So-net無料ブログ作成

☆☆お知らせ☆☆

「舞い降りた大天使画とボトルの饗宴」
嬉しいことに私のイラストの個展開催していただけることになりました。

期間 2016年7月14日から7月20日
場所 日比谷シャンテ 地下1階 i-making

予約不要で大天使達に会える!?
前の20件 | -

アルコール依存症の改善について [依存症]

IMG_20180621_115147.jpg
飲酒が絡む不祥事を起こした芸能人NewSが続いたようですね。
私でもその名前を知っているほどの有名な人が、話題になっていますが、
それはアルコール依存症というものの認知度を上げてくれる効果になっているかもしれません。

私は依存体質であったけれど、アルコール依存症にはなりそうもない自分です。
何故ならお酒を飲むことに楽しみが伴わないからです。
私の父方は酒豪揃いで実は父も若い頃の酒量は半端なかったそうですが、
ある時にひとりで日本酒3升(1.8リットル×3ですから5.4リットル?!)飲んで、
急性アルコール中毒になり病院に担ぎ込まれたそうで、以来父はあまり飲まなくなった。
こういう父の体質を受け継いだのか、滅多に酔う事がありません。
酔うという気分の高揚感がほとんどないうちに、
アルコールのせいで血の巡りが速くなり、脳が酸欠で頭痛を起こす。
つまり気分的には素面のうちに、体調が嫌な状態になってしまうのです。
多分もともと上半身においては普通の人より血の巡りがいいことが関係しているのでしょう。
ですから私はお酒を飲みたくなる人の気持ちがわからないのです。

お酒が好きな人の殆どは、飲んだ時の気分の高揚感が理由でしょう。
これを欲するがために飲むのです。


人生において何か逃れられない不快な気分になることを持っている人が、
一時の忘却を求めてお酒を飲む。
つまり、アルコール依存症になる人々というのは、
感情的な問題を抱えている人々でもあるのです。
ですから感情体の癒しなしにここから立ち直るのはとても難しいのです。
ところが、日本人はメンタルを強くすれば感情は抑えがきくと、
思い込んでいる人が多いので、
感情へのアプローチ方法が根本的に間違っていると言わざるを得ません。

人間の精神体の働きと感情体の働きは別物ですので、
精神で感情を恒久的にコントロールすることはできません。
こんな無理なことをしようとしているから、
自分以外の力に頼るようにもなるのです。


私は医師ではありませんので、アルコール依存症を治したいというクライアントが
私の元を訪れたことはありませんが、
これがほかの依存症の人よりも対処が厄介であるのは理解しています。
何故厄介かというと、フラワーエッセンスが使えないからです。
フラワーエッセンスは、原液に保存料としてアルコールが使用されています。
何処のブランドのどの種類のものもフラワーエッセンスは、
素晴らしくよく感情体のエネルギーを動かしてくれます。
ですが保存料として使われているアルコールにさえ、
アルコール依存症の人は依存してしまうので使用すべきではないのです。

フラワーエッセンスが使えないとすると、できるアプローチは、
カウンセリング的な言語を用いたものの他は、
セカンドチャクラを整え健全化することでしょうか。
依存と中毒の問題にはセカンドチャクラの不健全さが関わっていますから。
さらに、サイキックなアプローチとしてはオーラのアストラル体(感情体)に寄生する
アストラル生物の除去も有効でしょう。
彼等がアストラル体に寄生している限り、
お酒を飲みたいという情動がかき立てられるのですから。


セカンドが整ってきた後、ハートの問題に取り組むほうが、
本人の向き合う力を引き出せるでしょう。
これはアルコール依存症のみならずすべての人々にあてはまることなのです。

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

前世を癒す方法 [前世]

CIMG2116.JPG
前記事に書いたクリスタルによる前世ヒーリングをしたのは、二十代のことで、
まだ私はオーラソーマにも出会っていない頃でした。
私はもっとヒーリングの精度を上げたくて色々学び続け、
オーラソーマの次にフラワーエッセンスとも出会い、それぞれを学んだのです。

クリスタルヒーリングは、癒したい過去の時代を特定することはできません。
オーラソーマのボトルは、色やボトルによって結びついた特定の過去世を癒すことはできます。
しかし、私のように延々この国で転生を繰り返していたりしますと、
これを細かく区切っては、できません。
例えば、江戸時代初期とか中期、末期なんて区切って癒したいなら、
フラワーエッセンスや、聖なる炎によるヒーリングが一番細かく指定できることを
学びました。
ですが、聖なる炎での癒しは、これを受け取れるレベルになっている人でないと
ヒーリングになりません。

一般的には、癒したい前世がはっきりしているのなら、
フラワーエッセンスが手っ取り早いと言えます。
時代の特定が出来ないのなら、まずはオーラソーマでボトルを選んで使うことを
繰り返したほうがいいと私は考えています。
私のようなサイキックな力のある人なら、どのセッションであっても、
セッションを数回繰り返すうちには、最優先で癒すといい前世がわかるでしょう。

時には、クライアントは前世に問題があると思い込んでいても、
一番の問題は現世にあることもあります。

どのような場合でも、その体験のなかに必要な学びが在ることを知っていれば
何も問題はないはずです。
タグ:前世を癒す
nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

前世持ちⅡ [前世]

2011_1110_130436-記憶の海へNC.jpg
リアル前世持ちの私、何故こんなにそれが幻想ではなく前世であると断言できるかと言えば、
かっては4人という人数でお互いが話すことに辻褄が合っていたからです。
私は気になる史跡を廻っていて同好の者達と沢山出逢い、
そこに私の前世での婚約者(夫)の妹二人と私の妹というメンバーが集まりました。
しかも四人ともそこそこの霊感持ちでもあります。

顔つきあわせて話すうちに、歴史の裏がとれていく・・・。
そういう二十代を私は過ごしていました。
27才の時に私が腰痛で倒れ、
数年寝たきりになってしまったので、
二人とは疎遠になってしまいましたが、
もと妹とはいまも交流が続いています。

