So-net無料ブログ作成
検索選択
花粉症 ブログトップ

テレビの功罪 [花粉症]

あちらこちらから花の便りとともに花粉症の発症の声も届き始めておりますが、
皆様はいかがですか?

私は花粉症が世に知られる前からくしゃみ、鼻水、目のかゆみに悩まされていました。
この辛さが市民権を得られ広く理解されるようになったのは、嬉しいことですが、
それだけ悩んでいる人も多い事体というのは、考えものです。

先日、でかけていった家でのこと、「ちょっと身体ごとこっちむいて。」といわれたので、
何事かと思ったら相手は「もう花粉症出ているでしょ。」というのです。
しかし、私の状態は今年はまだ兆しも出ていません。
その答えに今度は「もう出るんじゃない。」との返答です。
どうやらテレビでカイロプラクターが花粉症の人は左肩上がりに骨格が歪んでいると
発言したのをこの人は観たらしいのです。


私のホリスティックな癒しの出発点は、気功法による背骨の調整から始まりました。
つまり、もう二十年近く私は背骨の調整ということを大事にし、独自で進めてきています。
当然、背骨の歪みが様々な慢性病と関連あるということは、折にふれては話してきました。
ところが、今回のようにテレビで観たとなると私と同じことを言っていたとしても、
相手はすぐ信用するのです。
これは、テレビの流した情報が正しい時は、たいした問題ではありません。
けれども、常にテレビが流す情報が正しいわけではないことに注意しなければいけません。

多くの人は、何故こんなにもマスコミに権威を持たせてしまっているのでしょう。
これは個人個人のマスコミとの付き合い方、距離のとり方が関係してくることですので、
簡単に答えが出る話ではないかもしれません。
だからこそ、この問題は一人ひとりが自分で向き合わなければいけないことのように思います。


二分脊椎症の私は、子供の頃から背骨が左肩上がりに歪んでいます。
現在は、昨年末の階段落ちの影響でまた、左肩上がりがやや目立つような状態になっています。
でも、今日のところはまだ花粉症は出ていません。
花粉症が背骨の歪みと関係していることは、私も否定しません。
しかし、左肩上がりの説は否定も肯定も出来ません。

私自身の経験では、花粉症は睡眠不足であったり、アルコールの影響下であったりすると
症状が出やすく、悪化するように思います。
私は自分のからだにあう有効な薬が見つからないために長年苦しんできましたが、
現在はオーラソーマのポマンダーの使用ですぐ症状がひくのでかなり過ごしやすくなりました。
これは、感覚器官に働きかけるサードアイチャクラを活性化する色のポマンダーで、
骨に働くものではないとは、いえるかもしれません。




nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

花粉症についての考察 [花粉症]

前回に引き続き花粉症についてのお話です。
花粉症はその名前の通りに、ある植物の花の花粉が体内に入った時に
アレルギー症状をおこす状態を総称してこう呼ばれています。

アレルギーの元になる花は人によって種類が違いますが、
世間一般で花粉症といっているのは、杉と檜によるアレルギーです。
他にアレルギーとなる代表的なものは、ブタクサ、カモガヤ、イネ、セイタカアワダチソウ等が
知られていますが、開花時期がそれぞれ違いますので、
当然症状の出る時期にもずれが出ることになります。

アレルギー症状ですから、免疫機能との関連で多くの薬も研究されています。
フラワーエッセンスでは、やはり免疫機能に働く種類がリーディングされます。
なかには、アレルゲンの花のエッセンスそのものを体内に取り入れて、
そのエネルギーに身体を慣らしてアレルギー反応を減らすというユニークな種類も存在します。

オーラソーマでは免疫機能と関連する色は、ターコイズですが
私の場合は花粉症に対してこの色では効果は出ません。

一般的に「鼻」に関する諸症状にはホワイトということも言われていて、
こちらが働くという人もいるようです。
しかし、花粉症の症状の出方も人によって違いがあります。
確かに代表的なのは、くしゃみ、鼻水、鼻づまりと鼻に関する諸症状ですが、
鼻づまりから耳づまり、目の痒みや喉の腫れ、皮膚の痒みと鼻以外の症状を表す人も少なくありません。

視点を変えると眼と鼻と耳と触感(皮膚の痒み)というのは、人間の五感に関連しています。
内分泌の世界では、五感と関連しているのは第六チャクラのサード・アイなのです。
私の場合はここに働くロイヤルブルーが有効なようです。

こうしてみていくと、ひとくちに花粉症といってもアプローチ方法は色々あることが見えてきます。
前回紹介した背骨の調整という外的要因も対処した上で、
今回紹介した様々なアプローチ方法を一緒に行なう方がより効果的です。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

名残雪 自然の優しさ [花粉症]

