So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲームによる癒し [ヒーリング]

実は私はゲーマーです。
一人で何時間もゲームに向かっていることが出来ます。
もともと漫画家を目指していたような人ですので、1日机に向かうという作業自体が平気なタイプです。
もちろん身体にはこんなことは良くありません。
ですから、以前は腰痛防止の膝あてのある座面が斜めになる特殊な椅子を使用していました。

現在はあえて何もゲーム機器を持たない生活をしています。
しかし、コンピューターゲームも悪いところばかりとは思っていません。
今日は姉に呼び出されて姉の家に行って、「街へいこうよ 動物の○」をしてきました。(笑)
クリスマスプレゼントで姪がもらって始めた今回のこれには私も住人の一人として参加しています。
このシリーズの最初のゲームをしていた時は、私達は同居していました。
私は姉の嫁ぎ先に居候していたのです。
ゲームの中で初めての一人暮らしを充実させていくうちに、
現実でも自己の力を試してみたくなったのは事実です。

まぁ、現実とゲームは違うというのは重々承知しています。


最近ニュースパズルゲームの古典「テトリス」がPTSD(心的外傷後ストレス障害)に効果があるというのが流れました。
実は私が腰痛で寝たきりになった時にベッドのなかでの苛立ちと苦痛の対策として
1番熱中してはまっていたのが、この「テトリス」でした。

実験では被験者にPTSDになるような映像を見せた後グループを半分にして、
片方にはそのままで、もう片方のグループには「テトリス」をさせたところ、
テトリスをしたグループにはPTSDの出た人数が少なかったことから、
学者達は「テトリス」をする時の脳の働かせ方がこの結果の違いを生み出すのではと考えているそうです。

心と脳の働きとしては、なかなか興味深い話題です。
特に自分も絶望に突き落とされた生活の中でこれをして、立ち直った後に、
「なぜ、そこまで追い込まれて一人で立直っているのか?」と
言われていましたから、経験者としてこれは本当に何かあるように思います。

どちらかというとゲームの悪影響ばかりがささやかれていますが、
適切なゲームとの付き合いが出来れば、人の癒しにもつながるのかもしれません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る