ですから、妄想ではなく1つの前世として受け入れることが出来ました。


寝たきりから起き上がるために、色々勉強を始めた私は前世に障害の原因があるとしたら、
現代医学では、治せないと考え、前世療法としてクリスタルに興味を持ちました。
まだショップもあまりなく、なかなか種類も揃わない状態でしたが、
ある時の石を使った瞑想で、私は一つ前の前世で死ぬ瞬間にシンクロすることが出来ました。
一つ前の人生の終わり、
呼吸もままならない激痛に体を見ると、自分の胸から腰までを大刀が貫通していました。
私を襲った相手に私をこれ以上好きにさせないために、
自刃することを選んだのです。
武家の女は二夫にまみえずという生き方をするのが当たり前でもありましたしね。
この前世で刃を貫通させた腰部分と現世の私の二分脊椎症の病変部が一致していました。
※参考リンク http://www.neurospine.jp/original35.html (医療写真が掲載されています苦手な方は、ご注意ください)
瞑想の中、痛みに苦しみながらも私は胸から刀をゆっくり引き抜き、
抜くと同時に傷口がふさがることをイメージしました。
やっとのことで全部を引き抜いた私の意識は、堕ちていきました。

瞑想から覚めて、体の上に置いたクリスタルをどけようと手にすると、
第3チャクラ付近に置いてあったクリスタルの一部が粉になって落ちました。
これが前記事の写真に映っている国産水晶です。
小学生頃より手元にあってながく私と過ごしてきたクリスタルでもあります。
この水晶は、自分の一部を失う形で私のヒーリングに貢献してくれたのです。


当時、私の二分脊椎症の病変部は、骨こそ見えない状態になっていましたが、
ぷよぷよとして茶色く壊死しているようだったのですが、
この瞑想の後、色素沈着はあれど普通の肌が再生されるようになりました。
通っていた鍼灸師の先生(実はこの人が前世の私をレイプした人の生まれ変わり)は、
リアルタイムで私の肉体の変化を目撃して絶句していました。

東洋医学も西洋医学もなしえなかったことを
クリスタルによる前世ヒーリングは達成したのです。



今回の写真、中央のタンザナイト(細石)も前世ヒーリングに働く石のひとつとされています。

nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

前世持ちⅠ [前世]

IMG_20180604_124616.jpg
最近のラノベには、転生をネタにしたものが流行っているようで、
読んでいて微妙な気持ちになることがあります。
それは、私自身がリアル前世持ちだからです。
もっとも、前世はほとんどの人が持っているけれど、私のように思い出せていないだけです。
ごくわずかに「スターピープル」と呼ばれる、初めてこの惑星に転生した魂の持ち主は、
存在するでしょうが、彼等も地球に来る前の経験があるはずなので、
前世がないとは言えないかと思います。

ラノベの転生ものに火をつけたのは、「転生したらスライムだった件」のヒットからではと、
姪は言います。
私はこの作品には食指が動かないので、読んでいません。
そもそも、人間が人外に転生するはほとんどないと思っています。
動物から人間に転生はあるように感じられますが、
それこそが魂の進化の過程を表しているのであって、
ここの後退はまずないものと考えてよいように思うのです。
(仏教の六道輪廻を真っ向から否定していますね。)

さて、リアル前世持ちの私の体験からいうと、
前世を教訓に今生を生きるというのは、簡単なことではありません。
何故なら、前世の記憶というのは、普通は潜在意識のなかにあるもので、
私達の行動を左右しているものだからです。
簡単な例で説明すると、
前世で迷路を右に曲がって死んでしまったから、
今度は左に曲がろうなどという選択肢はとれず、
無意識に今生でも右を選択してしまう。
私達はそれほどに、潜在意識から影響を受けているのです。
人間の意識というのは、顕在意識1に対して潜在意識9という割合だと言われています。
ですので、わかっていたはずでも9からの影響が思考や行動に出るのです。

思い出している私でさえも、この影響から何もせずには抜け出せるものではなく、
ここから抜け出すことをサポートするのがヒーリングでもあるのです。

今回の写真は、前世ヒーリングに働くと言われる、
スケルタルクォーツとキアナイト、スモーキーアメジスト(写真のはエレスチャルタイプ)、
そして、実際に過去世ヒーリングに働いてくれたクリアークォーツ(国産)です。
クリスタルヒーリングで何が起きたのかは、長くなるので次回以降に書きますね。
nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ミッドナイト レムリアンジェード [クリスタルヒーリングⅠ]

IMG_20180527_115657.jpg
仕事用に使っていたペンジュラムをネックレス仕様にリメイクしました。
そうしたら、ハイアーセルフから
「これからはこれを私用のペンジュラムにするように」と指示がありました。

私がこれまで私用に使っていたペンジュラムもお手製で、
こちらはダウのレムリアンシードなのですが、
石を傷付けたくないあまり、ワイヤーの巻きが甘いのと、
使っているワイヤーが925SILVERだったので軟らかいため時々抜けてしまいます。
このため、持ち歩きたくはなかったのです。
ネックレス仕様のペンジュラムについては、大分前から考えていたのですが、
とりあえず作らないとわからない部分もありますので、作ってみたわけです。

私は一般的にいいと言われるヒマラヤ水晶とかのペンジュラムでも
ハイアーセルフからはOKが出ません。
かなり高次の情報を受け取るためには、
石自身が高いエネルギーのものでないとだめらしい。
こうした意味でもペンジュラムというのには相性があるのです。


さて、写真の石はレムリアンジェードのミッドナイトと呼ばれる
黒いジェダイトをベースにしたタイプです。
レムリアンジェードにはグリーングレイのネフライトをベースにした
シャドウレムリアンジェードもあるらしい。
残念ながらシャドウタイプを私はまだ目にしていない。
二つのタイプを持ち合わせると完璧なサポートを得られるとか。