2589702
すっかり暖かくなってこのまま春を迎えてしまうのかと心配していたら
今日は天からの恵み名残雪が降る東京です。

少し早めに咲いてしまった花達にはかわいそうな天気ですが、
この雪のおかげで実はとても多くの人が救われます。
そう花粉症の原因となる杉や檜は、この時期に降る雪で花芽が傷み、
飛散する花粉の量が減るのです。
ですから年が明けてからの雪が降る降らないは、大きく影響します。

私の幼馴染が現在茨城に住んでいて
彼女は東京に出てくると花粉症の症状が酷くなるといいます。
この話が示すように、花粉症は排気ガスなどの化学物質と花粉が結びついて
アレルゲンになるという公害説も実はあるのです。

雪は空気中の塵に水素が結びついて結晶するものです。
この意味では雪は大気中にある汚染物質をその結晶の中に含んで
地上へと舞い降りてくるので大気を浄化してくれているのです。
それで、雪が降った後はあんなに空気が清々しくなるのですね。


今日は地球が自然の営みとして行なう浄化が働いている日なのです。
雪という天からの恵みと地球の限りない優しさに心を温めて
名残雪降る一日を楽しみませんか。

そろそろ・・・ですね [花粉症]

3510502
すっかり寒の戻りにストーブが消せない日が戻っていますが、
先日雪が降ってくれたのは、いくつもの意味で私は嬉しかったりします。

それは、この過去記事を読めばわかります。

名残雪 自然の優しさ    http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2009-02-27

小学生の頃から悩まされている花粉症
年々楽にはなってきているけれども、それでも花粉の飛散が少ないにこしたことはありません。
一月中にかなり暖かくなってこのままでは・・・と、内心冷や冷やしていたのですが、
「雪よ、ありがとう」という気分です。

自分の努力で改善できる部分については、こちらをどうぞ。

テレビの功罪        http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2009-02-12
花粉症についての考察  http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2009-02-14

そして、もうひとつ絶対にこの季節は寝不足はいけません。
寝不足すると花粉症は、症状が重くなるのです。
花粉症の方は、たっぷりと睡眠をとるようにしてくださいませ。
nice!(25)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

花粉症に [花粉症]

3528659
どうでしょう?皆様もう出ていらっしゃいますか花粉症
今年はまだまだけろりとしていて私は出ていません。

昨年は友人が使っているのを横目で見ながら自分は使わずじまいだった
フラワーエッセンスを今年は試してみようかと思っています。
友人はとても良かったといっていました。

私は何故使わなかったかといいますと、お金がなかった、
この中身に使われている花のエッセンスを飲んでいた、 からです。

目的は違うもののために出てきたエッセンスでしたが、
飲むとやはり花粉も楽になっていたように思います。

写真のこれも外用スプレーで、50ml 1本 ¥3,780-です。
私は自律神経系に働く薬が既に常時処方されているので、
効果が違うとしても同じ方面の薬はあわせて飲みたくはありません。
薬嫌いなわけではありませんが、
花粉症の薬は飲んでも根本解決はしていない薬なので、
薬で飲まない方法でアプローチが出来るなら、
そちらを選ぶ私でした。

このスプレーのご注文を承ります。
私のアドレスがわからない人は、サイドバーにあるホームページよりアクセスしてくださいませ。
nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ん?・・・きたかな? [花粉症]

3536507
名前だけはきれいな花粉症
私は昨日あたりからくしゃみが出始めましたが、
過去に比べるとまだ、楽なほうです。

今年の私は、
先日紹介したエッセンスを何時使おうと、ワクワクしているわけです。

どんどん楽になっているけれども私の完治が難しいのは、
元々私の背骨は物理療法で治せないレベルの背骨のゆがみがあるからです。
花粉症と背骨の関係は、こちらの過去記事をご覧くださいませ。
 http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2009-02-12
 
それで、三次元上では治しようがない部分はあると理解した上で、
行う自分自身へのこれまでのアプローチは、こちら。
 http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2009-02-14

この過去記事で紹介しているエッセンスのタイプで言うなら先日、
 http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2010-02-19 で紹介したのは、
免疫系に働きかけるタイプになります。

花粉症は、つまりは第4チャクラアンバランスということになりますが、
ここのブロックと繋がっている体験は、私の場合は第三の目と第五チャクラに
関連するブロックに繋がる体験でしたので、
ロイヤルブルーのポマンダーが良く働くということになるわけです。
私の場合、霊感少女だったのを母親に気味悪がられて、ショックで能力を閉じたという、
体験がこれらのチャクラのブロックに繋がっているからです。


個人で微妙に働くものが違うのは、
そこのブロックをつくる体験の質が違うからなのではないかと、
最近は思うようになってきました。
nice!(29)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

花粉症対策 [花粉症]

DSC01733.JPG
暖かい日が続くと気になりだすのが花粉症なのですが、皆様如何ですか?
今年は早い人は一月に発症しているとの声も聴いていますが、どんなものでしょう。

