とても気持ちの良いヒーリングセッションでした。

身体の場所によって使う音叉が違うそうで、
上級クラスになるとクリスタルボウルで音叉を使うとか・・・。

クリスタルボウルは名前の通りに水晶で出来たボウルです。
形は仏壇の鈴を髣髴させます。

とても高価でデリケートなものなのでこれでドレミの音階をそろえるといったら、
オーラソーマのボトル全部よりも高額でしょう。
私が受けたその人は修行中ということで無報酬でセッションをしていましたが、
私も夕飯を準備して、与えられる情報はなんでもシェアしてという感じで、
できる限りの対応をさせていただきました。

また、チャンスがあれば受けたいとおもうヒーリングセッションです。

胸部のエーテルギャップ [クリスタルヒーリングⅡ]

ハートの痛みに対処すべく様々なクリスタルでアプローチをしていた私ですが、
とても驚くべき体験が得られました。
胸部部分のみのエーテルギャップの戻りです。

エーテルギャップとは、強いショックを受けた時にサトルボディの中のエーテル体のみが、
身体の左側にずれてしまう現象を言います。
詳しくは過去記事をご覧くださいませ→http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2008-04-02

過去これを癒すべくオーラソーマのボトルとポマンダーを大量消費し、
それでも戻らないのでヒプノのセッションを数ヶ月受け続けたり、
バッチのフラワーエッセンスで、合計四回リーディングしてもらい
エッセンスを飲んでいたある日、やっと腰の部分で瞑想中に身体の左側からずるっと動いて、
身体の中央に戻った体験が私にはありました。

今回これと同じ様な体験が胸部部分でのみ起きたのです。
ハートへ、メタモルフォーゼス・ローズクォーツを使って瞑想中のことでした。
腰で戻りを体験していたから、もう大丈夫と思うのは甘かったようです。

成る程私が自分のハートがつかみにくいのは、こうしたことも影響していたのですね。

図らずも、ハートの癒しとしては、大きな前進があったとは、言えそうです。
nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

当選者発表 [クリスタルヒーリングⅡ]

DSC01513.JPG
先日の1000記事達成記念プレゼントに多数のご応募をいただきましてありがとうございます。
リング以外は、用意した数よりも希望者が全て上回り抽選となりました。
抽選は、勉強会に集まった仲間に協力していただき、
本日抽選を行いました結果、以下のようになりましたので、
ここにお知らせいたします。

見事ピアスに当選したのは、doraさんです。

ネックレスに当選したのは、有実子さん

ブレスは、Delica☆さん、しばはなさん、ruriyさん

リングは、tsworkingさん、mo_coさん

以上の当選結果となりました。
当選されました皆様おめでとうございます。
又、惜しくも選に漏れた皆様、残念でした。


リングが1番沢山用意されていたのですが、希望者が少なかったので、
リングについては抽選は行いませんでした。
リングの当選者のお二方は、希望サイズを改めて私までお知らせ願います。
そして、ブレスが当選されたお三方は、手首の周囲のサイズを私にお知らせ願います。

それぞれサイズ調整をしてから送らせていただきます。


また、このようなプレゼントの実施が次、何時行えるかは、わかりませんが、
これからもマイペースをモットーにこのブログを続けていこうと思っておりますので、
皆様これからもどうぞよろしくお願いいたします。



 
nice!(22)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

Tea Time -石についての裏話- [クリスタルヒーリングⅡ]

DSC01598.JPG
月曜日に鎌倉某所に出かけてきたことは、書きましたが、
この日は陶芸家、中川 太亀(なかがわ たき)さんのつくる器にて、
美味しい料理をいただくという幸せなランチをしていました。
どの器も手作りならではの味があり、料理と器を堪能し、
作り手の裏話なども伺えて、楽しい時間を過させていただきました。

そして金曜はやっと出かけられた蒲田、蒲南茶荘にて、
急須を購入してまいりました。
実は九月半ば、愛用していた耐熱ガラスの急須の腹に横にひびが入っているのを発見。
けれども、こんなひびが入る可能性のある出来事は、八月にあったことくらいしか考えられず、
一ヶ月も気がつかずに使っていたもよう。
さらに、一ヶ月そのままひやひやしながら使っていた私でした。