シャドウタイプは変容期にある人をサポートするのに優れているらしく、
なるほど私の前に現れないのも道理。
私のように万年変容期にいるような、変容に慣れている人間には、
必要がないとも言える。
こんな私の元に来たミッドナイトタイプは、ネガティブなエネルギーを浄化して
心を癒し、保護を与える。また、豊かさに気付きをもたらし、財を引き寄せるとも・・・。

私は今とても深いハートの癒し、ここにあるネガティビティと向き合っているので、
ミッドナイトタイプがあっているのでしょう。
豊かさ云々については、ベースとなっている成分がジェダイト(本翡翠)なので、
それはもれなくついてくるかもと思うところです。



nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

メタモルフォーゼス クォーツとオウロヴェルデクォーツ [クリスタルヒーリングⅠ]

IMG_20180525_105640.jpg
長年手元にありながらもその効果がよくわからないクリスタルがあります。
私にとってメタモルフォーゼスクォーツはそういう石のひとつでした。
メタモルフォーゼスローズクォーツは、すぐに普通のローズクォーツとの違いがわかりましたが、
メタモルフォーゼスクォーツは、微妙で何かの力は感じるのだけれど、
どういう力なのかがよくわからない石でした。
路子に言わせると、
「ヒーリングにおける最高善を引き出すことをサポートする」らしく、
私の印象ではこれゆえに単体で働く石ではなく、
他の石のヒーリングをサポートしてくれる、そういう働き方をするように感じています。

この石の厄介なところは、外見的には普通の白水晶と見分けが付かないところです。
外見的特徴はなくとも、成分に違いがあり、
この為にガンマ線を照射するとグリーンイエローや黒に変色します。
この石の命名はクリスタルヒーラーとしても有名なメロディさんで、
ブラジル、ディアマンティーナでのみ産出。
それも結晶形は示さずに塊状であるという。

メタモルフォーゼスクォーツにガンマ線を照射し約300度ほどの高温にすることで
黒色に変色、そこからさらにゴールドグリーンのオウロヴェルデクォーツに
ごく僅かな石が変化するという。
オウロヴェルデクォーツは、人生を成功へ導く、運命を変えると、
メタモルフォーゼスクォーツと同じ効果がさらに強いと謳われています。

市場に出回るオウロヴェルデクォーツは、ほとんど人工的につくられたものです。
ガンマ線は自然にも存在しています。
冬期の日本海沿岸地域において雷雲から
10 MeV(1×10−9 mSv)のガンマ線を理化学研究所が40秒間観測しています。
この意味では雷水晶なども微量のガンマ線を帯びているのかもしれません。
※雷雲からのガンマ線量は1回の胸部X線で浴びる放射線量の2億分の1程度
そういういうことを考えると、自然発生したオウロヴェルデクォーツの存在は否定できませんが、
あったとしてもとんでもない高値がつけられることでしょう。

私はミネラルショーなどを歩いていて、
掘り出し物のクリスタルを見つけることは良くありますが、
これは基礎的な知識と経験的なもの、さらには石のエネルギーの感知という裏付けに
よって見つけられるのです。
安いからと飛びついて騙されないよう、
信頼できるところから入手されるようお勧めします。

ちなみに私が入手したのは、産地証明のある鉱物屋さんとメロディさんのお弟子さんからです。
後者はメロディさんのサイン入り証明書付きです。

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ファイヤーアゲート [クリスタルヒーリングⅠ]

IMG_20180517_165223.jpg
私が初めてこの石について知ったのは、
クリスタルのオラクルカードで出てきた時でした。
そのカードはそれぞれの石を写真ではなくイラストにしているので、
私はますます頭を悩ませました。
とても姿がわかりにくい石なのです。

今ではきちんとこの石を認識していますので、
あのカードのイラストがおかしかったということではなく、
複雑な外見の石であることを理解しています。
この石を知った現在でも写真のような原石ならともかく、
カットしたり研磨されたりしたら見分けがつかないかもしれないと感じます。
ほかのアゲート(瑪瑙)のように平板にカットされたり、丸に磨かれたら、
この石の特長である模様が見えなくなる可能性が高いでしょう。
それだけに市場にはアゲートの色の近い物をファイヤーアゲートと称して売っている
業者もいるようです。

ファイヤーアゲートもアゲートもどちらも瑪瑙なのだからいいじゃないかと、
そういう業者は考えて儲けに走るのかもしれませんが、
持っているエネルギーは全然違います。
晶洞になったアゲートは昔から願望成就の石として知られています。
しかし、ファイヤーアゲートは、ネガティブなエネルギーの除去に優れ、
私は生き霊に悩まされていた時、この石とグリーンファントムクォーツと
アクアマリンでブレスレットを作成して
問題に対処しました。
生き霊は著しくこちらの気力体力を消耗させるので、
根本対処に向き合う力がなかなか取り戻せなかったのです。
とりあえず近づけさせないくらいには、あのブレスレットは働いてくれました。


鉱物的には近いのだから、同じ種類だからと、
正確さを欠いた販売がなされることがあります。
彼等は石の物質的なことには詳しくても、エネルギー的なことには素人なのです。
お金を儲けることに貪欲なのがその証拠でもあります。
また、きれいな見た目のものに惹かれる人が多いので、染色や含浸処理を
施している石も沢山販売されていますが、
これらには石として人を癒す力はなくなっていると言ってもいいでしょう。

折角石に興味を持たれたのなら、
基礎的なことを学び、信頼できる業者から買うという
努力も必要であると知っていてくださいませ。

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

曜日毎の光線 [アセンション]

IMG_20180510_094529.jpg
故オレリアさんが書き残したレムリアに関する本の一冊が写真の
「The Seven Sacred Fiames」です。

私達がアセンションするために身につけるべき基本の聖なる7つの炎(光線)について
書かれた本です。
著者が亡くなっているのでは版権がどうなっているのか
私ではよくわかりませんが、これの日本語版が欲しいところです。