私も一月に寝不足が続いたら症状が出始めたのですが、ワイルドフラワーのスヌージィを使用し、
寝不足解消に努めましたらすぐにおさまりましたので、いまのところは大丈夫です。
そこへ今年は強力な助っ人が現れています。
毎日飲んでいるアサイージュースを特に免疫力を高める効果の高いのに変えました。
二月から変えたばかりなのですが、
これは花粉か風邪かと怪しんでいた喉の不調も薬なくしておさまりました。

私は体調不良をなんでも薬で解決しようとするような態度は好ましくは思えません。

できる限り、自己の免疫力や抵抗力、自然治癒力を引き上げることをして、
やりきれない部分に飲むくらいのほうがいいと思っています。

さて、アサイージュースの真価の程は、今後の経過をじっくり見ていきたいところです。
自分に敏感な人は飲んだ日と飲まなかった日の自分の肉体の感覚の違いにも
気づくようです。
毎日少量を飲むことの恩恵、地球が自然が与えてくれた贈り物
私もありがたく享受していきたいところです。
nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

自然の恵み [花粉症]

DSC01742.JPG
毎日妙に暖かくなって、「まさか今年はこのまま春になるとか言わないよね。」と、
ドキドキしていました花粉症もちの私です。
幸い今年は未だはっきりとは症状が出ていません。
アサイージュースのお蔭でしょうか。
それでも、一度も雪が降らない事態というのは、花粉の飛散する量が減らないので、
ちょっと怖いなぁと日々を過ごしていました。

朝から降り続いてしっかり積もりましたね。
やれやれです。
明日はでかけるつもりなのですが、
止むのかしら・・・。
そんな不安も出てくるほどの降りですね。

毎年この季節に振ってくれる雪に感謝する私です。
nice!(24)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

テレビの功罪 [花粉症]

花粉症の季節なので花粉症の過去記事を続けてアップいたします。

あちらこちらから花の便りとともに花粉症の発症の声も届き始めておりますが、
皆様はいかがですか?

私は花粉症が世に知られる前からくしゃみ、鼻水、目のかゆみに悩まされていました。
この辛さが市民権を得られ広く理解されるようになったのは、嬉しいことですが、
それだけ悩んでいる人も多い事体というのは、考えものです。

先日、でかけていった家でのこと、「ちょっと身体ごとこっちむいて。」といわれたので、
何事かと思ったら相手は「もう花粉症出ているでしょ。」というのです。
しかし、私の状態は今年はまだ兆しも出ていません。
その答えに今度は「もう出るんじゃない。」との返答です。
どうやらテレビでカイロプラクターが花粉症の人は左肩上がりに骨格が歪んでいると
発言したのをこの人は観たらしいのです。


私のホリスティックな癒しの出発点は、気功法による背骨の調整から始まりました。
つまり、もう二十年近く私は背骨の調整ということを大事にし、独自で進めてきています。
当然、背骨の歪みが様々な慢性病と関連あるということは、折にふれては話してきました。
ところが、今回のようにテレビで観たとなると私と同じことを言っていたとしても、
相手はすぐ信用するのです。
これは、テレビの流した情報が正しい時は、たいした問題ではありません。
けれども、常にテレビが流す情報が正しいわけではないことに注意しなければいけません。

多くの人は、何故こんなにもマスコミに権威を持たせてしまっているのでしょう。
これは個人個人のマスコミとの付き合い方、距離のとり方が関係してくることですので、
簡単に答えが出る話ではないかもしれません。
だからこそ、この問題は一人ひとりが自分で向き合わなければいけないことのように思います。


二分脊椎症の私は、子供の頃から背骨が左肩上がりに歪んでいます。
現在は、昨年末の階段落ちの影響でまた、左肩上がりがやや目立つような状態になっています。
でも、今日のところはまだ花粉症は出ていません。
花粉症が背骨の歪みと関係していることは、私も否定しません。
しかし、左肩上がりの説は否定も肯定も出来ません。

私自身の経験では、花粉症は睡眠不足であったり、アルコールの影響下であったりすると
症状が出やすく、悪化するように思います。
私は自分のからだにあう有効な薬が見つからないために長年苦しんできましたが、
現在はオーラソーマのポマンダーの使用ですぐ症状がひくのでかなり過ごしやすくなりました。
これは、感覚器官に働きかけるサードアイチャクラを活性化する色のポマンダーで、
骨に働くものではないとは、いえるかもしれません。


★2009-02-13の再掲載★
nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

花粉症に [花粉症]

どうでしょう?皆様もう出ていらっしゃいますか花粉症
今年はまだまだけろりとしていて私は出ていません。

昨年は友人が使っているのを横目で見ながら自分は使わずじまいだった
フラワーエッセンスを今年は試してみようかと思っています。
友人はとても良かったといっていました。

