So-net無料ブログ作成
検索選択

身体に現れるグラウンディングの困難さ [ヒーリング]

CIMG1687.JPG
グラウンディングを日本語にすると地に足をつけるという。
日本語にしてさえも抽象的な概念になってしまいますが、
私はこのグラウンディングということがはなはだ難しい生き方を
すでに人生50年展開しています。

オーラソーマでいうとグラウンディングはベースチャクラ並びに
レッドと関連したエネルギーなのですが、
私はこのベースチャクラと関係する5番ボトルが塗ってもはじいてしまって入らない人です。
そもそも、生命力が漏れるという程の重症のエーテルギャップを患っていた人なので、
生命エネルギーが身体の中心になかったのです。
こういうのは霊的視力が開けている人にしか視えないことですが、
このようなエネルギー状態であることが肉体の特徴にも影響します。
たとえばモンローウォークをする人、
骨盤が安定しないこの歩き方をする人は、エネルギーの不安定さからくるものです。
地上に対して平行に歩けないというのは、
アップダウンの激しさを感じているのです。
また、土踏まずのアーチの高い人、
地面と接触する面の少ないこのタイプの足の人は、
繊細な気質を持つタイプです。
母親の妊娠期間中も流産の危機を迎えたり、難産だったりと、
地上に誕生することに抵抗があるようです。(私はこれです。)
最初のサターンリターン(出生図の位置に土星が戻ること、土星は28年周期)を、
迎えるまでに生きる喜びをみつけておくことが大事であり、
家族などの手厚いサポートが必要ともいわれます。
地上と結びつく面積が狭いのですから、
グラウンディングが困難であるのも道理です。
サターンリターンを経験後、
私は代わりに天上との結びつきが深くなることで、
生きることをサポートして貰っています。
でも、地上での自分の活かし方というのはやはり、難しいと感じます。

また、現実問題として土踏まずのアーチが高すぎて足にあう靴が少ないのも、
結構色々困った問題を引き起こしてくれます。
TPOにあわせたり、流行にのったファッションができないのですから・・・。
この意味でも我が道を行くしかありません。

nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 17

コメント 2

ikuko

合う靴がなかなかないのは、大変ですねー。
靴で外出した時の疲れ方ってかなり変わってきますもんね。

by ikuko (2017-03-19 10:14) 

A・ラファエル

ikukoさん

市販の靴は2Eとか3Eなのでほとんどの靴は一歩歩く度に脱げます。
靴に関してはおしゃれなんて考えられません。
by A・ラファエル (2017-03-19 21:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る