聖なる7つの炎(光線)は、私達のチャクラとも関係しています。
簡単に言ってしまえば7つのチャクラを活性化させることが
アセンションの準備段階なのです。

聖なる7つの炎(光線)は、それぞれ曜日ごとに活発になる炎が決まっています。
月曜 神の第一光線 ピーコックブルー
火曜 神の第三光線 ピンク
水曜 神の第五光線 エメラルドグリーン
木曜 神の第六光線 パープル&ゴールド
金曜 神の第四光線 ホワイト
土曜 神の第七光線 ヴァイオレット
日曜 神の第二光線 イエロー                   という具合です。


私は自分自身のチャクラの状態に気づき、
オーラソーマ的に色の光線でもって
自己のバランスを取ることを日常的に続けてきましたので、
どの光線が必要であったり、どの光線があまり補充が必要でなかったりということに、
すぐ気がつきました。
そうして自分のモナドの光が第一光線であることを理解したのです。
モナド体はコーザル体より上、
魂の次元であり、この光線の色は何度生まれ変わろうとも変わりません。
けれども、学ぶべき光はほかにも沢山あり、
1回の人生で学ぶべき光はモナドがもつ色とは関係ありません。

この自分のモナドの色は、どうやら自分の生まれ曜日と関係しているようです。
例えば私はブルー系であるわけですが、
ブルーは神の第一光線の色であり(それぞれの光線には色幅が広く含まれます)
月曜日に活発になる光線ですが、確かに私は月曜生まれなのです。
※ご自分の生まれ曜日を調べたい方は計算できるサイトこちらにあります。→https://keisan.casio.jp/exec/system/1177638326


ハイアーセルフやマスター達に訊ねてみると、これは偶然ではないというので、
多くの方がご自分を理解する情報の1つになるかもしれません。
ただ、現代は私が生まれた頃のように、自然な出産をしていないケースもあり、
出産を促進剤とか使って生まれ日までコントロールしてしまっている場合も
これが当てはまるかどうかは疑問が残ります。




nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

魔女狩り-取り替え子ー生き残りをかけたショック [前世]

IMG_20180503_124509.jpg
2月に配信された虹いろコラム「ボトルが教えてくれた」https://ameblo.jp/asiactjapan/entry-12350371112.html
こちらで書いていたことですが、B115を使った感想を今回書きますね。
写真の通りに、やっと終わりが見えてきました。
というのも、私の春先は用事が多くて、好転反応出して倒れている暇がないから、
使えない(塗れない)日も多かったので、かなりローペースな1本になっています。
とはいえ、この前のB114大天使ラグエルほどではありません。
あちらは、塗っても身体がはじくせいで1回に消費する量が少なくて、
半年以上かかりましたから・・・。
B115は、塗れば身体に入っていく普通の反応でした。
色からいって好転反応ありそうだと思っていましたが、
倒れるような種類の出方はしていません。
けれども、地味に大きな反応を起こしてくれました。

B115の使用は、家族へのサイキックな情報をもたらしてくれました。
レッドはベースチャクラ、集団・家族とのアイデンティティと関わるチャクラの色です。
オレンジはセカンドチャクラ、人との関係性と関わるチャクラの色です。
なので、家族に対するものが出てきたことには驚かないのですが、
これが私の家族のことではあるけれど、私のことではないというものであることには、
驚きました。

私の両親の前世に私は魔女狩りそれも取り替え子の前世があることを
ずいぶん前に私は読み取っています。
取り替え子というのは、不義密通など両親があきらかに揃っていない状態での妊娠や
産まれてきた子供が障害を持っていた時に、
その子供は「妖精に取り替えられた子であり、自分の子供に在らず」と主張し、
親が自ら子供を殺さねば、魔女狩りの対象になってしまうという宗教的因習です。
この前世があるから今度こそ障害のある子を自ら育てる誓いをもって生まれてきたのが、
私の両親です。
ただし、この過去世で殺された子供は私ではありません。
私はかれこれ二千年近くこの国でのみ転生を続けていますので、
魔女狩りは経験していないのです。
この魔女裁判で魔女ではない証明のために殺された子供の魂の転生した相手が誰であるかが、
今回わかったのです。
それで、現在身近にいるその人の私への無意識からの怒りを理解できました。
自分の時は殺されたのに、私はそのまま育てられていることへの嫉妬です。

その人は、昔から私への自分の言行動を理解していない様子でした。
理性的な行動と本能的な行動に二面性が強くて、
私は振り回されっぱなしだったのですが、
魂レベルでの感情なので本人も意識的ではなかったからなのですね。

自分ではない人の癒しは、どんなに望ましいものであっても
勝手に完了は出来ません。
なので、本人のハイアーセルフと天使にヒーリングを委ねました。
受け取れるだけでいいということでお願いしたのですが、
このヒーリングの後から、私の右足に変化が出ました。
私は腰椎から仙骨が体内でばらけている人なので、
姿勢よく歩くのは難しく、左前重心の腰が後に引けた感じで歩くのですが、
これまでの姿勢で歩くと右足をやや引きずる感じになってしまうのです。
しかし、歩く速度を少し落としながらも腰を前に押し出す姿勢にすれば、
右足は引きずらないで歩けます。

姿勢としてはこのほうがもちろんよいのですが、
肉体の筋肉はそんなにすぐには変化についてこないので、
以前の姿勢に戻ろうとします。
おかげでこの数日とても不格好に歩く私になってます。
好転反応としては地味ですけれども確実に身体に変化を起こすものとなったようです。


私の場合、B115はオレンジとレッドという色のもつメッセージの通りに、
サバイバルとショックに関連した家族のトラウマを癒すことに繋がったのです。

nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

コーラルにあらわれている私の使命 [オーラソーマ]

ソウルボトル.jpg
写真は私のミレニアムボトルです。
西暦二千年のお祝いに好きなカラーでオーダーして、
つくってもらったいわば私だけのボトルです。
このボトルの写真を少し上層部の色調整をしています。
ここがペールコーラルな場合の印象を掴みたかったので、
フォトショップを使って遊んでみました。