私は何故使わなかったかといいますと、お金がなかった、
この中身に使われている花のエッセンスを飲んでいた、 からです。

目的は違うもののために出てきたエッセンスでしたが、
飲むとやはり花粉も楽になっていたように思います。

写真のこれも外用スプレーで、50ml 1本 ¥3,780-です。
私は自律神経系に働く薬が既に常時処方されているので、
効果が違うとしても同じ方面の薬はあわせて飲みたくはありません。
薬嫌いなわけではありませんが、
花粉症の薬は飲んでも根本解決はしていない薬なので、
薬で飲まない方法でアプローチが出来るなら、
そちらを選ぶ私でした。

このスプレーのご注文を承ります。
私のアドレスがわからない人は、サイドバーにあるホームページよりアクセスしてくださいませ。


★2010-02-19の再掲載★
タグ:花粉症
nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

今年の状態 [花粉症]

2011.2月20日 001.jpg
過去記事を見ると分かりますが、
昨年もこの時期は未だ、症状が出ておりませんでした。

それでも、寝起きは鼻づまりとかくらいは出ていたのではなかったかと思います。
そして、昨日紹介していたスヌージィのスプレーを使用して症状が悪化した後も、
しのいでいたと記憶しています。

このスプレーは免疫に働きかけるフラワーエッセンスなのですが、
目のかゆみも止まるのには、私は驚きました。
(目薬ではありません。頭頂にある百会のツボなどにスプレーします。)

オーラソーマのポマンダーのロイヤルブルーが、
私は花粉症に有効で、これでしのいでいた時は、
目のかゆみは止まらなかったのです。


より楽に過ごせるものが見つかるのはありがたい話です。
今年は健康ドリンク、アサイージュースで体の中から免疫力をあげています。
時期が進んでも、かなり軽症で済むのではと期待しています。


花粉症は症状が出てからの対処よりも、
未だあんまりという状態をどこまでキープできるかのほうが大事です。
この時期寝不足やアルコールの接種は症状を悪化させるもとになりやすいので要注意です。

素敵なはずの春を、毎年憂鬱な季節にしてしまわないためには、
遠回りに思えても地道な体質改善をお勧めいたします。
nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

やっぱり公害!? [花粉症]

2011.2月26日 039.jpg
先ほど、松山から自宅に戻ってきました。
帰りに乗る予定だった飛行機が、東京から松山に来る間に雷を受けたそうで、
安全確認に時間がかかり、予定が遅れての出発でした。
まぁ、私が乗る飛行機は落ちないと自信を持って帰ってきましたけれど・・・。

仕事は昨日で一応終わり、今日は折角だから松山周辺を見て回り、
お昼を食べた後は道後温泉に向かいました。

ここはジブリアニメの「千と千尋の・・・」に出てくる湯屋の建物モデルの一つとか・・・。
夏目漱石の「坊っちゃん」に出てくる舞台の町ともいえるところです。
ゆっくり入っても、屋内のみの温泉でお湯は確かに温泉だけれど、
なんだかどこか町の銭湯のような感じもする温泉で、
長く入っても一時間が限界でした。

その後は、近くの神社に行ったり城跡に行ったり、お土産を物色したり、
正岡子規の文学資料館に行ったりと夕方まで道後の町をうろうろとしていました。
けれど、この間は花粉症がほとんど気になりませんでした。
ところが、松山市街地に戻ると途端に花粉症が悪化します。

こんな体験をするとしみじみ花粉症ってアレルギーが原因とはいえ、
ただ花粉にのみ反応しているのではないと、実感します。
絶対公害病でもあると思えるわけです。

私の幼馴染も鹿嶋にいる時より、東京にいる時の方が症状が悪化すると言っていましたが、
同じような体験なのだと思います。

もっと、大気を汚さない生活を目指したいですね。
そうすれば、世の中のかなりの人が花粉症でしんどい思いはしなくなるのでは・・・。
そんなことを考える体験となりました。
nice!(20)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

寝坊しました [花粉症]

DSC02402.JPG
今朝は目覚めたら、すでに十時を回っていました。
時間の約束のある用事は何もない日でしたが、
区役所に書類を届ける必要とか買い物があったので、
食事をして支度して出かけたので今、これを書いています。
寝坊の原因は二つ。
ひとつは清水玲子の漫画「秘密」を寝る前まで読んでしまったこと。
平成23年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した作品です。
近未来の日本を舞台にしたSFサスペンスで、
凶悪犯罪の事件解決のために、死者の脳に残る映像を解析して、
犯罪捜査に向き合う警察官達のお話です。
この作者の絵は線がすっきりしているので生物室にある解剖の標本を思わせますが、
リアルを想像するとかなりグロテスクなものをあっさり描いてくれていて、
けっこうショッキングな作品です。
癒されるよりもトラウマになりそうなタイプの作品ですが、
犯罪の中の人間像には時に共感することもあります。