店頭にて、幾つかの候補を散々いじりながら、お茶屋さんのアドバイスも伺って、
蒲南茶荘オリジナルの白磁の急須を購入いたしました。
お茶屋さん、お世話になりました。


今週続けて伺ったお話で、改めて陶器と磁器の違いについて学び、驚いた私でした。

子供の頃から、好きで茶道を学び行くくらいですので、
器にも拘りある私ですが、実は自分は磁器の方が好きで、景徳鎮とかも大好きで、
それが何故なのかの疑問が解けたのです。
白磁器は石英を砕いて固めて作られているそうで、
器に使われる上薬は、長石(ムーンストーンやラブラドライトがこの仲間)を水で溶かしてつくるという、
石好きが惹かれて当たり前の産物だったのです。

話を聞いた上でいろいろ触ってみれば、成る程納得の自分でした。
上薬のかかった器は、エネルギーを反射します。
上薬がかかっていても陶器は、長い間の使用で中に滲みこんでいくので、
段々と変色していく変化を楽しむ器なのです。
どちらを好むかは、個人の嗜好といえそうですが、
中国茶は、茶の味に合わせて茶器も使い分けるとは、今週初めて知ったことのひとつでした。
DSC01586.JPG

忙しい時ほど、意識して一服のお茶を楽しむ心のゆとりを
忘れずに過したいと、思う自分でした。
nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

クリスタルの色が変わる!? [クリスタルヒーリングⅡ]

DSC02284.JPG
さて、丁度一年前の今頃、ミネラルショーにて購入したピンク・トパーズが一日で、
色変わりしたことを書きました。
クリスタルと私が関わりだして長いですが、
あのようなことはそうそうあるものでもありません。

クリスタルの中にはアメシストに代表されるように、
太陽光で退色を見せるものもあります。
でも、この場合まさに色が褪せる感じで時間をかけて薄くなるのです。
ですから、あのトパーズには該当しません。

最近、自宅にあるクリスタルで明らかに色が変わったのがあります。
ゴールデン・カルサイトの玉です。
これは前述のトパーズのように色調が変化したわけでもなく、
変化にかかった時間もゆっくりでしたので、なかなか気がつかなかったのです。
枕元にアメシストのクラスターと一緒に置かれているので、
毎日眼にしていたと言えるでしょう。
あんまりにもゆっくりと変化したケースだからなかなか気づけなかったのですが、
色がどんどんなくなっているのです。
現在では光の加減で透明な水晶玉に錯覚することもあるほどです。
DSC01395.JPG
これが購入当時の写真です。
はっきりとしたゴールデンカラーを示しています。
トップの写真と見比べれば一目瞭然です。


このようなケースは実は二度目で、
姉の出産祝いにあげたフローライトがやはり色がなくなっていっているのを眼にしています。

どうしてこのようなことが起きるのかをハイアーセルフに尋ねてみると、
答えは「クリスタルが純化したから」という。
確かに日光で退色した場合のクリスタルと違いパワーはますます高まっています。
私とのワークでカルサイトが進化して波動が高まったというのです。

物理的には、クリスタルは地中から掘り起こされ、
地上に出た時から成長が止まってしまうものですが、
人間とのワークの仕方次第では別次元の成長も出来るのですね。
これをみんなが理解し、受け入れることが出来れば、
いいものを争って狙う必要性などないことに気がつくのかもしれません。

きっと、自分と出会うに足る石が互いに引き寄せ合って出逢うのです。
昨日から池袋でミネラルショーが開催しています。
皆様にもいい出逢いがありますように。
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

私の使命 [クリスタルヒーリングⅡ]

DSC02541.JPG
私は自分がクリスタルに対して何らかの使命があることは、
これまでの経験や他者からもたらされたチャネリング情報でわかっていました。

ただ、それがどんな使命であるのかは、ずっと謎のままでした。

今回写真に使ったのは、私にとって長い間クリスタル・ヒーリングのバイブルだった本です。
この本を手に入れた経緯も今思い返すと半端じゃありません。
二十年くらい前の行きつけの石屋さんで、
「ヒーリングとして買いに来る人が増えたから、仕入れてみたのだけれど、
この本の内容についていけるお客さんはいないから売り物にならない。」
といって、私に無料でくれたのです。

