So-net無料ブログ作成
検索選択

自分の太陽を輝かせる [オーラソーマ]

CIMG1724.JPG
11日火曜日は珍しいピンクムーンの日でしたが、
あいにくの雨で萬月にお目にかかれた人は少なかったかもしれませんね。
桜の季節の萬月をピンクムーンというそうで、
この波動は恋愛運がいっきに高まるといいます。
私はこの日、昼間はバーミストリービーマーライトペンの勉強会(交換セッション)に、
参加してきました。

私はこちらはレベル1なのでできるセッションはとても限られているのですが、
その少ないセッションの1つ「霊性のトリニティ」は、
他者にさせていただく度にとても深いものであるのを実感しています。
ビーマーライトペンをコーザル体から照射を始めていくわけですが、
人それぞれにペンが止まる領域があるのです。
それがみんな違うし、その時当てている光の色も違います。
このペンが止まるというのは、そこがその光を沢山欲しているからです。
それはその人が心身のバランスを取るのに必要な光であるわけです。


私はこの日、写真のようにボトルをセレクトしていましたので、
惑星の光を入れて貰うことになりました。
それは「太陽」のボトル。
とても気持ちよかったです。
この所の私は、オーラの各層のブロックを取り除き、
ブッディ体やアートマ体をヒーリングして、
自己の内なる太陽「モナド」の光を輝かせるために、
ヒーリングを進めているのですから、
まさに太陽がジャストフィットだと感じました。

そして二番目に選んでいたボトルは、回復期のボトル。
これまでは、自分の治癒に専念する必要があったのをボトルが教えてくれました。
このヒーリングが完了したらどこに自分は向かうべきなのかの迷いを、
3番目の放浪者が端的に現していました。
でもこれはすべて地上に生きることの遊びであることを、
4番目にあるターコイズが示唆しています。
ブッディ体やアートマ体を癒すなんてすごい大それたことをしていると、
思う自分もいるのですが、
私の2本あるインテレクトボトルのHarielは、
「非凡な才能とより大きなヴィジョンと平凡なレベルとのリンクをサポート」という
天使ですので、運命数99のマスターとして生きることも自分の使命と、
普通でないこともギフトとして受け入れていくだけです。


パーミストリービーマーライトペンセッションに興味のある方は、
ご連絡くださいませ。

この日、眠りにつこうとベッドに向かうと、
窓から入り込む明るさにおもわずカーテンを開けてカメラ取り出しました。
ナイトモード撮影なのでやや画質が粗いですが、
ピンクムーンの光を感じていただけたらと、思います。
CIMG1727.JPG
nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 2

ikuko

ピンクムーンっていうんですね!
知らなかったです。
夜桜と月の組みわせは幻想的でいいですね
by ikuko (2017-04-14 12:11) 

A・ラファエル

ikukoさん

はい、私も今年初めて知りました。
でも、考えてみれば、桜の開花と萬月が揃うタイミングは、
なかなか無かったように思います。
by A・ラファエル (2017-04-14 13:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る