そしてもうひとつ、やっと得られた眠りが突然あふれた鼻水のために中断しました。
そう、花粉症です。
今年は植物全体の開花が遅いので、発症も遅くなっていましたが、
ついに出ました。
お蔭で寝が浅くなり、普段よりも多くの睡眠時間が必要だったようです。
花粉症は寝不足すると症状が悪化するので、
こういうことがあると悪循環に陥ります。
今夜は早く寝るように心がけます。

この花粉症はアレルギーですから単純に考えると免疫に関係していて、
したがってハートにかかわると言えますが、
ここ数日は癒しても癒しても眠って起きるとハートが痛くなっていることに気づかされます。
自分は癒しているのに、何故眠っただけでハートが傷つくのでしょうか。

人間は眠っている間に集合無意識という部分で他者と交じわっているという説があります。
エネルギー的な交流がここでは行われているわけです。
昨日というタイミングと、春先という別れを目前に控えた人々が沢山、
この時期は胸を痛めているのが現実です。
今経験していなくても、過去の別れを思い出している人もいるかもしれません。
この季節の日本には様々な別れに胸を痛めた人々が沢山いるわけです。
そんな人々の集合無意識が何かのパワーとして働くことがあっても不思議ではないのです。

日本人の花粉症の多さは、
春を年度の一区切りとする習慣的なものとも関係している気がします。

とりあえずは、自己ヒーリングと、ポマンダー、フラワーエッセンス
そして免疫力を引き上げるアサイージュースで今年も乗り切るつもりです。

いつでも、薬は最終手段と考えたいものです。

タグ:花粉症
nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この季節の強い味方 [花粉症]

DSC02473.JPG
皆様花粉症の様子はいかがですか?
私は、始まりは例年と変わらない症状でしたが、
この所のハートの集中ケアのおかげで、
かなり軽くなりました。

もちろん日常の体質改善のための努力(アサイーを飲むだけですが)も続けています。

くしゃみや鼻水が出るというのは、花粉症でなくても出るので、
仕方ないこととして諦められますが、
女性として一番嫌になるのは、頻繁に鼻をかむから鼻の下のお肌が荒れてしまうことです。
保湿ティッシュなどを使っていても回数が多いからお肌には刺戟が強すぎるのでしょう。
季節の終わりには腫れてくることもよくありました。
そして、小さく鱗状に表皮が剝けてきてしまうのです。
これはとても哀しいです。

そんな状態になった私の顔を見たアザレの所長は、
「大丈夫。」と、にっこり笑って私にPLANTS-Cを差し出しました。
普段これは化粧水で溶いて使うことが多いのですが、
「これを直接塗ってみて。」と、いうのです。
荒れてぼろぼろになったところに塗ること10分後、
鼻の下のお肌はしっとりつやつやの健康状態に!

これを見た時に私は感動しました。
お蔭でこの季節の外出も気にならなくなりました。


通常は化粧水で溶いて使うというのは、
アザレの独特な方法です。
もともとアザレには、乳液というものが存在していません。
乳液は水と油を乳化剤の力で分離しなくなるようにしたものだからです。
油分は人間のお肌はちゃんと分泌できるから、補う必要はなく、
補うべきは水分であるというのがアザレの考え方です。
そしてクリームは、乳液状になったものを固形化するためにここにパラフィンを足して作られます。
(これは一般的な作り方でメーカーなどによっても差があることと思います。)
ですから、このように作られたクリームは化粧水で溶いて使うことなどできません。
アザレは肌に対しての問題物質のひとつが、乳化剤だと考えています。
ですから製造工程でもこれを使わない方針なのです。

植物性コラーゲンの入ったアザレのPLANTS-Cは、
敏感で乾燥の強い私のお肌の強い味方なのです。

nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

東京は雪です [花粉症]

2013020609150001.jpg
天気予報通りに、本日の東京は雪になりました。
ありがたいことです。

というのも、ここ数日寝起きに鼻がくずつくのが続いていたから、
そろそろ花粉が来ているのかしらと思っていたからです。
この雪で花芽が傷んでこの後飛散する花粉が減ってくれるから、
私は雪が降ってくれるのは嬉しいのです。

私の花粉症は三次元的なアプローチとしては、
背骨の歪みを治すことと、
免疫力の向上により、
子供の頃より格段に症状は軽減しております。

おかげでここ十年くらい化学薬品は一切使っておりません。
日常ケアとして気をつけているのは、
充分な睡眠を摂る・アサイージュースの継続摂取・この時期アルコールは摂取しない
という、3点です。