この本の著者がヒーリングとしての石を肉体・感情体・精神体・霊体と、
四つにカテゴライズしているのです。

この本に書かれている情報はとても深くて多く、
読み返す度に発見があると言っても過言ではない本でした。


最近、自身の霊体の癒しに集中している私は、
何かもっと効果的なクリスタルはないかと改めてこの項目を読み返して、
愕然としました。
この本で紹介している霊体の石を使ったヒーリングというものは、
私が目指しているものとは違うのです。
確かに、そこにあるパターンを知りそれを受け入れていくことをサポートできれば、
とても大きな癒しには違いありません。
例えば、今ある肉体的障害の原因が、前世の行いによるカルマだと知ることが出来れば、
前向きに受け取ることも可能になるでしょう
でも、これは全質変容ではないのです。

考えてみれば、霊体(コーザル体)の癒しというのは、
私がすでに体験したように人間のレベルでは動かせないものが含まれています。
クリスタル・ヒーリングであっても、フラワーエッセンスであっても、
そこに違いはないのです。

私が目指しているのは、地球がアセンションする「今」だから、
カルマの消滅も可能であるとしての全質変容の癒しなのです。
これをサポートする霊体の石は、少なくともこの本には載っていません。
自分のガイドから私の目的をサポートする石は存在していると、
メッセージが届きます。
ただ、このような働きに使えることがこれまで明かされていなかったのです。
私は私の感覚を頼りにこの働きの石を見つけ出す必要があるようです。


折しも、六月一日から第25回東京国際ミネラルフェアが開催となります。
今年もすでに呼ばれておりますので行ってまいります。

nice!(18)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クリスタルとの瞑想 [クリスタルヒーリングⅡ]

DSC02739.JPG
クリスタルがヒーリングとして最大限にパワーを発揮するのは、
瞑想中などの高次意識と同調しているときであることは過去記事に書いています。
ですから、日常にじゃらじゃらと石をつけても、
実は多くの場合はあまり効果を発揮できていないとも言えます。
こう書くと、リアルな私が結構じゃらじゃら系なので言っていることと、
していることに矛盾があるようになってしまいますが、
私の場合はヒーリングよりもセラピーとして身につけている、
つまりは肉体に働かせるために身につけているので、
日常のじゃらじゃらも必要なのです。

けれども、大抵の人は私と違い、肉体の不調の調正が目的で
クリスタルを身につけているわけではないでしょう。
恋に効くとか出逢いを呼び寄せるとか、人間関係をスムーズにするなどという
ヒーリング的な効果を期待するならば、
じゃらじゃらと日常に身につけているよりも、
その目的のクリスタルと一緒に瞑想したほうが、
著しく事態の好転に働くのではないでしょうか。

この場合の瞑想とは、イメージングすることはしないで、
石を手にするか、横になって身体の上に置くか、身体の周りを囲むかして、
ひたすら呼吸に集中するような方法がベストと思います。
イメージング、ヴィジュアライズすることは右脳を活性化しますが、
これを意識操作することはマインドが働き、左脳を使うことになってしまい、
変性意識には入れません。
同様に言葉による誘導の入っている瞑想用CDの使用も、
言語が左脳を刺激するので(言語中枢が左にある人の場合)、
あまりオススメは出来ません。
瞑想用CDを使用する場合は、
楽器による演奏のみのものや環境音楽のみのものが理想的と思います。

一度にたくさんの石とワークすることよりも、
数は少なくして、
対象とより深く関わるほうが大きな効果も得やすいのです。
nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クリスタルとの出会いと別れ [クリスタルヒーリングⅡ]

DSC02834.JPG
長年クリスタルと関わってきて思うことなのですが、
彼らとの出会いは一期一会のことが多いです。
ですから迷わずに購入を決めてしまうことが私は少なくありません。

そして、出会いもあるなら別れもあるのです。

出会って自分のものとなったクリスタルとのワークが進むと、
人間相手の場合と同じく、相手から学び尽くす場合があるのです。
これは「卒業」と言い換えてもいいでしょう。
このため、クリスタル・ヒーリングには次々とワークするクリスタルを乗り換えていくことが、
出てきます。

けれども、クリスタル自身と違って人間には、所有欲やエゴがあるため、
もう手放す時期が来ているのに手放しが出来ない人も沢山いらっしゃいます。
そうして、もう自分に働かなくなったクリスタルにしがみついている人をお見かけします。
また、乗り換えることは出来ていても、以前にワークしたその石を、
うまく手放せずにひたすら所有している方も・・・・。

