So-net無料ブログ作成
検索選択

4才のインナーチャイルド [インナーチャイルド]

DSC02326.JPG
今年の十月からこちら私は活動の弱まってしまったハートチャクラを
回復させるための日々を過ごしています。
以前紹介したチャクラスターでの計測でも今年のデータはハートにおいて過去最小数値を示していました。
しかし、チャクラスターではハートの前と後のどちらがより開いているのか、
または閉じているのかはわかりません。
チャクラの前と後で伸ばすべき性質、癒すべきものが違うので、
明確にした方が具体的な対処が変わります。
そこで、自分でこれを計測してみましたところ、
後側が閉じ気味なのがはっきりしました。

ハートチャクラの後側、バーバラ・アン・ブレナン女史によると、
ハートの中の意志の部分となり、
現在発売中のHONKOWAで流水りんこさんが受けたチャクラの測定者によれば、
意志の他に自分への愛やインナーチャイルドが関係しているという。

インナーチャイルドは本当にこれでもかと言いたくなるほど、
何度も浮上してくるヒーリングポイントです。
今回は、先ず年齢を特定してみました。
すると、「4才」がヒーリングポイントとして特定されました。
4才と言われても私自身何も思い当たることはありません。
けれど、この「4才を癒す」というテーマで花を選んでみたら、
写真の花達になりました。
これは結婚観の癒しの延長かもしれないと感じました。
4才で何故男と女関連の花が二種類も出てくるのかとなかば呆れが出た時に、
浮かんでくるヴィジョンがありました。
母と母の親友の会話です。
私と母の親友の息子が結婚したら本当の親族になるという他愛もないものです。
でも、これが当時の私には結構ショックだったのです。

私は小さい頃の年の近い遊び相手は男の子しかいない環境で育ちました。
従兄弟や二人の幼なじみはどちらも男の子です。
その中の1人が話題の息子ですが、三人のなかで考えると一番あわない、
デリカシーのない相手だったのです。(この子が「Aちゃん家は貧乏」発言の主です。)
そのような相手との結婚話をされること事態が我慢ならなかったようで、
私のことなのに私の意志を無視されている気がしたのです。
けれども、この頃の私はこのような反論を親達に向かって言えるような性格ではありませんでした。
口に出せない分深く内側が傷ついていってしまうのです。

大人になった今なら親達がどの程度の気持ちで話していたかは理解できます。
本当に他意のない夢物語のような会話でしかなかったのです。
事実、私達が思春期を迎えた頃には、あまりの性格のあわなさに、
「二人が結婚するなんて考えられない。」発言が出てきているのですから。
実際、男だと認識するのも未だに難しい、身内感覚しか持てない相手です。

インナーチャイルドとはこのように、他愛もないエピソードであっても関わる本人が、
傷つく体験で何かの変化を起こしたなら、
ひとつのチャイルドとして残り続けることが有り得るものなのです。

DSC02325.JPG

本当に今年の後半は自分の内面の大掃除を続けてきた気分です。
これも自己に迎える新しいエネルギーのための準備なのだと思います。
さて、アサオチャ飲み終えたら最後の大掃除部屋の窓拭きです。
新年を気持ちよく迎えるためにもう一踏ん張りせねばなりません。

皆様よいお年をお迎えくださいませ。


nice!(14)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 14

コメント 6

お茶屋

今年も大変お世話になりました!
どうぞよいお年をお迎え下さいませ♪
*タグ、ありがとうございます^○^
by お茶屋 (2011-12-31 11:01) 

A・ラファエル

お茶屋さん

こちらこそです。
ご家族皆様、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。
by A・ラファエル (2011-12-31 13:46) 

ぞぴー

大掃除お疲れさまです。
自分も今日は煤払いをして、簡略の大掃除を済ませました。

それでは、良いお年をお迎え下さい。
by ぞぴー (2011-12-31 16:48) 

とりのさとZ

 来年も

 時々

 来るから

 こちらへも

 時々

 来いよな

 じゃぁ。

by とりのさとZ (2011-12-31 20:37) 

A・ラファエル

ぞぴーさん

ありがとうございます。
そちらもお疲れ様です。
by A・ラファエル (2012-01-01 14:13) 

A・ラファエル

とりのさとZさん

はい、年末のわざわざのご挨拶&nice!をありがとうございます。
本年もお言葉に甘えて、時々立ち寄らせていただきます。
by A・ラファエル (2012-01-01 14:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る