ペールコーラルにする必要は、私の名前のボトル達からの個人的探求です。
詳しくは昨日より配信の虹いろバトン「私のソウルボトル」をご覧ください。
https://ameblo.jp/asiactjapan/entry-12369655354.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----asiactjapan_12369655354

トゥルーカラーの上層がペールコーラルだとすると、
私の使命とは、コーラル的なものということが言えます。

そこに含まれるものは様々な可能性がありますが、
もうすぐプロになって19年のプラクティショナー生活、
ヒーラー的な見地からいうと、
私の所に、過去世ヒーリングが必要というクライアントさんが多いのは、
このコーラルが使命の位置にあるからと理解できました。
そして、とても深い(重たい)悩みの人も多い。
そこにもコーラルのカルマの束縛の解放というのが
関係しているのでしょう。

私が自身のヒーリングにおいて、コーザル体より上層を扱うようになっているということは、
コーザル体のヒーリングはマスターしたと捉えられます。
通常のカルマはコーザル体に記録されているものですので、
ここをヒーリングできなければ、真のカルマからの解放はないのです。

私のような特殊ケースはコーザル体より上層のヒーリングが必要です。
けれども、ここをヒーリングするためには、コーザル体より下のオーラの層を
ある程度はヒーリングが出来てないと無理というのも理解できるのです。

日々、ヒーリングの実践あるのみです。


今回、虹いろバトンのコラムを書いたことで思いがけず、
自身への深い洞察を得られました。
新たなる気づきのチャンスになったことには感謝するのみです。

ありがとう

この世界は愛と光に溢れています。

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

乳酸菌は夜に摂る [タヒチアン・ノニ・ジュース]

IMG_20180417_095117.jpg
私の一日は、ディープマゼンタカラーのジュースで始まります。
以前は、アサイーベリーでしたが現在はタヒチアン・ノニです。
これと一緒に乳酸菌サプリを飲むのがここ何年ものパターンでした。
ですが、乳酸菌も森下仁丹のものからMORINDAのものへと変更しています。
というのも私はかなり日本人体質のようで、ビフィズス菌とはあまり相性が良くないのが、
ハイアーセルフからのアドヴァイスと自分の体感でわかってきたので、
納豆などに入っている乳酸菌をもとにしたサプリメントに切り替えたのです。

この乳酸菌ですが、胃酸に弱いことが研究でわかっています。
この為、空腹時よりも食後に。
そして、腸の活動サイクルから最も活発に活動する「腸のゴールデンタイム」が
夜22時から深夜2時までですので、
夜に食べる方が効果的なことが最近話題になっています。

以前摂っていた森下仁丹製の乳酸菌は、胃酸対策として胃では溶けない物質で
コーティングされていましたので、「空腹時にお飲みくださると効果的」と言われました。
サプリメントを変えても深く考えずに、この習慣で飲んでいた私でした。
けれども、現在飲んでいるのはカプセル状のもので、
コーティングはされていませんから、ヨーグルトを食べているのと同じなわけです。

試しに朝の食前から、夜の食後に摂取のタイミングを変えたら、
格段にお通じがよくなりました。


サプリメントも摂るべきタイミングを知り、
効果的に使いたいものですね。
nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

フラワー・エッセンスを補うクリスタル [フラワーエッセンス]

IMG_20180403_165917.jpg
先日いらしたクライアントさんが、
お使いになっているエッセンスについての疑問を口にしていました。
「飲み始めはいいのですけれど、後半になると効果を感じなくなってくる」というような
ことを仰っていて、実は私もそれに共感するものがありました。

その方がお使いのエッセンス、私も知っているブランドです。
使ったこともあります。
その感想としては、兎に角、好転反応が早く出ます。
でも、反対にグラウンディングが弱い印象です。
エネルギーが精妙すぎるからでしょうか。
理由はよくわかりません。

かって、他界した路子ともう1人の友人とタッグを組んで行っていた新月ワーク、
こちらで使っていたエッセンスは、
現在も私が使用している
オーストラリアン・ワイルド・フラワーエッセンスです。
エッセンスワークは、このエッセンスのエキスパートである友人でしたが、
彼女曰く、「飲んだエッセンスの全部のエネルギーを定着させることが出来る人は
殆どいなくて、普通は3~4種類くらいになってしまうのがもったいない。」と。
最初に紹介したブランドのエッセンスよりも、ワイルドフラワーのエッセンスは
グラウンディングしています。
それでも、こういう風に感じられるものなのです。
ここを補う意味で、あの頃クリスタルやオーラソーマとのコラボを試みたのです。

必要と出たエッセンスにあわせてクリスタルでそのエッセンスと似た効果の
クリスタルでアクセサリーを作って、エッセンスのエネルギーの定着をサポートしたのです。
これはクリスタルは、土中から産出するものですので、
植物よりもエネルギーがグラウンディングしているからです。


今回の記事は、エッセンスにも、クリスタルにも一長一短があり、
組み合わせて使うとより効果的であるというお話です。
特定ブランドを否定するためのものではありませんので、
冒頭のエッセンスのブランドが何かは、書きません。
どうぞご理解願います。


写真は、落ちた花びらでピンクになっている道を写したら、
精霊の光が写り込んだもの。
スマホで見るとすごくきれいなペールグリーンの輝く光なのですが、
PC上では印象が薄くなってしまうようです。
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

猫のための一週間 [アニマルヒーリング]

CIMG2093.JPG
染井吉野はそろそろ散り始めた東京です。
先週が見頃を迎えていたと思いますが、今年の私は猫シッター出動中で、
カメラを持って出かける余裕はありませんでした。

姉が出張に次ぐ出張と、
家族のハードスケジュールが重なり、
日中猫達だけの留守番が続くことに。
CIMG2091.JPG
二匹でいるだけマシではありますが、シーちゃんはまだやんちゃ盛りの若猫です。
ハードなスケジュールをこなす人間も大変ですが、
そのしわ寄せは猫にも行きます。
彼等もストレスを受けるのです。
絶対動物って離れている家族のことも感じている気がします。