エネルギーの循環というところから観ると、
はなはだ淀んだ状態を自らに創り出していらっしゃるのです。

私が「crystal kingdom」という、クリスタルのリサイクル活動を始めたのは、
この卒業後のクリスタルの循環を、目指してのことです。

現在、新たなクリスタルの市場への供給のために、
地球環境が破壊されているのです。
考えてみてください。
クリスタルは地球の一部です。
採掘は地球の身体をえぐり取るのに等しい行為なのです。
目に触れるひとかけらのクリスタルは小さくとも、
それが採掘されるのには、どれほどの大地と緑が失われたことでしょうか。

すでに地上に出ているクリスタルをもっと効率よく循環させたい。
そんな気持ちからクリスタルのリサイクル活動を始めました。

このブログのサイドバーにはそちらの活動のブログへのリンクも貼ってありますが、
昨年の11月より販売会はストップしております。
というのも、お売りできる石のストックがあまりない状態になっているからです。
基本リサイクルですので、これのために石を仕入れることはありません。
これまでも有志の方から寄付されたクリスタル達が新たな持ち主の所に、
沢山旅立っていきました。

もし、皆様の手元にもワークが済んだクリスタルがおありでしたら、
そのクリスタルが再び働ける状態へ移行することをご一考願います。
nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

IMAGE2013 [クリスタルヒーリングⅡ]

2013100422250000.jpg
今日は役所に行った後で新宿に向かい、IMGE2013というミネラルアート&ジェム展に、
行ってきました。

本日の収穫は、ケセラストーンと糸魚川の薬石、
ツインクリスタルもどきです。
ケセラストーンはメロディさんの証明書付きです。

この石は私の体感では、チャクラの逆回転のある人にもよく働く印象なので、
在庫用に仕入れました。
ツインクリスタルも在庫用です。
厳密にはもどきなのですが、このクリスタルは立派にツインとして働く感触があります。
それなのに何故もどきなのかは、
次回に詳しく書きますね。
2013100422250001.jpg
そして、今回初めて耳にした薬石は、
川口ボーリングの「おじさん」から、その存在を教えて貰いました。
糸魚川産の薬石、姫川薬石という名でも売買されているようですが、
微量の放射性があり、ラジウム鉱石の一種なのです。
おじさんの所では握り石として、販売していますが、
用途は色々で、お風呂に入れてもよし、飲み水に入れてもよし、
がん細胞を破壊し、抗酸化力を高めるとか・・・。
痛み止めとして働いたなんて言う人の体験談もネットではみつけました。
この石の半減期は488億年なので、半永久的にこの力は消えないとか・・・。

そういう細かいことは、帰宅してから調べたのですが、
実際に握っていると実に気持ちのいい石で、手がぽかぽかしてきます。
ですので、肉体的に働かせたい人にはお勧めかもと思いました。
でも、見た目は見事に河原に落ちている石です。(笑)


今回の石の写真を父からもらったカメラで撮ったのですが、
パソコンに取り込めませんでした。
困ったものです。
早く使いこなせるようにならないと・・・ですね。
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クリスタルのリサイクル活動をしています。 [クリスタルヒーリングⅡ]

マクラメimage.jpg
水曜日、お天気はよくなったけれど、私の体調がイマイチなので、
部屋でおこもりしてマクラメジュエリーに挑戦。
体調は背骨の痛みによる不調。
ヒーリングで大きく背骨を動かしてしまったようで、
安定するまでは、ちょこちょこと不調が出ます。
つまりは、好転反応なのです。

ですから心配は無用です。

さて、私の別ブログ「日々是クリスタル也」では、
友人達とするクリスタルのリサイクル活動についての報告ブログです。
あちらは、更新がない時というのは、目立った活動のない時です。
ですが、リサイクル品への寄附につきましては何時でも受付いたしております。

地上に出ているクリスタルをもっと有効に回そう。
地球資源と環境を守ろうというところからこの活動をしていますが、
自分でアクセサリーを作ると、実は私はジレンマに陥るのです。
何故なら、ワイヤーの素材は鉱物ですから本来クリスタルなのです。
つまり、銀や金も地中にあるのを守るべきクリスタルのひとつです。
又、ワイヤーは制作時に無駄になる部分も生じたりします。
私が彫金までする作家なら、溶かしてもう一度針金にして、再利用できますが、
私は自分では彫金はする気になれません。
住環境も影響しますが、何より受け入れられないのは、
彫金作品の考え方だと、クリスタルが人の肌に触れなくなるからです。
クリスタルヒーリングというのは、クリスタルが直に触れていて最も効果の出るものです。