でも、スケジュールとかいろいろで、これがままならず症状が出てしまった時の対処法としては、
ワイルドフラワーエッセンスの「Sneezease」の使用、
または、オーラソーマのポマンダーの使用でほとんど治まります。
さらにだめ押しで、アサイージュースを多めに飲むことも・・・。

ここにあげたもの、販売しております。
Sneezease 50ml ¥3,780 
ポマンダー  25ml ¥3,990
アサイージュースは基本4本入り一箱の販売になります。(種類で値段が違います。)
私と直接会える方のみ、一本などのお試しの相談も承りますので、
お気軽にお声をおかけくださいませ。
(全て送料別)


アサイーは、人体に必要な栄養を摂るためのサプリメントですので、
毎日の継続摂取が結果を出してくれます。
フラワー・エッセンスやオーラソーマは症状が出ている原因の心に働きかけるものです。
西洋医学的な症状への対処療法ではありません。
ですから、病院で処方される薬と平行して使用しても問題はありません。

ひとたび症状が出たら、一生付き合わなければならないのが、
花粉症への西洋医学的アプローチです。

時間がかかっても、遠回りでも年々楽になる方が私はいいと思っています。
中学生の頃は、伊達メガネを使用して花粉が目に入っておきる痒みに、
対応していました。
現在は伊達メガネさえも必要ありません。

背骨の歪みも、気づく人は少なく、
むしろ姿勢がいいと言われることの方が増えました。
骨だって自分の細胞からつくられているのですから、
時間はかかっても変容は可能なものだと私は思っております。

全ては自分自身の生き方なのです。
タグ:花粉症
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お腹の脂肪が守ってくれていた [花粉症]

DSC02781.JPG
朝、目が覚めた時にちょっと鼻がつまっているかしら・・・?というのが、
最近の私の花粉症としての症状です。
しかし、土曜日の強風の中の原宿行きは、
かなりきました。
自宅に帰ってからはくしゃみの連続で、
鼻水はティッシュを取る動作も間に合わずに垂れてくる始末です。

フラワーエッセンスもポマンダーも使いましたが、
症状の緩和にはなりますが、
完全に落ち着く気配が見えないので、
これは根本を見た方が良いと思い、
チャクラ-癒しへの道」Dr.クリスティン・ペイジ著を開きました。
これによると、花粉症についての記述はお腹のチャクラにあります。
そうです、鼻や目と関連する第三の目と呼ばれる第6チャクラではないのです。

そして、この項に書かれているのは、
『・・・患者のみぞおちのチャクラはとても傷つきやすいのです。
そのために、周囲の人々の思惑や感情を容易に取り込み、
自分の意志で「行動する」のではなく、ただ「反応」してしまいます。
しかも、自分を動かす力がどこからくるのかに気づいていません。・・・』
と、さらに第3チャクラとの関連の疾患であることが記されています。

これを読んでいて、いきなり頭の中で私の符号が繋がりました。
何が繋がったのかと言いますと、
私のみぞおちの脂肪が、何故ついたのか、
そして、何故落ちないのか・・・です。
二十代の頃にはすでにウエストニッパーなどを使用して対処を試みていたから、
ここがぽっこりしているのは本当に昔からなのです。
心霊学的には、脂肪は保護を求めている部分ににつくともいわれ、
一体何から身を守ろうとしているのかと疑問に思っていたのです。
何せここの脂肪はしつこいし、固いからもみほぐしにも素人には限界があります。
やわらかくなっている脂肪は落としやすいが固いのは落としにくいとの話もあります。
つまり、今のところ落ちる気がない脂肪だったのです。
何からこんなに必死になって自分を守っているのかと、
長い間疑問でした。

この場所にあるみぞおちのチャクラは、サイキック・センターでもあるのです。
私は言葉によるコミュニケーションが下手であった頃ほど、
自己のサイキック・パワーによる情報収集力が無軌道に発揮されていましたので、
他者がわざわざ口にしないようにしていたものまで読み取るおばかさんだったわけです。
結果、口に出されたものと腹の中にあるものが違うので、
人間不信が募っていくという悪循環の中にいました。

ヒーリングを学び、読むべき時と読まなくて好い時の境界線が出来るようになって、
心は落ち着いてきたと言えます。


つまり、花粉症は家庭環境などから生じた無意識の反応により、
周囲の思惑に過剰に反応してしまっている状態についてのサインと見ることが出来るのです。


こうしたことが理解できた途端、
これまで忌々しく感じていたみぞおちの脂肪に感謝が湧いてきました。
「ありがとう ありがとう 私が傷つくことを守るためにそこにいてくれたのね。」と。


ここまで理解が進むとそれまで止まらなかった鼻水も止まり、
つまっていた鼻もすっと通りました。



こうしたことから考えると花粉症は、
インナーチャイルドの癒しにも深く関わっているとも言えるのではないでしょうか。
そして、チャイルドの癒しが進めば、当然症状も軽くなっていくのでしょう。
そこには他者との境界線の確立という学びも必要不可欠なのです。

nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

そろそろ・・・ [花粉症]

2014022507490000.jpg
二月に入ってから、掃除の仕方が大掃除モードの私です。
本格的な花粉シーズンを前に、
窓拭きなどをしておきます。

現在住んでいる家は、結露による湿気が多くて、
年末からこの時期までに窓にカビが発生しやすいのです。
ガラスに何故カビが付着するのかよくわからないのですが、
表面の模様のでこぼこに入り込み、
点々と黒くなってくれるのです。

アルミサッシの枠部分にまで生えるのには、驚きました。
カビの生命力強し!