私が様子を見に行くと、
ナッシュのお出迎えはいつものことですが、
シーちゃんもお出迎えしてくれました。

とりあえず、お茶を飲み一息入れさせてもらっている間も、
二匹は私の足元にべったりです。
余程人恋しかったのでしょうね。

私のリフレッシュタイムが終わったら、
おもちゃでもって二匹を遊ばせ、定時のお食事を与えます。
トイレの様子も確認して帰宅。
翌日は、午前中から行って窓を開けて風を通し、家の掃除をしました。
この時期、冬毛から夏毛に生え替わるので、
抜け毛がすごいのです。
猫達自身もブラッシングします。

二匹を直接かまう時間が少なくても、
家の中で一緒に過ごす相手がいるだけで、
彼等の気持ちも安定します。
前日ほどはまとわりついては来ません。
でも、掃除して回るわたしのあとを追っかけてきていたりしてました。

こんな感じで猫達だけのために時間を費やした私でした。


私も姉も長年動物が常に一緒にいる生活をしてきていますが、
春先は特に鬼門です。
この時期に体調を崩すことがとても多い。
それは季節的に気温が不安定であるといった外的要素だけでなく、
人間の方も色々ある時期なのが、
物理的にも心的にもストレッサーになってしまうようです。

今年はこれで何とか無事に一番ハードな時期を乗り越えたのかしら?!


動物で癒されたいなんて思っている人には、
そのストレスを動物が実際に肩代わりすることの現実を理解して欲しいと思う私です。

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

祝 ブログ開設10年記念 [ヒーリング]

IMG_20180325_115312.jpg
本日2018年3月26日 本ブログは開設10年を迎えました。
ここまで続けてこられましたのも、読んでくださっている皆様、
nice!をくださいますソネブロ仲間の皆様がいてくださるおかげです。
心より感謝申し上げます。

私は今年の八月でオーラソーマ プラクティショナー登録が19年になります。
こちらも又、ながく続けてこられたものと感心しておりましたが、
その傍らでブログが10年続くとは考えてもいませんでした。
その10年間でもっともACCESSをいただいたのは2018年3月25日現在、

ツインフレーム 愛の逃走と追走   http://emerald-heart.blog.so-net.ne.jp/2014-12-30

で、63,101 ACCESSいただいております。


次に多いのが何度か再掲載しているので数字が分散されてしまっていますが、

好転反応   http://emerald-heart.blog.so-net.ne.jp/2008-04-08

こちらはもっとも古い掲載ので8,501 ACCESSです。
再掲載しているのも五千くらいACCESSいただいているので
これが二番目に多くACCESSいただいているようです。


天然石と人造石 ストロベリークォーツとチェリークォーツ
        http://emerald-heart.blog.so-net.ne.jp/2009-02-28-1

この記事は9,078 ACCESS

満月の浄化・新月の浄化   http://blog.so-net.ne.jp/emerald-heart/2009-07-14

5,873 ACCESS

と、過去記事はこんな感じですね。


こうしてみれば「ツインフレーム 愛の逃走と追走」は、
ダントツのACCESSをいただいているのがよくわかります。

以前は私と私のツインフレームがどうなるかというのも
読者の関心事のひとつでしたが、
「古い魂」の持ち主の私は、結婚や子育てが人生の目的になってないので、
さらに付け加えると金儲けも目的にならないという
一般的な成功人生とはかけ離れた人生で充実している人なので、
今後の人生もどうなっていくのか予想も出来ません。

手相では、絶対結婚すると言われ、
占星術では晩婚の星に生まれていると言われる私。
つまりは、普通の女性の成功人生とは違うのが私の運命のよう。
私的にはそれでかまわないからこうして生きてきたわけですしね。

きっとこれからも好きなように心の向くままに生きていくのだけは、はっきりしています。


この十年への感謝とともに、
皆様にもたくさんの愛と光が降り注ぎ続けますよう、
お祈りいたしております。
  
タグ:ブログ開設
nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:健康

メンタル体 [ヒーリング]

IMG_20180321_155113.jpg
今日の東京はお彼岸の中日というのに雪が降る寒さで、
開き始めた桜の花も驚いているのではないでしょうか。

先日いらしたクライアントがメンタル体というものの概念がどうもわかりにくいことで、
気づいたのですが最近は「メンタルを強くする」なんて言葉が使われていますよね?
これのせいで混乱が生じているのだとわかりました。

当てはまる言葉がないのを日本語にする時に、
カタカナ英語がそのまま使われることはよくあります。
そう「メンタルを強くする」というこの言葉を一言で日本語にすることは出来ません。
それは、この言葉は意思を強く持つことや、
感情の抑制の両方の意味で使われているからです。

けれど、オーラの層を表す言葉としてのメンタル体
これは精神体ときれいに日本語にすることができます。
オーラの一部であるメンタル体はあくまでも精神的な働きのみと関与しているからです。
この意味では、最近使われる「メンタル」というのは、
日本人特有の感情と精神の区別のつかないままに使われている言葉と言えます。

日本人は世界的に観ても精神レベルの働きの強い民族なのです。
大災害が起きても殆ど略奪などが現場で起きることもなく、
他者のことを思いやりあうことができる姿に、
東日本大震災以後、世界から驚きとともに賞賛を受けています。
こうした在り方は、道徳的であり、絶対に感情的とは誰も言わないでしょう。
つまり、他者を思いやるという行為は、感情的な行為ではなく、
精神的な行為なのです。
ここには思考も繋がっています。
けれども感情と思考は直結はしていません。

思い出してみてください。
笑ってはいけないと思える場で、笑いがこみ上げてきて仕舞うというような
ことが、あるのではないでしょうか。
例えば仕事の会議の場で、お葬式の席で・・・。
あなたがここで笑ってはいけないと考えていても、
感情はその考えには従いません。
感情は感情体の働きで起きているからです。