ヒーリング・アクセサリーを作るなら、クリスタルが肌に触れるデザインであるのが、
望ましいと私は考えています。

このような私のニーズにあう制作方法となりえるのが、
マクラメジュエリーかと思い、最近ちまちまと始めています。
荷造り用の麻紐から練習を始めて、写真のはワックスコードを使用しています。
多分使う資材は最適なものを求めてしばらくは、うろうろするでしょう。

次は、ブレスレットに挑戦しましょうか。
フレーム結びをマスターすると、穴の空いていない石を使って制作できるのが嬉しいですね。
nice!(16)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クリスタルの魔法 [クリスタルヒーリングⅡ]

嫁image.jpg
巷では、「魔法使いの嫁」というコミックスが売れています。
確かに面白いです。
私のようにリアルで魔法使いしている人間も楽しめます。

この魔法の世界で珍重されるアイテムのひとつがクリスタルなわけですが、
何故クリスタルが人間に効くのかというのは、
魔法よりも物理の世界のお話です。

私は石とも会話する人ですから、
石に宿る精霊の働きというものが皆無とは言いません。
けれども、石の精霊との意思の疎通もとれない人にも何故石が働くかの答えとしては、
物理現象というほうが理解できるのではないでしょうか。
そして、物理現象なので正しく用いられた場合は、確実に効くのです。
それも特に肉体に。
だからこそ現役の医師がクリスタルヒーリングの本を出版されたりするわけです。


この物理的なクリスタルの働きは、前記事へのコメントに返したとおりで、
石が有する色としての光の反射と透過による働きと、
石の持つ物質としてのヴァイブレーションによる働きです。

光の反射はオーラボディ内にもたらす形なので、彫金されたものも効果が出ます。
つまり、普通のアクセサリーやジュエリーでも、
こういう働きはしているということ。

光の透過の場合は、石のカットの仕方から考え直さねばなりません。
通常のカットはより光を反射させるように考えているからです。
そして、石の中を通った光が肌に当たるように、
裏側を塞がない作りが必要になります。
接着剤で地金に貼り付けているデザインのものには、
まず、こういう効果は望めないということです。

石が持つヴァイブレーションによる働きを期待するなら、
その振動が伝わることを妨げる作りをしてはいけません。
ですから、最大限の効果を望む時、
石は肌に触れている状態がいいのです。

とまぁこんな深々と考えなくても、普通に手にはいるものでは、
貫通玉を連ねたブレスが3つの条件を満たしたものなので、
こんなにブレスが流行ったのかもしれませんね。
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

新たなヒーリングポイント [クリスタルヒーリングⅡ]

本image.jpg
遅ればせながら「クリスタリン・イルミネーション」を読んでいます。
カトリーナ・ラファエルが新しい2千年期のために書かれたという、
クリスタルヒーリングのための本です。

彼女の長年の研究からのヒーリングのヒントがいっぱいつまっています。
三部作と違い、本文中で紹介したクリスタルの写真が、
まとめて掲載されているのがいいですね。

例えばファイヤーオレンジ・カルサイトってどれのことかと思えば、
写真を見ることで、レッドカルサイトで一般には紹介販売されているものであるのが、
すぐ理解できます。

先日このブログ「見えている世界が違う」で、書いたように、
人間の色に対する感受性には個人差があるので、
特定のクリスタルの色については、
「これ」という見本があるのが一番です。

そして、この本を読むことで、自分も太陽神軽叢と、第3チャクラを
ごちゃ混ぜに取り扱っていたことを理解しました。
この二つはいわば別物で、
オーラソーマでいう3.5チャクラが太陽神軽装と考えたほうがいいようです。

これがわかると、長年の鳩尾上部の痛みが理解しやすくなります。
第3チャクラやハートチャクラをヒーリングしても残る痛みを癒すポイントは、
太陽神経叢ということなのですね。


