So-net無料ブログ作成
検索選択

子供を産めない [ヒーリング]

CIMG1673.JPG
写真は野蒜のたまり漬けです。
久しぶりに食べた野蒜、子供の頃はいつも酢味噌でしたので、
こういう食べ方もあったのかと新鮮でした。


さて、昨日は「紅霞後宮物語 第五幕」を探しに新宿へ。
この作品、大手出版社ではないものですから、
何処の本屋でも売っているというわけにはいかないのです。
購入後、すぐに笑いながら読み、
けれども今回読み終わったあとに異様に気分が落ちている自分に気づきました。
今回登場人物に「流産したかもしれない」というエピソードが出てきます。
作品としては気に入っていますが、
そんなに登場人物に感情移入をして読んでいたつもりはなく、
「ここまで落ち込むのはおかしい。」と、
ハイアーセルフに確認して、
子供が産めなかったことにまつわる思いを癒してもらうことにしました。

今生では、産むことは自分の命と引き替えにしないと無理な身体に生まれてきたので、
私は3次元上の子供を産むことは望んでいません。
自分で選択したのだからこれでいいと思っていました。
5次元では娘が待っていてくれますし・・・。

CIMG1675.JPG

天使とマスター、アイアムにヒーリングをお願いすると、
はっきりと自分のなかのエネルギーが軽くなったのがわかりました。

子供を産めないことの悲しみや罪悪感などのネガティブな思いが、
何時の時代に発生したのかもわからないのですが、
私は地球での転生のなかで女性にしか生まれていないのに、
一度も子供を産んでこなかったのですから、
いつからこういうネガティブな思いを抱えていたとしても不思議ではありません。
ただ、深夜に帰ってきたパートナーとこのことを話すと、
「おまえは、子供を産ませる道具じゃないし、
そのために、愛しているわけでもない。」と、言われました。

これだから、私達の関係は切れないのだと改めて気づいたのでした。

しかし、相手がこのように想ってくれていたとしても、
勝手に産めないことに対する罪悪感や悲しみが湧いてしまうのが、
女性側の心理なのかもしれません。
この意味ではこれは女性全体に関わるカルマだったのかもしれないと、思うのです。
タグ:前世の傷
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る