なのに多くの人はメンタルを強くすることで
感情をコントロールできると誤解しているのです。
現実に、その場で必死に笑いを我慢したとしても、
それは、意思の力だけで笑うのを我慢していたわけではないのです。
感情は瞬間に反応します。
おかしな事を思い出したり、気がついたりしたら笑いがこみ上げてくるかもしれませんが、
ここで笑ってはいけないという方へ意識が向いたら、
そこには笑う要素がないから笑いが止まるのです。

精神力だけで感情がコントロールできるというのは、
実は大きな誤解なのです。


nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

健常と障害の狭間のジレンマ [人生のチャレンジ]

CIMG2076.JPG
2018年3月14日 天才と呼ばれる人がひとり、この世を去った。
理論物理学者のホーキング博士です。
私は一度も生でそのお姿を拝見することはなかったのですが、
映像では車椅子に乗って話している画像を何度も見かけました。
博士は22歳の時にALSという神経疾患に罹患したそうで、
それまでは普通に健常者として人生を歩み、学生していたわけです。
これがなかったら、天才的な頭脳を育てることが出来なかったかもしれない。
そういう問題がここにはあると「みわよしこ」さんは書いている。
https://news.yahoo.co.jp/byline/miwayoshiko/20180314-00082737/

このコラムを読んで、頷ける部分がいくつかある。
私は先天性の障害を持って生まれてきましたが、
生まれてきた当時は、医学的な認知度もこの障害になく、
障害として認める制度が整ったのとほぼ同時に小学校への入学という
タイミングを迎えたので、運動能力に障害があっても学習能力には障害がないため、
障害者手帳の受け取りを拒否(これは障害者として扱われることの拒否)して、
修学旅行の類は参加できなかったが、普通に公立学校へ通い、高校までを卒業した。
通院も国立小児病院の医師による誤診によって診療が小学五年で終了されました。
この当時は二分脊椎症は、遺伝子異常であるとはわかっていなかったから。
本来治るはずのないものを治った扱いされて大人になったのが私なのです。

こんな私が障害者手帳の交付を受けたのは、
二十代の終わりに腰痛に倒れ数年寝たきりになってしまった時、
あまりに回復が遅い私に父が仮病を疑うので、医師に相談して交付してもらったのです。
その後、生活保護を受けるにあたり、行政からの要請で精密検査を受けに行き、
奇跡的な縁で二分脊椎症の専門医と出会うことが出来たことにより、
私の障害認定は両下肢肢体不自由6級に内部障害3級が加わることになったのです。


つまり私は先天性の障害者として生まれたにも拘わらず、
健常者のように生きてきた人だったのです。
おかげで、専門職である現在の仕事に就けているのかもしれない。
けれども、外泊が難しいというのは、子供の頃から現在も抱えている課題で、
オーラソーマをここまで学び続けてこられたのも一重に都民だからと思う。
受講会場へ自宅から通えるから学び続けてこられたのです。
そのオーラソーマもティーチャーになろうとするならイギリスの本校へ
一週間泊まり込む必要があるのでこれ以上のキャリアアップには、
高く険しい壁がある。
就寝時は、おむつを使用するとか、
トイレは絶対洋式だから大丈夫としても、
必要な医療器具の持ち込みとか持ち込みが難しいものの
イギリスでの購入とかが片言以下の英語では、無理。

こういう時には肉体の障害はやはり障害以外の何者でもないのです。

ホーキング博士も自身のもつハンデとそれを取り巻く現状の色々の間で悩んでいたのなら、
私が悩むのもおかしくはない。
むしろ当たり前!?
ハンデがあるのに、
キャリアの前にはハンデがない人と同じ競走をしなければならないのだから・・・。

けれども、出来る仕事を持っている私は障害者としては幸せ者のようです。
ほんとうにどこに視点や基準を置くかで世の中は見えてくるものが違うのです。


博士のご冥福をお祈りいたします。




nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

チャクラに働くヒーリングアクセサリー [クリスタルヒーリングⅠ]

1517276093997.jpg
年末、アクセサリーの制作依頼が続き、制作したものの1つが
今回の写真です。
「イヤリングを」というリクエスト以外は特になかったので、
このクライアントさんのニーズを考えながら必要な石を選び作りました。
色的に一目でわかる第2~3チャクラに働く石で作りました。

チャクラに働く石は、
オーラソーマ的なカラーを優先に選ぶ場合もあれば、
波動を優先に結晶系で選ぶことも出来ます。
この写真の場合は、「イヤリング」が前提なので、
クリスタルヒーリングの最善である肌に石が触れるを実現するのは無茶なので、
オーラに働きかけるを意図してカラー的な方を優先しました。

また、理想をいうならつける場所も考慮するほうがよりよいのです。
ハートを開くことを意図したものを身につけるなら、
ペンダントがハートチャクラに最も近いのですから理想です。
けれど、セカンドやベースチャクラへの働きかけを目的とするなら、
ペンダントでは位置的に遠いので、
ブレスレットやアンクレットのほうがいいでしょう。

指輪で身につける時は、効果的な指というのもあるのです。


このように最善の効果を引き出すためには、いろいろと考える必要もありますが、
こうしたことを越えて働くこともあるのが、クリスタルヒーリングでもあります。

私達は気に入ったものはよく手に取るし、眺めたりします。
こうしたことを頻繁に行うことで、その石とのワークが進むからです。

お手持ちのクリスタル達を可愛がってあげてくださいませ。
そうすることで石の精霊は、あなたをもっと助けたいと頑張ってくれるでしょう。
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

色を越えて-アップデート参加 [オーラソーマ]

CIMG2083.JPG
金曜から日曜までオーラソーマのアップデートコースに参加してきました。
昨年十一月に発表された、オーラソーマ始まって以来の大改革、
その詳細を伝えるコースです。
それとともに、オープンしたオーラソーマのポータルサイトについての説明がされました。

昨年の段階で、レベル4が、論文提出がなくなることは、
知り合いのティーチャーさん達から聞いておりましたが、
そうなると私のように現在レベル4という場合はどのような扱いになるのかと、
疑問に思っていたことが参加して解消されました。