今後は、ここも忘れずにヒーリングポイントとして、
扱っていこうと思います。


nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

怨霊付き!?の指輪 [クリスタルヒーリングⅡ]

emeimage.jpg
私が読んでいてご機嫌になってしまうマンガと出会いました。
二ノ宮友子の「七ツ屋志のぶの宝石匵」(はこの字はこれの簡単な表記です。)。
七ツ屋とは江戸時代の隠語で質屋のことです。
質屋さんを舞台に繰り広げられる宝石にまつわるあれこれの事件を描いたお話ですが、
出てくる石が結構マニアックなので楽しいのです。
その質屋さんの娘が石に宿るエネルギーを読んで、
騒動を回避したり、仕事を上手く回したりします。
ある意味では私に近いかも・・・。
そう、宝石にはいろいろなものがまとわりついているのが現実です。

でも、猿も木から落ちるというか、
すでに数年所持していたけれど気がつかなかった怨霊付きの指輪がありました。
写真のエメラルドリングです。
これは、私が以前の家の近くのリサイクルショップで、
2000円で売られているのを見つけたもの。
刻印は、ないけれどこの質量感はプラチナ台、主石にエメラルド、
脇石にダイアというこのリングにこの値段はないでしょう!?と、思いました。
もともとエメラルドが好きで、いつか1つはリングが欲しいと思っていたので、
私は飛びついてしまいました。

とても小さいものなので、私はピンキー・リングとして使用していました。

さて、この数年私は体調不安がいろいろあったので、
どこまでがこの指輪の影響だったのかは、いまとなってはわかりません。
ただ、購入してすぐに迎えた誕生月のオーラ測定で、
この指輪をしていると、チャクラの数値が全体的に下がるのは、測定されていました。
でも、もともと私の数値は、上部チャクラが異常に高すぎて、
疲れやすい傾向にあったので、これが抑えられるならと、
むしろ喜んでしまったので、深くは捉えていなかったのです。

気がつくきっかけは、クリスからの警告メールでした。
そうです占い師のクリスは、1度も依頼は出していない私のことを未だ気にかけていて、
何度も人生好転のきっかけのタイミングを読んでは知らせてきます。
そのクリスからにしては内容的に珍しいものだったので、
私の注意を惹いたわけです。
私が持っている新品ではない宝飾品に怨霊が宿っていて、
私にマイナスの影響を与えているというのです。

私はちょうどCK宛の寄附を受け取ったばかりでしたので、
念のため、宝飾品デザインされたものを全てエネルギー・チェックしてみました。
心配は杞憂でした。
届いた荷物には、かなり高価なものも混じっていましたが、
問題のありそうなものはありません。
でも、ついでに私が所持している他の宝飾品もチェックしてみようと思い立ちました。
私のエネルギーは、変動が激しいので、
波長が合わなくなってしまう石が、多いし、そのサイクルは速いのです。
大体は、私の予想通りの数値が出てくるので、私は笑って次々と試すうちに、
写真の指輪の数値に愕然としました。
ダウジングは、なんとマイナスの数値を示していたのです。

普通50%以下が自分に合わない石なのですが、
マイナス表示が出たのは、初めてです。
これは、明らかに悪影響が出ていると解釈してもいい数字でした。

私は何度も浄化用のエッセンスを使いましたが、
なかなか完全な浄化には至りませんでした。
一ヶ月位、ローズクォーツのクラスターの上に置き、
大陽と月の浄化も行いましたが、
まだ、プラスの数値にはなれど、低いものでしたので、
最後に天使にお願いしてみました。
すると、天使は指輪と私から明らかにエネルギーを抜いて処理してくれました。


現在は、私に対して100%働く状態に回復しました。


「怨霊」といっても、私は一度も姿を見たり、声を聞いたりしたわけではありません。
少なくとも、魂が宿っていたというのとは違うと思います。
ただ、あまりにも大きなマイナスの思いのエネルギーが記録されていた・・・、
そんな感じです。
個人への怨みや怒りよりも、社会的なものへの怨みや怒り・・・、
この数年の自分を振り返ってみると、
そういうものへのシンクロがあったのかもしれません。

霊能者の鬼門は自分という言葉を改めて思い出すとともに、
見も知らぬこの指輪の元の持ち主の御霊の幸せを祈るのでした。
nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