黒カビは、杉花粉と同じに私のアレルゲンなので、
この時期、花粉にだけ神経質になっても、
鼻炎は改善されません。
でも、一番酷く反応するのがやはり杉なので、
この花粉症の季節が一番辛いのです。

花粉症の薬で有名なのは、抗ヒスタミン入りのなんとかってことになりますが、
これは基本自律神経に作用する薬なので、
私は別口で自律神経に働きかける薬を飲んでいますから、
二重になるのは嫌なので、
現在は花粉症に関しては薬に頼っていません。
フラワーエッセンスのワイルド・フラワー「スヌージィーズ」を使用しています。
普段はこれを眉間から額にかけてスプレーするだけ。
目の痒みが出てきた時には百会や晴明などのツボにポイントで塗ります。
これでほとんどマスクなしで過ごせます。
花粉ピーク時期でもプラス、ロイヤルブルーのポマンダー使用で対処しています。

アレルギーは、免疫というハートの領域の問題ですが、
鼻炎は五感を司る第六チャクラの問題なので、
第六チャクラのエネルギーの引き上げが鍵になります。


スヌージィーズ 50ml  3780円  
ポマンダー   25ml  3990円      で販売しております。
タグ:花粉症
nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

秋の花粉症 [花粉症]

日曜から部屋におこもりしていた私です。
皆様は体調など崩されていませんか。

何故部屋にこもっていたかというと、
ひどい喉の晴れとくしゃみ、止まらない鼻水に、吐き気がともない、
風邪か他の何かによる症状を疑ったからでした。
でも、熱は上がってこないし、クリスタルとの瞑想の間だけはぴったりと症状が止まったので、
これはもしかしてと・・・首の後をマッサージ
すると症状の出方が変わります。
これで確信が持てました。
花粉症です。


もともと、アレルゲンの検査結果から、
「あなた一年中鼻の調子が悪くても不思議ではないよ。」
と、言われている私。
すごく嬉しくない保証のされ方ですが、
秋にも症状が強くなるのも事実でした。
でも、今回は症状も激しいし、全部が同時に出たから、すぐに花粉症とは思わなかったわけです。
吐き気は、喉の腫れ具合と、肩凝りによるものでした。
それで、昨日アピア均整院-ドゥ-に駆け込んで、
骨格の歪みを調整してもらいました。

おかげで今日はやっと鼻水は多少出ているけれど、
普通にしていられるようになりました。
昨日までは、鼻水が流れ続けるという状態でしたので、
ほぼ何も手につかない状態でした。
保湿ティッシュを使っていても鼻の下が腫れてきてしまうなんて、ここ数年春先でもなかったのに。

秋のアレルゲンとして知られているのは、セイタカアワダチソウとブタクサ等なのですが、
私のアレルゲンはブタクサです。
ブタクサの開花時期は7月から10月頃というのですから、
現在反応が出ているのは少々遅すぎる気もしますが、
まだ咲いていても不思議はないでしょう。
都内は暖かいですから。

とにかく、昨日までの感じだとぐっすり眠ることも出来なくて、
ますます症状が悪化するループにはまっていました。

今日は昼寝もして、寝不足解消に努めようと思います。

タグ:花粉症
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

飲まずに済ませたい薬 [花粉症]

2015_0126_141714-CIMG0779.JPG
昨日は東京でも雪景色が楽しめました。
こういう日に家の中でぬくぬくしていられるのはとても幸せなのですが、
月末なのでそうも言っていられません。
仕事の後には、銀行などを、足早に動き回っておりました。


さて、so-netの健康ブログランキングで、1位をキープし続けるブログで、
抗コリン剤の長期使用における認知症発症リスクについて書かれていました。

抗コリン剤、あまり聞き馴染みのない薬と思われるかもしれませんが、
私に処方されているデトルシトールは、これにあたります。
私の場合は病気とは違うので、これを飲んでも治癒には結びつきませんが、
症状の緩和にはなるので毎日飲める量が出されています。
けれど、副作用がでる関係もあって不真面目な服用しか私はしていません。