システムのなかでの変更は、論文提出がなくなるだけでなく、
コース日程がそれぞれ四日と短くなること、
アドバンス・・・レベル3まで終了しないと開業登録できないことになりました。
これまではレベル2を終了した時点で開業登録できたので、
そのままプロとして活躍していた方もいると思いますが、
この方達は3を習得しないと遠からず開業登録が続けられなくなります。

また、私と同じようにレベル4の皆様、
3に降格するということではなく、みんなが一律にプラクティショナーになるという
ことのようです。
私は現在開業登録期間中ですので、オープンされたサイトを覗くと、
すでに私の名前は登録されていました。
つまり、世界的な規模で私はオーラソーマのプラクティショナーであると、
検索できるようになっているわけです。
そこに私のレベルの表記はありません。
個人的な記録のページには論文合格していることも記載されていました。

サイトはまだつくりこんでいく部分もあるでしょうし、
全ページが今はまだ日本語にはなりませんが、
世界で一番プラクティショナーが多くいるのは日本なので、
毎年日本ツアーがあるようにマイクはそのことは大切にしているとのことで、
準備が整い次第全ページ日本語表示は可能になるでしょう。


大事なインフォメーションとして、伝えられたことがあります。
それはこれまでと違い、
登録更新のためにはこのアップデートコースに必ず参加すること
必須要項になっています。
ティーチャーでもプラクティショナーでも、
すでにリニュアールコースに参加しているこれまでなら条件を満たしている方であっても、
開業登録を続けるためにはアップデートコースへの参加が必須になるということです。

オーラソーマを続ける気があるならいらっしゃいという言葉が
昨年のアップデートコースのお知らせには添えられていましたが、
単なる脅しではなく本気の言葉だったようです。


写真、19年ぶりの環先生と私です。
私が最初に受けたレベル2は、環先生が初めてレベル2を教えたコースでした。
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

魔法使いが前世・・・!? [オーラソーマ]

IMG_20180225_175251.jpg
最近のマンガの世界ではファンタジーは、ジャンルとして確立されていて嬉しいです。
そのなかでも王道のファンタジーは、読んでいてわくわくします。

私本人が職業「魔法使い」ですから、
「魔法使い」ならなんでもできるというわけではないことと、
日々真剣に向き合っているわけなのです。

私が自分を職業「魔法使い」と言っているのは、
オーラソーマは白魔術に属するものであるから。
クリスタルヒーリングも、フラワーエッセンスも分類としては同じです。
オーラソーマを学び初めてすぐの頃、学びの仲間からは、やたらに
「あなたウイッチでしょう!?」と、言われることが多く、
戸惑いました。
(ウイッチとは下級魔法使いのことを指す言葉で、女性の場合限定はウイッカといいます。)
私は自分に色々な力があることは否定しないけれども、
ウイッチという言葉が使われる時代と場所の前世には心当たりがありませんでした。
どうも私のガイドもしくは主護霊がトルバドール(吟遊詩人)の占い師だったようです。
本物のウイッカですね。
私本人はこの国でばかり転生を繰り返していましたし、
この国では白黒をわける術の使い方もしない、
魔法使いというより呪術師と神官、天文博士等を兼ねているのが陰陽師で、
陰陽道が確立される前には、関わっていますが、
それ以降では女性には出来ることにも限界がありますから、あんまり深くは極めていません。


さて、上記のような会話が飛び交うのも、オーラソーマでは「生まれ変わりはある」が
前提であり、選んだボトルによってはその前世の時代や場所を特定できるからなのです。
ですから皆、こんなこといって変に思われるかもといった不安なく、
前世のことについても普通に、けれども真剣に話題になるのです。


選んだボトルで前世がわかりやすいのは、
ボトルの名前そのものでこれが特定されているボトル達です。
吟遊詩人ⅠとⅡや、エジプシャンⅠとⅡ、エッセネボトルⅠとⅡ等がそうで、
エジプシャンなら世界史に詳しくない人でもどこの時代かおおよそわかるでしょう。

これらのほかにも、たくさんの場所と時代を特定できるのです。


私自身はサイキックですから、
選ばれたボトルとは関係なく相手の前世を読むこともあります。
けれどそれは、ヒーリングに必要な場合のみです。
仕事していない時の私は、まったくもって普通の人です。
無意識に普段は読まないようにガードが働いているようです。

もっとも、石と会話しているようでは普通の人とは言えないかもしれませんが。





nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

チャクラの前と後 [アセンション]

CIMG2037.JPG
写真、経堂にある「つるばみ舎」さんのホットケーキです。
ここのホットケーキは香ばしい味がします。
人気のお店なので確実に入りたかったら予約が必要です。
そうしないで普通に順番待ちしてしまうと、
前回の写真の「ホットケーキのタマゴサンド」や「フルーツサンド」などの
数量限定食は売り切れてしまって食べられないことが多いです。
CIMG2038.JPG


さて、アートマ体のヒーリングの後少々手こずっていたブッディ体のヒーリングですが、
これにより興味深い現象がサトルボディには現れています。
アートマ体のヒーリングが済んだ後は、
身体の前側の各チャクラは、とても安定し、
あまり数値が下がることが無くなりました。
反対に背中側のチャクラは癒しても癒しても風前の灯火になってしまう。
毎日背中側の痛みと、痛みによる肉体の緊張が続いております。
そんなに酷い痛みではないのに、筋肉のこわばりが抜けない。
これものすごーく疲れます。
おかげで、ヒーリングが終わった瞬間寝落ちしていること度々。
背中側って自分では絶対もみほぐすことが出来ない場所ですから。
ヒーリングによって緩んだ瞬間に落ちてしまうようです。
この落ち方はビーマーライトペンでの施術を受ける時の感じと似てもいるので、
ブッディ体へのヒーリングというのは、
意識を保ったままでは情報処理できないほどのエネルギーが流れ込んでいるのでしょう。

しんどいけれども、興味の種は尽きないところです。
前例のないヒーリングに挑んでいるので、
自分の状態が何よりもの情報源となっております。
nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:健康
前の20件 | -
メッセージを送る