個人のためのクリスタル [クリスタルヒーリングⅡ]

remuimage.jpg
我が家には私のための個人的な教師として存在するクリスタルがいくつかあります。
こういう石で、有名なのは、故ジェーン・アン・ドゥの著書の表紙になった
「シャーマン・ドゥ」でしょうか。
このクリスタルは、ファントムクォーツであり、そのファセットが、
7:3:7:3:7:3という見事なバランスで、
チャネリングとトランスミッターの両方を兼ね備えた石である
ドゥ(ダウ)クリスタルの発見に結びついた石です。

我が家のは、セルフヒールドのダブルポイントで、
私の元に来たらレコード・キーパーが出現したものが始まりで、
他にはレムリアン・シードが2つ、現在私の教師として働いてくれています。
写真はそのレムリアンの1つです。
こちらのクリスタルは、写真アップはOKしてくれます。
けれど、私以外の人が触れることは、拒絶しました。

先日、我が家にクリスタル好きの友人が遊びに来た時に、
友人は会話の流れから何気なくこのクリスタルを手に取ったのですが、
途端、私にこのクリスタルが嫌がっているのが伝わってきました。
それで、友人にクリスタルを元の位置に戻すようお願いしました。

友人は、「そんなことがあるの!?」と、驚きながらもすぐに戻してくれました。

これは、はっきり言って私のミスです。
このレムリアンがそういう私の個人的教師のクリスタルであるとの
認識が甘かったのです。

レムリアの都市テロスとそこに住む人々との交流が始まる前に、
私の元に来たクリスタルでした。
ですので、勉強会への参加が始まった頃には、
毎夜眠った後の私がレムリアの都市に行くことをサポートしてくれていたクリスタルです。

本当に長い時間、すでに私を導くことに働いてくれていた教師、
個人的なマスター・クリスタルだったのです。
こういうクリスタルは、他者には触れさせないことが、原則なのです。
やはり触れるということは、クリスタルにとってもエネルギー的に影響のある
行為なのです。

すでに完璧に私を導くためにチューニングされたものに、
他者のエネルギーが入り込んでしまったら、
それはバランスが崩れることに他ならないのです。
ですから、こういうクリスタルは、
ワーク中は他者の手には触れさせないように注意が必要なのです。

このようなティーチャー・クリスタルでも、
クリスタルが望んだり、許可があるならば、
他者とのワークもアリでしょう。
(写真を撮ってブログにアップするのはこれに当たります。)
大事なのは、クリスタルの意思を尊重するという部分なのです。

nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

瞑想のパートナー [クリスタルヒーリングⅡ]

2015_0902_125758-CIMG1053.JPG
クリスタルはどのようなものであってもよき瞑想のパートナーになり得ます。
実際クリスタルヒーリングとしては、瞑想中の脳波の時に、
クリスタルとのエネルギー的同調があれば、
最大限の効果が得られると言います。

つまり、お守りブレスとして身につけるよりも、
毎日一緒に瞑想したほうが効果が高いということになるのです。


私の最近の瞑想のパートナーは、
写真のローズクォーツのクラスターです。
大きすぎて正直抱えていられません。
これが国産なのだから、
日本という国の地下には、実は人知れぬ愛がいっぱい埋まっているのかもしれませんね。

nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

マクラメジュエリー [クリスタルヒーリングⅡ]

asobiburesuimage.jpg
今年、個人的目標がありマクラメ用の資材を仕入れたときに、
現在マクラメジュエリーとしては主流のワックスコード(ろー引きコードともいう)を
何色か購入していますが、
それで、ブレスを1本つくり、使用してみましたが、
悪くはないのだけれど、いいとは思えないその感触に、
ワックスコードを使って次をつくる気になりませんでした。
その後写真の作品にも使っているヘンプ(麻)コードが手に入ったら、
こちらは作っていても嬉しいのです。

ヘンプですから肌触りもいいです。

ワックスコードの特徴である焼き止めという手法が使えないために、
編み終わりに考慮が必要になりますし、
複雑な差し色は出来ません。
今のところ手に入ったのは、赤、黄、ナチュラルの3色だけなので、
石の色との合わせに頭を悩まされますが、
それでも、こちらで作りたいという気分になります。
どうしてなのかと、思っていたら、購入してあったマクラメの本に小さく、
ワックスコードの素材説明文が載っているのを見つけました。
ポリエステルに(ワックスがけ)してあるひも
なるほど、納得!でした。