ブログで紹介されている文献では、
65歳以上の認知症のない高齢者、3434名を登録し、
平均で7.3年間の経過観察を施行され、
その間に23.2%に当たる797名の方が認知症を発症。、
そのうちの637名はアルツハイマー病(疑いを含む)と判断されたということです。
そして、3年以上毎日常用量を使用した患者さんにおいては、
認知症全体の発症リスクが1.54倍(1.21から1.96)、
アルツハイマー病の発症リスクが1.63倍(1.24から2.14)の増加がみられたそうです。

ここで、注目すべきは、
大部分の人が飲んでいたのは、抗コリン剤である薬の、
風邪薬や花粉症、めまいや酔い止めなどとして処方される、
抗ヒスタミン剤であり、これが全体の半分以上で、
別段私のように特別な症状のために飲んだわけではないのです。

私は、花粉症も出ますが、自律神経に働きかける薬を二重に飲みたくないので、
花粉症に関しては、薬ではなく、
フラワーエッセンスやポマンダーで対処しています。

もしかすると、花粉症や風邪で薬を飲む人の方が、
私よりも多く抗コリン剤を服用しているかもしれません。
そして、これにより認知症やアルツハイマーになる素養を知らずに高めている
可能性も考えられるのです。

現代に、介護が必要なお年寄りが増えるはずですね。


やはり、化学薬品は飲まずに済むならそれに越したことはないように私は思います。

そろそろ、花粉症の対策を始める方もいらっしゃるでしょう。
薬ではない方法で、向き合ってみたいと思われます方がいましたら、
ご相談くださいませ。




nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

来てます!? [花粉症]

2014_0624_160854-CIMG0572.JPG
少し前から目覚めた時に喉が痛くなっていることが増えています。
私は睡眠時にはエアコンは切り、朝のタイマー始動も使わない人です。
こんな私が目覚めると喉が痛いというのは、
眠っている間に口呼吸をしている証拠、これは花粉症です。

起きている時はまだ、時々くしゃみが出る、鼻水が出るだけで済んでいますが、
要注意です。
この程度のままで乗り切れればいいのですが、
このくらいの時に睡眠不足を重ねたり、
飲酒したりして、
いっきに悪化してしまうとシーズン中状態が戻らなくなります。

先日の記事★に書いたように、
花粉症の薬も自律神経に作用させる抗コリン剤です。
日常服用できるように抗コリン剤を出されている私は、
同じ系統の薬を重複して飲みたくないので、
花粉症に対しては例年、
オーラ・ソーマのポマンダーや、
ワイルドフラワーエッセンススニージィーズスプレー
ロールバイアルを使ったツボ塗りで、
改善、乗り切っています。

私の場合は、背骨の歪みが取りきれないから、
根絶が難しいのですが、
普通の人なら、治せるはずの症状です。
皆様、できるだけ、薬ではない方法で、
治すことを心がけてみてくださいませ。


もちろんポマンダーやスニージィーズの注文承ります。


★飲まずに済ませたい薬→http://emerald-heart.blog.so-net.ne.jp/2015-01-31
タグ:花粉症
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

つらい花粉症 [花粉症]

2016_0303_160125-CIMG1266.JPG
温かい日が増えてきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私はやっとインフルエンザから回復し、
昨日は歯医者に行ってきたのですが、
帰宅と共に花粉症がいっきに出ました。
止まらないくしゃみと鼻水、目の痒み・・・今年、結構ひどいのかしら!?

私は花粉症には小学生の頃から悩まされています。
つまりかれこれ40年以上ですね。
アレルギー体質に生まれていることと、
背骨の側湾症があることなど、花粉症が出て当たり前の条件が揃っていますから、
しかたありません。
ですが、30代頃を最後に薬は飲んでいません。
もともと、私と上手くあう薬がみつからなかったのもあるのですが、
薬よりもオーラソーマのポマンダーや、
フラワーエッセンスの方が効果を感じられたからです。

さらに現在私は、背骨の障害のためにおきている膀胱の過活動を抑える抗コリン剤を
日常飲めるように処方されているので、
花粉症の薬も同じく自律神経に働きかける抗コリン剤が主ですから、
重ねては飲みたくないので、飲まない方針でいます。


花粉症は、私の子供の頃とは違い現在は市民権がある病気になり、
いくらでも花粉症の人を見つけられるような世の中になった気がします。
そうした人々がどのくらい薬を飲んで対処しているのかは、わかりませんが、
抗コリン剤の服用は、将来的には認知症の発症率をあげるというデータが、
すでに発表されているようです。

やはり、化学薬品は飲まずに済むならそれがベストと思います。

薬を飲まずに済む身体づくりを、
肉体的にはノニジュースで、
サトルボディには、オーラソーマやフラワーエッセンスで、
クリーニングして、理想の自分を手に入れることをこれからも目指しつつ、
皆様のこともサポートできたらいいと思っております。

nice!(28)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
花粉症 ブログトップ
メッセージを送る