ヒーリングに使われるクリスタル達は、天然素材でくるまれることを好みます。
布ならコットン、皮、シルク素材で作られた袋を喜びます。
反対をいうなら、合金合繊素材は、
ヒーリングの力が発揮されることを阻害する可能性があるということです。
コストや材質の関係で麻での小袋というのが、あまり作られないから、
出回らないだけで、天然素材の麻もクリスタル達はやはり好きなのですね。


asobiimage.jpg

手芸の本を出される人達は、ものつくりの専門家かもしれませんが、
私のようにクリスタルの専門家ではありません。
天然石ビーズアクセサリーにしても、
ワイヤーデザインジュエリーにしても、
マクラメジュエリーも、
作る人のことが優先のデザインであり、その資材も選ばれているものなのです。
私のように石が優先の考え方はしません。

私は石が好きだから、
いつも一緒にいられる方法として身につけるためのジュエリーにと、
作ることを考えていった人なので、
根本が違うのです。

私は金銭的に余裕があるなら、
絹糸で作ることも考えてしまうくらいなのです。

量産できる、コストの安い、お手軽感のあるものとは、
無縁のあるもの限りの作品群になりそうですが、
これが自分のものと胸をはれる1点1点を作っていこうと思います。
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お守りジュエリー [クリスタルヒーリングⅡ]

omamoriimage.jpg
二ノ宮知子の「七ツ屋志のぶの宝ばこ2」を読んだら、
ジュエリーは『昔から大切な人を守るための護符』というのが、
出てきて、ふと、自分の持っているジュエリーに、
そんなお守り的なものがあっただろうかと、考えました。
それで、ルースだけのものも含めて、
私が身につけたらお守りとして働いてくれるものを調べたら、
意外に少なくって、残念な私です。
ヒーリングとして働く石とお守りになる石は、やはり別物のようです。

その1つの要因に、石の大きさがあると、
石達が言います。
5ctは、欲しいと石達がいうのです。
でも、5ctってジュエリーとしては、かなり大きくなります。
さらに、大きさがあってもあわないものはだめなようです。
また、場合によっては、きっちりそこまでの大きさが無くてもいいらしいです。
購入した時に、鑑定書は作らなかったので正確な大きさを知らないペンダント・トップ。
このマイクブースのリーディングでつくったオーラ・ソーマジュエリーは、
私のお守りとして働いているようです。
でも、同時にリーディングしてもらったリングは、
仕事のサポートにはなるけれど、お守りとしては働かない。
そして、母から譲り受けたジュエリーはいくつかあるけれど、
母の思いが籠もっているのは、私が子供の頃にねだって、買ってくれたリングなのです。

こうして色々な観点でジュエリーを見ると、
大切さの意味が違うのが理解できます。


そして、購入したけれど、ルースのままで所持しているうちに、
私と波動のあわなくなっていく石達もいるのです。

今度、セールでもしようかしら・・・。

nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ハイアーセルフからの制作依頼 [クリスタルヒーリングⅡ]

2016_0306_122012-CIMG1267.JPG
私と波長が合わなくなっているクリスタル達をセールしようかと考えたのですが、
ハイアーセルフがこれに「NO!」を言います。

タイミング的なものかと、数ヶ月をおいて再度訊いても答えは同じです。
どうやらセールすること事態に賛成していないようです。
それで、何故なのかと理由を尋ねると、
「私が購入したクリスタル達は、私の手でアクセサリーにしてあげることで、
より力を発揮したしたものになるから。」

つまり、せっせと創りなさいということなのです。

写真にあるようなルースも多いのですけれど・・・。
写真左から、ダイヤモンド、スフェーン、ルビーです。
流石にこのあたりのものは、マクラメではどうしようもありません。
これらを使うならワイヤーを仕入れてこないと制作そのものができない状態です。

ワイヤー、どこに仕入れに行こうかも悩むところです。

他に売却可能な石は、オパールやレッドジルコン(マダガスカル産)とかもあります。
使用していない石なので、リサイクルには回せません。
(CKは原則寄附なので原価も私の所に入らないのです。)
つくって欲しいものがあったらリクエストに応じますので、
ご連絡くださいませ。
nice!(27)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の30件 | - クリスタルヒーリングⅡ ブログトップ
メッセージを送る